オンラインキャリアトレーニングサービス運営のポジウィルがシリーズAラウンドとして約1.5億円の資金調達を実施。事業拡大・採用強化を加速

サービスを「POSIWILL CAREER」にリニューアル&リブランディング

オンラインキャリアトレーニングサービス「POSIWILL CAREER(旧:ゲキサポ!キャリア)」を運営するポジウィル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金井 芽衣)は、事業拡大・採用強化を目的とした約1.5億円の資金調達を実施いたしました。引受先は独立系ベンチャーキャピタルのSTRIVEです。

今後は、事業拡大・採用強化をさらに加速し「キャリアのパーソナル・トレーニング」の拡大を目指していきます。

​■POSIWILL CAREERhttps://www.gekisapo.com/

「POSIWILL CAREER」は、短期集中型のキャリアトレーニングサービスです。
75日のプログラム(※)では、10回のオンライン面談・チャットサポートを行います。主な利用者は「転職を含め、漠然とキャリアに悩んでいる方」。やりたいことが分からない、自分の良さが分からない、自分のキャリア形成の仕方が分からない等、転職するかどうか以前の課題を解決し、利用者の方のキャリア目標のゴールに向けて伴走します。オンライン完結のサービスであるため、首都圏のみならず地方在住の方々にもご利用いただいています。

※キャリア実現プラン

 


◆ 「キャリアのパーソナル・トレーニング」の拡大を目指す
「どう生きたいか?でキャリアをきめる。」をブランドスローガンに掲げる「POSIWILL CAREER」。
海外では、ビジネスライフコーチングの市場は1.2兆円以上の市場規模がある(※1)と言われている一方、日本では個人向けのライフコーチングサービスは開拓されていません。
そんな中、個に焦点をあて、「転職しようとしている人」ではなく「転職すべきかどうか含めキャリアを考えている」すべての方のパートナーとして、「キャリアのパーソナル・トレーニング」の拡大を目指していきます。

※1 Business Coaching in the US: Market Research Report
※2 消費者庁 若者の消費行動
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/white_paper/2017/white_paper_summary_07.html


◆ 資金調達概要
今回の資金調達引受先は以下のとおりです。
STRIVE

 


◆引受先コメント
STRIVE 代表パートナー 堤 達生
先行き不透明な時代、人生の重要な局面において、意思決定をする際に、より納得感のある意思決定をしたいと思うのは、多くの人々に共通する想いだと思っております。ポジウィルは、日本におけるライフコーチングのパイオニアとして、より良い意思決定が出来るようにコーチングを通じて、サポートしていきながら、現代社会に生きる人々の不可欠なサービスとなっていくことを期待しています。


<企業情報>
社名:ポジウィル株式会社
URL:https://www.posiwill.co.jp/
代表取締役:金井芽衣
所在地:東京都港区北青山3-3-5 東京建物青山ビル8F
*2020年10月12日にオフィスを移転します
設立:2017年8月21日
事業内容:キャリア支援・コーチング事業

<メディア掲載・取材・サービスに関するお問い合わせ>
広報担当:檜山(ひやま)
Mail:kana_hiyama@posiwill.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポジウィル株式会社 >
  3. オンラインキャリアトレーニングサービス運営のポジウィルがシリーズAラウンドとして約1.5億円の資金調達を実施。事業拡大・採用強化を加速