日本トライアスロン選手権 競技距離をスプリントに変更

COVID-19感染拡大防止対策を最優先とし、競技距離の変更を発表いたしました。
公益社団法人日本トライアスロン連合は、2020年9月16日にJTU第2回定時理事会をウェブ会議形式で開催し、11月8日(日)開催の第26回日本トライアスロン選手権(特別協賛:NTT東日本)の競技距離をスプリントディスタンス(スイム750m、バイク20km、ラン5kmの計25.75km)で実施することを決定いたしました。

本変更は、お台場海浜公園及び水域、バイクランコース上の課題、住民の皆様・商業施設との調整など不可抗力によって生じた内容となります。COVID-19感染拡大防止対策を最優先とすることからも、競技実施時間の短縮のために、例年のスタンダードディスタンス(計51.5km)から競技距離の変更を決断いたしました。記者会見や競技説明会などもオンラインでの実施を検討しています。

*JTUリリース『【競技距離変更】第26回日本トライアスロン選手権』
https://www.jtu.or.jp/news/2020/09/17/29461/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人 日本トライアスロン連合 >
  3. 日本トライアスロン選手権 競技距離をスプリントに変更