日本初「ブロックチェーン有資格証」が提供開始へ!改ざんできない証明技術であらゆる資格をデジタル化。個人の実績をブロックチェーンで担保する取り組みがスタート

デジタルクレデンシャル専業スタートアップ、LasTrust株式会社( https://lastrust.io/ )は、ブロックチェーン証明SaaS「CloudCerts®(特許出願済み)」を活用し、従来の有資格証明証をデジタル化できる「ブロックチェーン有資格証」の提供を開始しました。現在、協業先の資格提供団体を募集しております。
  • CloudCerts®とは
「CloudCerts®」は既存の紙やカードの有資格証、ライセンスをデジタル化できるサービスです。
資格発行団体に唯一無二のデジタルIDを提供し、そのIDに紐付いたブロックチェーン証明書を発行することによって、従来のカード形式の資格証から、「公式にお墨付きのあるデジタル資格証」にアップデートが可能です。

 

さらに、ただデジタル化するだけでなく、CloudCertsには下記のデジタル特有の機能があり、資格獲得へのモチベーションを向上させるDX(デジタルトランスフォーメーション)として導入が可能です。

  1. 偽造または期限切れを検知できる検証機能
  2. 発行した無数の資格証をウェブで一括管理できるコンソール(発行済資格証の停止、期限の設定、再発行)
  3. スマホでも管理可。複数の資格証を一つのウォレットに集約し、資格受験者のモチベーション向上にも寄与
  4. SNSへのシェア、メール送付機能
  5. ブロックチェーンを利用することにより、サービス停止時も資格証の表示、使用が可能
  6. オープンな規格のため、他プラットフォームとの接続も容易
 

■ブロックチェーン有資格証明のサンプルはこちら
https://cloudcerts.io/viewer/issuer/c5021f0c-1a98-4d3f-bf08-09b2799c5e00/cert/52e0f87b-e27e-407b-86af-80cf56aaeee0
 
  • フィジカルな有資格証の課題点
現在、個人の実績やスキルを立証する有資格証明は「紙」や「カード」といったフィジカルな形態のため、発行者側の管理費用、紛失・再発行の対応、郵送など甚大なコストがかかっています。
さらに、コストをかけた割に、紙の証明書は常に偽造リスクを抱えており、トラブル被害や訴訟に発展するケースも少なくありません。

■各種証明書の偽造による被害総額とブロックチェーン技術による対策について
https://lastrust.io/2020/04/30/the-damage-to-counterfeit-certificate-and-blockchain-technology-provision/
 
  • 個人の実績を可視化するブロックチェーン証明技術
個人のスキルが(ブロックチェーンで内容が担保された形式で)オンラインに繋がれば、ホームページ掲載、SNSのプロフィール欄掲載、取引先へメール添付・提示など、用途が広がり資格自体のユーザビリティが向上し、ひいては資格自体の価値の底上げに繋がると当社は考えています。
 
  • コロナ禍における人事評価バッジとしても利用可
新型コロナウィルスの影響により、リモートワークが推奨されるなか、人事評価や社内コミュニケーションの手段もオンライン化が余儀なくされています。
CloudCertsは個人の実績・スキルをブロックチェーン技術に裏打ちされたデータとして記録・管理できるため、有資格証だけでなく、社内の評価バッジとしてもお使いいただけます。
ご興味のあるご担当者様はお気軽にご相談ください。

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LasTrust株式会社 >
  3. 日本初「ブロックチェーン有資格証」が提供開始へ!改ざんできない証明技術であらゆる資格をデジタル化。個人の実績をブロックチェーンで担保する取り組みがスタート