フクスケ、副業起因による法人の賠償リスクをカバーする「副業・兼業保険パック」の案内開始

過労による使用者責任、情報漏えい、役員賠償責任、労務災害による社員の治療費を補償する保険

クラウド型副業制度構築サービス「フクスケ」を提供する株式会社フクスケ(東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大介)は、三井住友海上火災保険株式会社(東京都千代田区、取締役社長:原 典之)と連携し、副業での情報漏洩に対応した付帯保険(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000046418.html)の提供を行っています。
2020年10月30日、現在提供している付帯保険では補償されていない、副業・兼業による法人リスクをカバーする「フクスケ副業・兼業保険パック」( https://fkske.com/sonpo )のご案内を開始しました。
 


2018年に施行された政府の働き方改革関連法による副業・兼業者の増加と共に企業の副業解禁が拡大しています。そんな中、企業側の不安は従業員の副業・兼業に起因する想定外の不慮の事故です。

情報セキュリティー事故の他、副業による過剰労働に起因する社員の安全性の確保など、副業解禁に
より、経営者はあらたなリスクを負うことになります。

こうしたリスクに起因する事故は本業先のみでは対処が難しく、発生後の処理には他事件、事故と同
じく莫大な労力がかかります。

フクスケではそんな副業にまつわるニューリスクを、付帯保険のご提供でカバーするとともに、それ
以外のリスクも幅広く補償する保険商品を三井住友海上火災保険株式会社と連携しご案内いたします。

4種類の副業・兼業によるリスクをサポート
  • 副業経由での情報漏えい事故
    • 従業員が副業先で自社の顧客情報、営業秘密が入ったデータを誤って共有し、情報漏えいが発生した。※付帯保険での補償範囲となります。「付帯保険」でサポート(お客様ご自身でのご契約手続きはございません)
  • 従業員の副業起因の事件、事故で役員に損害賠償責任が発生
    • 従業員の副業起因の事件、事故で役員に損害賠償責任が発生会社が許可、黙認した従業員の副業から、著しく会社のレピュテーションを下げる不正な事件、事故に発展し、役員が管理責任を問われた。「フクスケ副業・兼業保険パック」でサポート(お客様ご自身でご契約いただきます)
  • 本業・副業による過重労働の事故
    • 従業員の過重労働が原因で、企業が使用者としての賠償責任を問われた。
  • 副業先での労務事故、感染
    •  従業員が副業先で新型コロナウイルスに感染し、入院した。
フクスケではクラウド型副業制度構築サービス「フクスケβ版」を筆頭に、副業・兼業が一般化していない時代に発生しなかった、新たな労使間での事故を補償し、企業と従業員が安心安全にダブルワークを認める合える日常を作るため、様々なサービスを提供してゆきます。

【株式会社フクスケ】 https://fkske.com/
企業と従業員が安心安全にダブルワークを認め合える日常を作る、DXカンパニーです。
所在地:〒101-0032東京都千代田区岩本町2−1−9 アクサスジーベック秋葉原1401
代表者:代表取締役 小林大介
設立日:2019年7月1日
『Open Network Lab』第20期採択
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フクスケ >
  3. フクスケ、副業起因による法人の賠償リスクをカバーする「副業・兼業保険パック」の案内開始