抗ウイルス・抗菌フィルムの新型コロナウイルスに対する効果確認について

リケンテクノス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員: 常盤 和明)は、このたび抗ウイルス・抗菌フィルムについて、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する抗ウイルス効果がある旨の試験結果を得ました。 

<抗ウイルス試験概要>
(1)試験方法:ISO21702
 試験片(当社の抗ウイルス・抗菌フィルム)に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)液を滴下し、フィルムで被覆して25℃で24時間静置します。静置後、試験片上のウイルスを洗い出して回収し、ウイルス感染価を測定することで、99.9%以上のウイルスが減少したことを確認しました。

(2)試験機関: 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター

(3)試験株: Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2(SARS-CoV-2)
 NIID分離株;JPN/TY/WK-521

<メカニズム>
 抗ウイルス剤に含まれる金属成分がイオン化し、または活性ラジカルを発生することでウイルスに作用し、ウイルスが減少します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リケンテクノス株式会社 >
  3. 抗ウイルス・抗菌フィルムの新型コロナウイルスに対する効果確認について