<メガネの新しい購買体験> iOFT国際メガネ展にAIデモンストレーションを出展します

ディープラーニングを用いた人工知能の研究開発・システム構築・アルゴリズムライセンス事業を行う東工大発ベンチャーの株式会社ネフロック(本社:東京都大田区、代表取締役:靎見敏行、以下 ネフロック )と、AI事業プロデュースおよびUX/UI開発などを手がける株式会社KAZAK(本社:東京都港区、代表取締役:新居和博、以下 KAZAK)は、2021年10月18日(月)〜20日(水)に東京ビッグサイトで開催される「iOFT 国際メガネ展」に出展し、メガネの新しい購買体験を創出するAIサービスをデモ展示いたします。

出展イメージ出展イメージ


■出展情報
iOFT2021 国際メガネ展示会
【会期】2021年10月18日(月)〜10月20日(水)
【会場】東京ビッグサイト 西展示棟3−15


■展示概要
「メガネの新しい購買体験を創出する」
ネフロックとKAZAKは、メガネ購買において今まで当たり前だった不便を解決し、新たな体験価値を生み出すことを目指しています。
今回は、以下の4つのAIサービスを中心に、メガネの新しい購入の仕方をご提案します。
 
  • ​メガネを掛けたまま試着ができるバーチャル試着

 

 
  • メガネの似合い度が分かる似合い度判定

 
  • どんなメガネが似合うか分かる顔型判定

 
  • メーカーを問わず似合うメガネ提案につなげられるメガネ型判定


会場ではデモンストレーションとして、「株式会社ジンズ様」で展開中のサービスを、タブレットにて体験していただけます。


■電子招待券
展示会に無料で入場できる「電子版招待券」をご用意いたしました。
入口にて下記URLの画面のご提示だけでご入場いただけますので、ぜひご利用ください。
↓電子招待券を確認する(無料)
https://www.ioft.jp/ja-jp/to-visit/e-ticket-ex.html?co=IOFT1-0060


■会場MAP



■共同出展するネフロックとKAZAKについて
○株式会社ネフロック
「テクノロジーで世の中をもっと楽しくする」というビジョンを掲げる、2011年創業の東工大発ベンチャー。
ディープラーニングを用いた人工知能の研究開発・システム構築・アルゴリズムライセンス事業を行い、ソフト・ハード両面からのアプローチで開発を進めている。画像認識エンジン・音声合成エンジン・自然言語処理エンジンなど、自社開発した各種AIエンジンの提供や、スマートロックシステム・ビール認識システムなどのハードウェアとソフトウェアを融合したプロダクトの提供も行っている。

▷会社公式サイト:https://nefrock.com

開発の役割:
・ディープラーニングを用いた画像および映像の生成・変換・除去技術開発
・AIモジュールのフロントエンドアプリケーションへのインテグレーション

○株式会社KAZAK(カザック)
2016年創業のUX/UIデザイン開発を手掛けるクリエイティブカンパニー。
AIを活用した新規事業企画開発および企業DX推進などをワンストップで提供。

▷会社公式サイト:https://www.kazak.co.jp

開発の役割:
・新規事業企画プロデュース及びクリエイティブディレクション
・UX/UIデザイン開発/メガネバーチャル試着システム開発
・店舗設置機材開発 /CG及び映像開発
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネフロック >
  3. <メガネの新しい購買体験> iOFT国際メガネ展にAIデモンストレーションを出展します