フォーエムがAnyManagerのアップデートによりWeb Publisher及びApp Developerに向けたスマートフォンユーザー獲得強化機能を提供開始

AnyMind Groupの提供するパブリッシャー向け機能強化により海外に向けた利用も可能

AnyMind Group株式会社(読み:エニーマインドグループ、代表取締役CEO:十河 宏輔)の子会社で、Web Publisher及びApp Developerのメディアパートナー事業を主事業として展開する株式会社フォーエム(代表取締役:小堤音彦/以下、当社)は、Webメディア・アプリ・ECサイトのための All-in-One プラットフォーム「AnyManager」において、Web Publisher 及び App Developer向けにスマートフォンユーザーの継続的な顧客増加をサポートする一連の機能をアップデートいたしました。


本機能拡充により、App DeveloperはApp Storeのデータからより多くの情報を得ることが可能となり、Web PublisherはPWA(Progressive Web Apps)をさらに効果的に活用することができます。これらの取り組みを行うことによって、さらなる新規ユーザー獲得や収益性向上を図ることが可能になります。

■Web Publisher向け機能

今回のアップデートにより、スマートフォンユーザー増加への対応に向けて、AnyManagerにおけるPWA機能をさらに強化しました。PWAを導入することで、サイトスピードの高速化や、サイト更新時のプッシュ通知機能の構築を含むユーザーエクスペリエンスの向上を図ることができます。

PWA導入によりデバイスや位置情報などのデータに基づいて、特定の期間にサイトをクリックしたユーザーやクリック頻度など、特定のユーザーセグメントにターゲットを絞ったプッシュ通知を行うことができるようになり、新しいコンテンツやプロモーションなどをユーザーのスマートフォン向けに直接通知することが可能になります。またプッシュ通知のデータは、Google Analyticsのデータや広告情報ともリンクしており、これらはいずれもAnyManager上で入手・分析が可能です。

さらに機能カスタマイズを行い「ホーム画面への追加」を促すことで、ブラウザへの通知を簡単に行うことできます。

■App Developer向け機能

今回のアップデートにより、App Store対策やコンバージョンの改善、競合他社分析を含む機能の提供を開始いたしました。本機能拡充は広告需要活性化や、開発、収益化、分析、ユーザー獲得などの要素の評価を提供するApp Health Score機能に加えての機能提供となります。

また、App Developer向けに、広告収益化のためのSDK(Software Development Kit)である「AnySDK」の提供も開始しました。AnySDKでは、1ダッシュボード上のSDKを通じて、スマートフォンアプリのプラットフォームの広告におけるデマンドと配信をスムーズに最適化することができます。

さらにユーザーコメントに対する感情分析、App Storeの評価に基づくキーワードやフレーズの抽出など、自然言語処理を駆使した機能を活用することで、自社アプリに対するユーザーのより深いインサイトを得ることが可能となります。本機能活用により、アプリの潜在的な課題に対して、改善のPDCAを最適化することができます。

<Managing Director of Publisher Growth 丸山仁のコメント>

アジアをはじめとした市場におけるスマートフォンユーザーは年々激増していますが、その動きに伴って、ユーザーの動向やニーズ・インサイトを把握するためにテクノロジーを活用することは非常に重要になっています。また、グローバルではSNSやECの活用によりさらなる成長を実現しているWeb Publisher 及びApp Developerも多く現れています。当社はそれらの成功体験をもとに、常にアップデートを続け、多角的かつ深い価値提供を続けていけるよう邁進してまいります。

■AnyManagerとは

AnyManagerは、Webメディア・アプリ・ECサイトのための All-in-One プラットフォームです。広告収益やサイト分析、キーワード分析を行う「Analytics」、メディアやECの表示スピードを高速化し、アプリのようなサクサク感を提供する「Speed」、Push通知やアプリ内メッセージを実現、コミュニケーションを活性化させる「Engage」、ワンタグで広告収益を最大化させる「Monetize」、AMPやWeb Storiesなどを簡単に実装できる「Build」の5つのサービスを提供しています。現在、AnyManagerはアジア全域の1,000以上のWeb Publisherによる1500を超えるWebサイト及び250以上のアプリで利用されています。(2021年4月末時点)
URL:https://anymanager.io/ja/

■フォーエムについて

会社名        :株式会社フォーエム
所在地        :東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー31F
代表者        :代表取締役 小堤音彦
事業内容    :メディアプロダクト事業/メディアパートナー事業/テクノロジー支援事業
URL        :https://www.fourm.jp/

■AnyMind Groupについて

2016年にシンガポールで創業し、インフルエンサーなどの個人、メディア・ブランド運営企業向けに、商品企画・ものづくりからECサイトの構築・運用、販売、マーケティングまでを一貫支援するソフトウェアを開発・提供しています。現在、世界13市場に17拠点を展開し、20国籍800名以上の従業員が勤務しています。これまでに、LINE株式会社、未来創生ファンド、VGI、JAFCO Asia、日本郵政キャピタルなどから総額62.3百万米ドル(約68.6億円)の資金を調達しています。
URL:https://anymindgroup.com/ja/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フォーエム >
  3. フォーエムがAnyManagerのアップデートによりWeb Publisher及びApp Developerに向けたスマートフォンユーザー獲得強化機能を提供開始