観客も“物語の一員”になるイマーシブシアター「泊まれる演劇」大阪のホテルで11月より上演。

決められた開演・閉演時間はなく、 スマートフォンや時計は没収。ホテルに入った瞬間、観客は時を忘れ、夜の世界を彷徨っていく。

大阪にあるホテル「HOTEL SHE, OSAKA」で、ホテルに泊まりながら演劇を楽しむ、新感覚ナイトエンターテイメント「泊まれる演劇『藍色飯店』」を2021年11月11日(木)〜30日(火)に上演します。チケットの一次抽選販売は9月3日(金)より。
http://aiirohanten.com/


ブティックホテルブランド・HOTEL SHE,では、これまで詩人・最果タヒとのコラボレーションルーム『詩のホテル』や、アーティストSIRUPとのコラボライブのオンライン配信など、新時代のホテルシーンを先導するような宿泊サービスをお届けしてまいりました。

「泊まれる演劇」とはHOTEL SHE,が企画・プロデュースする、ホテルの建物を舞台に繰り広げられる演劇を、ゲストが目の前で鑑賞・体感できるナイト・エンターテインメント。

NYのオフ・ブロードウェイで話題の「イマーシブ・シアター(没入型演劇)※ 」という手法を取り入れることで、ホテルの中を自由に歩き回ったり、観客にも役割が与えられることで、客席とステージの境界を感じることなく、物語の世界に入り込んだような体験をお楽しみいただけます。

※イマーシブ·シアターとは、2000年代にロンドンから始まった“体験型演劇作品“の総称。旧来の「観客が客席に座り、舞台上の演者を鑑賞する」という構図を打破し、新たな作品と観客の関係性を作り出す公演となっています。※イマーシブ·シアターとは、2000年代にロンドンから始まった“体験型演劇作品“の総称。旧来の「観客が客席に座り、舞台上の演者を鑑賞する」という構図を打破し、新たな作品と観客の関係性を作り出す公演となっています。


舞台は真夜中のホテル。
実際のホテル全棟(3フロア・全1,200㎡)を舞台とし、ロビーから客室や廊下、中庭までを怪しげな音と光が包み込みます。「物語体験」はチェックインと同時にスタートし、あらかじめ決められた画一の開演・閉演時間は存在しません。時刻のわかるスマートフォンや携帯電話、時計類も、チェックイン時にすべてお預かりいたします。

霧深いホテルの入口をくぐった瞬間、ゲストの皆様は徐々に時間感覚を失い、長い夜の世界を彷徨っていきます。


ストーリー
とある港町にひっそりと佇む HOTEL『藍色飯店』。 
人気の老舗ホテルだったが、創業百年を迎えた年に何の前触れもなく廃業することに。
しかし、取り壊されることも生まれ変わることもなく、今もこの港町に佇み続けている。


「藍色飯店」は時間を忘れたホテル。館内は白昼のようでもあり、真夜中のようでもある。
宿泊客自身も時を忘れるような極上の滞在を楽しむことができる。
そんな噂が囁かれはじめた二〇二一年秋、『藍色飯店』の灯りが再びともる。
日々仕事や家事に追われるあなたは、そんな誘い文句に導かれホテルにチェックインすることに。

手には差出人不明の招待状を握りしめて。
ロビーには異世界に迷いこんだような異様な空気が流れていた。

「ここ藍色飯店では、時刻のわかるものは全てお預けください。

『藍色飯店』での過ごし方は自由。館内を散策される際はまずフロントまで。」
そう言われ自室に荷物を置き、わずかな休息を過ごした。

空腹の身体に染みこむ魯肉飯(ルーローハン)は噂通りの絶品だった。

どのくらいの時が過ぎたのかわからずロビーにある時計を見るも、その針はピクリとも動いていない。
館内を散策しようとフロントに向かうと、

そこには “時を忘れた部屋を巡る旅” への切符が用意されていたーー。


アジアン料理をベースにした限定フードも。
観賞後はバーラウンジや客室でカクテルを飲みながら、それぞれが体験したシーンについて話をすることで、次第に物語の全貌が明らかになってきます。

台湾などのアジアン料理をベースにした限定フードメニューやスイーツをお楽しみください。

全てのドリンク・フードメニューはご自身の客室でお楽しみいただくことも可能です。全てのドリンク・フードメニューはご自身の客室でお楽しみいただくことも可能です。

ご宿泊いただく客室には全室レコードプレイヤーを完備。ご宿泊いただく客室には全室レコードプレイヤーを完備。

開催概要
公演名:泊まれる演劇『藍色飯店』
会期: 2021年11月11日(木)〜 11月30日(火) ※11月18日,25日は休演
チェックイン:19:30 ~ 20:00(VIP TWIN ROOMのみ19:15~20:00)
チェックアウト:翌朝12:00
場所: HOTEL SHE, OSAKA(大阪府大阪市港区市岡1-2-5)

チケット販売: 
一次チケット販売(抽選):9/3 (金) 20:00 ~ 9/12(日) 23:59
二次チケット販売(抽選):9/14 (火) 18:00 ~ 9/20(月・祝) 23:59
チケット一般販売(先着):未定

料金:
一人当たり19,000円〜(2名一室)
一人当たり24,000円〜(1名一室)
一人当たり16,000円〜(2名一室・チケット購入者様が22歳以下の場合)
※ご宿泊日によって料金が変わります。詳細はチケット購入ページを参照ください。
※その他、ホテルチェックイン時の検温の実施など、新型コロナウイルス対策に関しての注意事項がございます。詳細はイベント公式サイトをご確認ください。

公式サイト:http://aiirohanten.com/ 

脚本・演出:山崎彬(悪い芝居)
主催・企画:泊まれる演劇
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社L&Gグローバルビジネス >
  3. 観客も“物語の一員”になるイマーシブシアター「泊まれる演劇」大阪のホテルで11月より上演。