ACESとJFEEが配筋検査AIを共同開発、国交省の革新的技術の導入PJにおいて最高評価を獲得(令和元年度)

今年度も引き続き同プロジェクトに選定 建設現場のDXを推進

画像・映像認識AIアルゴリズムの力でリアル産業のDXを目指す東大松尾研発のAIスタートアップである株式会社ACES(エーシーズ、CEO 田村 浩一郎、以下「ACES」)とJFEエンジニアリング株式会社(代表取締役社長 大下元、以下「JFEE」)は、国土交通省が令和元年度に公募した「建設現場の生産性を飛躍的に高める革新的技術の導入・活用プロジェクト(PRISM)」に採択され、共同DX事業開発の結果として最高評価である「A評価」の認定を受けました。「A評価」は導入効果や社会実装の実現性が最も高いとされるプロジェクトに与えられるもので、画像認識技術とドローン(UAV)を用いた配筋検査が高く評価されました。また、今年度も引き続き同プロジェクトに選定され、2年連続の採択となりました。

 

【令和元年度 配筋検査AIに関する開発概要】
対象:中部横断塩之沢川橋上部工事(工事場所 山梨県南巨摩郡身延町帯金地先)

開発内容:多くの⼈員を要する配筋検査における鉄筋間隔計測、鉄筋本数計測と継手長計測を、画像認識技術により⾃動化するアルゴリズムを開発しました。また、画像取得方法と撮影高さの検証、計測結果の出力、帳簿化システムの開発も合わせて行いました。

開発アプローチ:ドローンを⽤いて橋梁の真上から画像取得を⾏い、画像認識アルゴリズムを⽤いて鉄筋を認識させました。認識された鉄筋の間隔と本数を測定し、CSV出⼒を⾏うシステムを設計しました。

【開発にいたった背景と期待される効果】
土木建築事業者は従来の出来形検査
において、
  • 黒板記帳、写真撮影、メジャー設置、立会いを伴うため多くの人手と労力を要する
  • 鉄筋間隔の計測の際は、検査区間のサンプリングを行うため抽出された範囲内でのみ検査を行っており、検査品質の担保に課題が残る
  • 測定結果を手入力し出来形調書を作成しており、労力がかかる
といった課題を抱えており、DXが急務とされています。

そこでACESとJFEEは、合成床版の配筋検査のうち鉄筋間隔などの平面的な検査項目に着目し、画像認識AI技術を用いた計測システムの開発とドローンで撮影した画像から配筋検査を実施することで検査の高度化・省力化を図るべく共同開発にいたりました。

本共同開発で期待される効果としては、
  • 画像処理により一括した検査とすることで施工者の省人化が期待できる
  • 従来の人手による計測よりも高精度に検査が行える
  • 従来サンプリング区間でのみ検査していたものが、橋梁全体での検査が可能になり安全性が向上する
  • 全配筋情報の画像をエビデンスとして記録可能であり、立会検査の省力化につながる
などがあげられます。

【デジタル化によるインパクトと今後の展望】
開発した画像認識AIシステムによる橋梁工事における鉄筋の検査・測量精度は、検査要求水準である5mm誤差以下を実現しました。また、本システムを用いた場合の出来形管理の省力化効果は、従来手法と比較して最大約75%の省人化効果をもたらす可能性があると算出されています。今後は、風速条件などの環境に対する測量精度の安定性や適用範囲の拡大など、今後も引き続き精度向上を実施いたします。

 

 

 

 

ACESコメント:「長年日本の社会・経済の礎となってきた建設業が果たす社会的役割は大きく、社会インフラの現場のデジタル化に貢献できたことを光栄に思います。令和2年度のPRISMにおいてもアルゴリズムの適用範囲を拡張し、さらなる建設現場の生産性向上、安全性担保につながる建設のDXを目指します。」

JFEEコメント:「AIは建設業のDX実現に欠かせないツールとなりつつあります。ACESさんと引き続き協力して、鋼橋のみならずコンクリート構造物全般に適用できるAI技術の開発を進め、建設業全体の生産性向上に貢献できればと考えています。」

 

■株式会社ACESについて
株式会社ACESは、AIアルゴリズムの力でリアル産業のデジタル化を目指す、東大松尾研発のAI/DXスタートアップです。最先端の画像・映像認識技術を用いたHuman Sensing技術で人の活動をデジタル化・最適化し、クライアント様のDXを推進しております。
代表者:CEO 田村 浩一郎
所在地:東京都文京区本郷4-37-17 本郷トーセイビル6階
設立:2017年
URL:https://acesinc.co.jp/

 

画像・映像認識アルゴリズム「SHARON」:
ACESが提供するリアル産業のDXに特化した画像・映像認識AIクラウドソリューションです。「AIに関する専門知識は不要」「導入前の検証が可能」「学習データなしで導入可能」といった利点があり、提供例としては、スポーツにおけるパフォーマンス分析やマーケティングにおけるヒトの心の動きの可視化、ストレスなどの可視化による健康状態の管理などがあります
URL:https://sharon.jp/

■JFEエンジニアリング株式会社について
JFEエンジニアリング株式会社は、JFEグループの総合エンジニアリング会社で、
エネルギー・環境分野や社会インフラ分野などにおいて、人々の生活と産業を支えるエンジニアリング事業を展開しています。
JFEエンジニアリンググループは、くらしの礎(もと)を「創り」、それを継続的に「担う」企業として、これからも絶えず社会に最適解を提供してまいります。
代表取締役社長:大下 元
所在地:東京都千代田区丸の内1丁目8番地1
設立:2003年
URL:https://www.jfe-eng.co.jp/

■リリースに関する問い合わせ先
株式会社ACES
 久野 Email:info@acesinc.co.jp
JFEエンジニアリング株式会社
 総務部広報室 https://www.jfe-eng.co.jp/form/toiawase.html
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ACES >
  3. ACESとJFEEが配筋検査AIを共同開発、国交省の革新的技術の導入PJにおいて最高評価を獲得(令和元年度)