クラウド情報共有プラットフォーム「flouu」を提供するプライズ株式会社、経済産業省が定める「スマートSMEサポーター」の情報処理支援機関に認定

大手企業のみならず中堅・中小企業のflouu導入、情報資産活用の課題解決を積極的にサポート

クラウド情報共有プラットフォーム「flouu」を提供するプライズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:内田孝輔、以下当社)は、この度経済産業省が定める「スマートSMEサポーター」の情報処理支援機関に認定されました。
【flouuとは】
flouu(フロー)は情報共有・情報資産活用から企業の働き方のDXを推進するクラウド情報共有プラットフォームです。情報共有における「作業」「コミュニケーション」「活用」のプロセスをflouuに集約することで、情報共有・情報管理にかかる時間を大幅に削減し、業務効率化に繋げます。
 


ツールの提供のみならず、スムーズな活用を実現するための導入支援やコンテンツも充実しております。

参考:flouuの操作説明動画
https://intercom.help/flouu/ja/collections/3408507

【スマートSMEサポーターについて】
※以下、Smart SME Supporterの制度説明ページより抜粋
人手不足下における中小企業者等の生産性向上が求められる中、中小企業者等の生産性向上・経営基盤強化のために、2018年7月9日に「中小企業等経営強化法」の一部改正が施行され、中小企業の生産性向上に資するITツールを提供するITベンダー等のIT導入支援者を「情報処理支援機関」として認定する制度が創設されました。

詳細は以下ウェブサイトをご覧ください。 https://smartsme.go.jp/overview/

【認定情報】
認定番号:第22号‐22040031
認定日:2022年4月28日
認定有効期限:2025年4月27日

【認定取得の背景】
プライズ株式会社 代表取締役CEO 内田孝輔 より
flouuは2019年10月の一般公開より、累計で約2,000の組織にご利用いただき、各社の様々な情報共有・情報資産活用の課題を解決して参りました。
その中には多くの中小企業様も含まれており、お話をお伺いする中で単純なツールの提供だけでは必ずしも全ての課題を解決できないとの気づきを得たのが今回の認定取得を検討した契機です。
当社はかねてよりflouuの強力な導入支援を一つの強みとしておりましたが、その強みをより広く認知いただくために本認定を取得したものとなります。

中小企業は人手不足の中で一人ひとりの従業員の方々にかかる負担は小さいものではなく、過去の情報資産の活用や従業員間の技術・知見の伝承は限られた人員の中で生産性の高い業務を行うために非常に重要なテーマとなっています。
当社は情報共有・情報資産活用に特化したクラウドサービス提供企業として、flouu及びその導入支援により中小企業の皆様のDX、働き方改革に貢献して参る所存です。

【展示会出展のご案内】
実際にflouuに触れ、サービスの特徴について理解いただく場として展示会への出展を積極的に行っております。以下の展示会に出展する予定ですので、是非ご来場いただけますと幸いです。

展示会名:総務・人事・経理 Week:働き方改革EXPO
場所:東京ビックサイト
会期:2022/05/11~2022/05/13
URL: https://www.office-expo.jp/ja-jp.html

■プライズ株式会社 概要
会社名:プライズ株式会社
代表者:代表取締役CEO 内田 孝輔
設立 :2018年1月24日
所在地:東京都新宿区新宿7−26−7 ビクセル新宿1F
URL :https://pridze.jp
ミッション:働くひとの価値を最大化する
ビジョン :テクノロジーの力で仕事の『摩擦』をゼロにする
事業内容:flouu(フロー)の開発・販売 https://flouu.work
各種コンサルティング

 
  1. プレスリリース >
  2. プライズ株式会社 >
  3. クラウド情報共有プラットフォーム「flouu」を提供するプライズ株式会社、経済産業省が定める「スマートSMEサポーター」の情報処理支援機関に認定