水中構造物点検や検査への活用に向け、FIFISH PRO W6 工業用水中自航型ロボットカメラの取り扱いを開始致します。

最大潜水深度350m、強力なパワーで海洋調査による水中作業を今まで以上に軽減させることができます。

FIFISHPRO W6 は、様々な産業固有のアプリケーション向けにカスタマイズできるROVプラットフォーム『Q-BOX』を採用。複雑な水環境による位置ずれを防ぐためのステーションロックが搭載され、非常に安定した操作が実現可能。

 

株式会社ジュンテクノサービスは、中国深圳にて無人潜水機(UUV、水中ドローン及びROV)を製造設計と研究開発するQYSEA Technology Co.,Ltd より工業用途で使用が可能な新製品 「 FIFISH PRO W6 」(以下、W6)の取り扱いを開始致しましたことを発表させて頂きます。


 日本国内にてすでに予約販売の開始しているFIFISH PRO W6。パワフルで小型水中ドローンに比べて流れに強く、ほかメーカーに劣らない多くのオプションツールに対応する拡張性を持ち合わせ、産業用途に対応。弊社も運用を開始いたしました。今回はその中の5つの特徴についてご案内致します。
 
  • FIFISH PRO W6 基本仕様(オプションなし、基本搭載について)

 

 

・機体本体
・本体用充電器
・コントローラー
・コントローラー用充電器
・取付式ロボットアーム
・305mテザーケーブル及びリール
・3m通信ケーブル
・専用ハードケース
・デュアル4Kカメラ
・交換可能バッテリー
・レーザースケーラー
・5拡張性インターフェース

FIFISH PRO W6 オプション製品(未発売のものも含む)
・高度ロックソナー
・距離ロックソナー + 障害物回避機能 + ARスケーラー
・地形スキャン
・U-QPS 水中測位システム
・DVL(ドップラーソナー)
・マルチビームイメージングソナー
・給電システム
・ウォーターサンプラー 100ml / 500ml
・遠隔操作システム
・電動リール( 300mケーブル )
・Q-カメラ( 追加カメラ )
・PHセンサー
・塩分センサー
・溶存酸素センサー
・スラッジ採取機
・計測アーム(スケール付きアーム)
・その他様々なオプションが登場予定 *発売時期は未定
 
  • 簡易的な計測ツールとして利用可能、ARスケーラーとレーザースケーラー

ARスケーラーはメーカー独自の人工知能ビジョンアルゴリズムによって算出された、目標物のサイズを自動的に算出します。レーザースケーラーはレーザービームを使用し、10cmの参照点を基準として簡易的な目安計測が可能となります。同機能はFIFISH V6PLUS にも組み込まれております。
 

  • 座標と深度を表示、U-QPS水中測位システム
U-QPS水中測位システムは水中での機体本体の位置、方向、深度、距離、高度を表示するシステムです。またリアルタイムに潜航した軌跡を最大300秒まで視認することも可能です。今後はPOI(特定の場所を保存してナビゲートするシステム)の記録や、ルート設定、自動航行なども設定できるよう開発が進んでいます。慣れれば数分ほどで設定することができ、水中の位置情報を把握できることは現場では必須かと思います。安価ではありませんが、業務上必要な方はぜひご検討ください。


1,ロケーターは、音響信号を送信します。

2,アンテナ(レシーバー)はロケーターからの音響信号をピックアップします。

3,コンピューターは、アンテナ/レシーバーからの受信信号に基づいてロケーターの位置を三角測量および計算します。

4,運用エリアは、標準仕様で半径100メートル、深さ100メートルの円柱として設計されています。

 
  • 視野を広く、デュアル4Kカメラシステム
作業効率を図るべく一つのカメラで認識するだけでなく上下2つのカメラで画像データの取得が可能になりました。作業後のデータ分析は今後メーカー専用のソフトウェアを使用することで分析やデータ抽出もできる予定とのことで、静止画の有効画素数は1200万画素、ビデオ解像度は4K UHDで撮影できる他、垂直視野100°、水平視野166°とこれまでと同様に高確な視野角を保持することが決まりました。
 
  • バッテリーは取り外し可能な交換式を採用、給電システム利用で長時間作業も実現
流速の早い場所では、モーターの回転数によってバッテリー持続時間が減少傾向にありますが、メーカー初となる陸での電力供給が可能になったことによって、安全でかつ効率的な作業が進められます。

<メーカー公式動画リンク>

●公式ムービー

https://youtu.be/BJBMHMsuClo

 

●FIFISH PRO W6 基本仕様

https://youtu.be/KVKV_tZDtsQ

●FIFISH PRO W6 オプションパーツ説明

https://youtu.be/C9wx1yl9yog

 

  • 操作体験、検討会実施予定

W6検討会(共催:CFD販売株式会社)

日程:①2021年4月16日(金) お申し込み→ https://www.cfd.co.jp/rov_experience_form/
   ②2021年4月23日(金) お申し込み→ https://forms.gle/ZuDPHvA7Zh1Joic26
場所:セミナープラス南町田

 

3月中旬に試運転会を実施しました。3月中旬に試運転会を実施しました。

 
  • 機材展示予定
●CSPI-EXPO 建設・測量生産性向上展 ※水中ドローンは一部のみ展示予定
https://cspi-expo.com/
日程:2021年5月12日(水)〜5月14日(金)(10時〜17時/最終日のみ16時)
場所:幕張メッセ(Dアカデミーアライアンスブース)

●Japan Drone 2021 ジャパンドローン
https://ssl.japan-drone.com/
水中ドローンFIFISHシリーズ全般を展示いたします
日程:2021年6月14日(月)〜6月16日(水)
場所:幕張メッセ

 

●メンテナンス・レジリエンスOSAKA2021
https://www.jma.or.jp/mente/osaka/index.html
水中ドローンFIFISHシリーズ全般を展示いたします
日程:2021年7月14日(水)〜7月16日(金)
場所:インテックス大阪
 
  • 企業情報 ほか
株式会社ジュンテクノサービス ( https://www.jun-techno.com/
代表取締役 引野 潤(ひきの じゅん)
業種 建設業
本社所在地 埼玉県川越市豊田町3-4-2-5F

●一社)日本水中ドローン協会認定 水中ドローン安全潜航操縦士認定講習
受講者受付中(https://www.d-academy-saitama.com/mizudrone

●運営サイト
ドローンテクニカルファクトリー川越( https://drone-kawagoe.shop/
FIFISH日本修理サポート(https://www.fifish.jp/support
Dアカデミー関東埼玉校(https://www.d-academy-saitama.com/

●掲載実績(WEB・冊子 ほか)
月刊下水道
養殖ビジネス
建設通信新聞
日経BPメガソーラービジネス 等

●水中ドローンカタログダウンロード
検討会参加の方には配布予定です。
1.FIFISH PRO V6 PLUS
http://dji-shop.sub.jp/V6Plus/V6PLUS_catalog_JTS.pdf

2.FIFISH PRO W6 (日本語版製作中)
http://dji-shop.sub.jp/W6/W6_Brochure_EN.pdf

●事業のお問い合わせ
国内水中調査・撮影、承っております。各種実績HPへ記載しております。
株式会社ジュンテクノサービス
メール:info@jun-techno.com
電話:049-265-8651
水中事業担当:引野(ひきの)・佐々木(ささき)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジュンテクノサービス >
  3. 水中構造物点検や検査への活用に向け、FIFISH PRO W6 工業用水中自航型ロボットカメラの取り扱いを開始致します。