人との出会いを促進するSNS『bajji(バッジ)』β版、口コミを中心に広がりbajji販売枚数が1,000枚突破

ブロックチェーン技術を活用し、信頼関係を「実際に会った回数」と「bajjiの贈り合い」で可視化するサービス

人との出会いを促進するSNS『bajji(バッジ)』は、bajji販売枚数が2019年12月17日に1,000枚を突破したことをお知らせします。2019年6月にβ版ローンチ、8月にbajjiストアオープン以来、4ヶ月での達成となります。

株式会社bajji(バッジ)が提供するSNS『bajji(バッジ))(https://bajji.life/)』は、信頼関係を可視化することで、「未来を変える人との出会い」の促進を目指すサービスです。毎日、bajjiを通じた人との出会いと、bajjiの贈り合いが発生しています。
※信頼・期待・期待の気持ちが表現された丸いアイコン(=bajji)を他ユーザーに贈ることを、「bajjiを贈る」といいます。

2019年6月24日にβ版ローンチ、8月にbajjiストアオープン以降、口コミを中心に広まり続け、大阪や東京(渋谷、池袋)、海外では香港やシンガポールを中心にbajjiを通じたコミュニケーションが発生し、累計で出会いを創出した数は3,566回、bajjiが贈られた数は2,010回となり、これまでになかった出会いを創出することができました。(2019年12月17日時点)

また、唯一の有料機能である「bajjiストア」では、bajji販売枚数が1,000枚を突破しました。


▲販売枚数の結果を見ると、誰かが偉大な仕事をやり遂げたときや、一緒にプロジェクトをやり遂げたとき、飲み会を楽しんだ翌朝に贈られている事例が多く、労いのコーヒーを1杯おごる代わりにbajjiを贈るという文化が生まれています。
贈られたbajjiは54種類、価格帯は100円から10,000円のものまで、幅広く活用されています。

さらに今後は、bajjiとともにメッセージを贈ることができる機能、ユーザーがオリジナルのbajjiを制作できる「クリエイターズbajji」機能を準備しており、bajjiを通じたユーザー同士のコミュニケーションがますます活発になる予定です。


■お問い合わせ先
会社名:株式会社bajji(バッジ)
所在地:東京都台東区浅草橋1丁目25-12 FAMビル2階
設立:2019年4月
事業内容:
・ブロックチェーンを活用したSNS『bajji』の企画、開発、運用及び提供(https://bajji.life/
・コワーキングスペース『BUTAI』の運営(https://butai.space/
代表者:小林 慎和
コーポレートサイト https://corp.bajji.life/
お問い合わせ info@bajji.life

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社bajji >
  3. 人との出会いを促進するSNS『bajji(バッジ)』β版、口コミを中心に広がりbajji販売枚数が1,000枚突破