解体前の新たな不動産利活用!?BAKERUが仕掛けた日本最大規模のリーガル・グラフィティのアートプロジェクト「#391045428 ( #サンキュートーヨコシブヤ )」がメイキング動画を公開

公共空間のランドマーク解体をアートで見送る、不動産解体とアーティストが生む新しい可能性


 場を仕掛けるクリエイティブカンパニー株式会社BAKERU(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林肇)は、86年の歴史に幕を閉じる東急東横店・JR玉川改札への感謝を込めて開催中の日本最大規模のリーガル・グラフィティを実現したアートプロジェクト「#391045428 (#サンキュートーヨコシブヤ)」のメイキング動画を公開しました。

 当社では、今回のようなアートプロジェクトを、街を象徴するランドマークの解体前夜にアートで演出すると共に、不動産解体と若手アーティストの連携で新しい可能性を生み出す解体前の不動産利活用の一つとして考えており、今後も提案・推進していきます。

・「#391045428 (#サンキュートーヨコシブヤ)」メイキング動画(ロングバージョン)
https://bakeru.co.jp/391045428/


・メイキング動画の監督・山本英からのメッセージ

井の頭線とJRをつなぐ玉川改札・東急東横店は、渋谷の中でも特に色々な人がすれ違う場所。それを86年間続けてきたこの場にも、1階と2階と階段と、本当に多彩な表情があります。そこで色々な魅力をもつペインターがそれぞれのやり方で絵を描いていく。編集にあたっては、その“多様さ”と一夜のストーリーを、バランスよくミックスしたいと考えました。すると、現場の熱気におされて本能的に撮ったカットも多かったけれど、そうしたカットが不思議とはまっていきました。あえて言えば、そんなロマンスを映像に感じていただけたら幸いです。

・アートプロジェクト「#391045428 (#サンキュートーヨコシブヤ)」の概要
本プロジェクトには渋谷に熱い想いを抱く若手のアーティスト有志たちが参加し、東急東横店・JR玉川改札へ「最後のさよならアートメッセージ」を日本最大規模のリーガル・グラフィティとして自由に描きました。86年の歴史を持つ公共空間を利用した本取り組みは、この場所への感謝や愛など、前向きなメッセージを伝える企画です。ペインティングやグラフィティを含むアート作品は見る人によって受け取り方が異なりますが、それぞれの絵描きが渋谷への愛着を表現した試みとして、この場限りのアートを楽しむための意向を汲んだプロジェクトとなりました。プロジェクトタイトル #391045428 (#サンキュートーヨコシブヤ)には、ポケベルになぞらえたキーワードを利用しています。

1F〜2Fの階段は“街”や“生命"をテーマにした「時代を見てきた建物に住むオバケたちの絵」として美術家の青山健一さんに担当いただき、2Fは主にシブヤ近郊で活動するグラフィティ・アーティストらに担当いただきました。このほかにも、「普段からこの場を使い、渋谷に思いのある方を巻き込みたい」との企画趣旨を踏まえ、渋谷にゆかりのある一般の方たちも巻き込み、感謝と思い出を描いています。

・街が必要としているストーリーとコミュニティを活かすアートプロジェクト
BAKERUは文化が街をつくり、街が文化をつくるものだと考えています。このように、元来、街とカルチャーは密接に関係しており、ランドマークとアートの結びつきは最も象徴的なものです。そこには公共のギャラリーを利用するアーティストもいれば、グラフィティ・アーティスト、路上で活動するミュージシャンなどプロ、アマチュアも含めて様々なアーティストが活動しています。そのランドマーク施設が、解体前夜に地域の若手アーティストの表現の場として活用されることで、その街のストーリーやコミュニティとの結びつきをより強くできればと考えています。

今回のアートプロジェクトは、ストリートカルチャー色が強い渋谷らしさと、86年の歴史を持つ不動産の魅力を生かすために企画しました。営業終了後に解体を待つランドマークが、地域のアーティストやこの場所に思い入れのある一般の方にも表現の場を提供することで、営業中だけでは見出せなかった不動産の潜在的な可能性を引き出し、新たな価値を創出できたらと考えています。違う街や違う建物であれば、またその「場」に合わせた様々な企画があり得るでしょう。

今後も当社は、「場の仕掛け×クリエイティブの掛け算」という強みを活かして、様々なプロジェクトを提案・推進してまいります。

美術家・青山健一氏のプロフィール

東京都出身、石川県金沢市在住。1995年、画家として活動をはじめる。ギャラリー、廃ビル、ライブハウス、劇場、屋外など様々な空間で作品を発表。絵画を軸にした表現手法は、即興パフォーマンス、イラストレーション、アニメーション、映像、舞台美術など多岐にわたる。97年よりフリージャズ・オーケストラ「渋さ知らズ」に美術、映像メンバーとして参加。そのほか、BEAMS T、geewhizなどアパレルへのイラスト提供、書籍装画、絵本、オリジナルアニメーションや近藤良平やスズキ拓朗らパフォーマーの舞台美術、映像など様々な活動を展開している。
Webサイト| https://aoken.info 

映像監督・山本英(あきら)プロフィール
1991年、広島生まれ。東京造形大学で映画を学ぶ。大学卒業後、映像制作会社で働く傍ら広島に住む祖父を撮影した『回転(サイクリング)』がぴあフィルムフェスティバルに入選し、香港で上映される。その後、東京藝術大学大学院映像研究科監督領域に進学し、映画監督の諏訪敦彦、黒沢清に師事する。ポレポレ東中野でも上映された修了制作『小さな声で囁いて』は、マルセイユ国際映画祭に正式出品された。
https://akira-yamamoto.com/


株式会社BAKERUとは

エディトリアルとデザインの可能性を広げるため、2006年に設立されたクリエイティブカンパニー「東京ピストル」を中核としたクリテイティブのプロ集団と場づくりのプロ集団が2020年に合流し、新たに再スタートを切った「場を仕掛けるクリエイティブカンパニー」。

“オリジナリティあふれる場づくり+クリエイティブの掛け算"により、単なる制作会社ではなく、コミュニティー形成やブランディング、PRまでも含めた総合エンターテイメント創出企業としての成長を目指しています。

社名:株式会社BAKERU
代表:代表取締役CEO 小林 肇
役員:取締役CCO 草彅 洋平/社外取締役 佐藤 誠吾
設立:2006年(東京ピストルは2020年1月にBAKERUに社名変更いたしました)
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷1-20-9 co-factory渋谷 402 
電話番号: 03-6427-7145
WEB サイト :https://bakeru.co.jp/
問い合わせ先:info@bakeru.co.jp
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BAKERU >
  3. 解体前の新たな不動産利活用!?BAKERUが仕掛けた日本最大規模のリーガル・グラフィティのアートプロジェクト「#391045428 ( #サンキュートーヨコシブヤ )」がメイキング動画を公開