―「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2019」の認定企業として採択―

 ドローンを利用したインフラ点検ソリューションを提供する株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク(本社:東京都中央区、代表取締役社長 柴田 巧)は、内閣府によるイノベーション創出・社会実装(事業化)を目的とした公募事業「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2019」の認定企業として採択されました。

「空撮技術等を活用した進入困難箇所の被災状況の効率的な調査・評価」をテーマとして、
ドローンを使った更なるインフラ点検の効率化をめざします。
■内閣府オープンイノベーションチャレンジ2019とは
内閣府オープンイノベーションチャレンジとは、スピード感あるイノベーションを起こすために、国の機関が有する具体的ニーズに対応した中小・ベンチャー企業の新たな技術や着想を積極的に発掘し、社会実装(事業化)していくことを目的とした内閣府における中小・ベンチャー企業を対象とした公募事業のことです。
https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/20191121openinnovation.html

■内閣府オープンイノベーションチャレンジ2019認定企業
https://open-innovation-challenge.go.jp/finding/

■連携先
株式会社NTTドコモ
芝本産業株式会社
コンピュータ・システム株式会社
日本大学 危機管理学部
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク >
  3. ―「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2019」の認定企業として採択―