AI検査製品「Roxy AI」がver1.11にバージョンアップしました。

株式会社Roxy(2020年4月1日設立、代表取締役:石黒貴之)が開発、販売する「現場で使いこなせる」AI検査製品 Roxy AIは、外観検査において、少量のサンプルでも、高い精度のAIモデルを短時間で作成できます。
この度のバージョンアップで、複数種別の画像を一度に処理する画像統合機能(特許出願済み)が利用できるようになりました。AI学習の効率化、検査時間、検査精度の向上が可能となります。

【画像統合機能(特許出願済み)】
複数種別の画像を一度にアノテーション・学習・検査が行うことができ、精度向上、検査タクトを短縮、AI作成の手間を軽減します。

例えば、キーエンス社のLumiTraxを使用すると通常のノーマル画像に加えて、テクスチャ画像、形状画像などの複数種別の画像データを一度の撮影で取得できます。
※ノーマル画像だけでは撮影しにくい不良も、他の種別の画像で撮影できる場合があります。(正反射画像では光沢表面の線傷などを検出しやすく、形状画像は打痕などを検出しやすいなど)

 

精度の高い検査を行うためには、複数の画像種別を用いて検査する必要があります。しかし、複数の画像種別を用いて検査する場合、以下のようなデメリットがあります。
①画像種別ごとにアノテーション、学習をして、複数のAIモデル作成が必要
複数の画像種別に映り込む不良の場合、どちらの画像種別で検出すべきかを判断が必要
複数のAIでそれぞれ検査する必要があるため、検査時間がかかるのもネック



Roxy AIでは画像統合というアプローチでこれらの問題を解決します。例えば、形状画像を画像の赤成分、正反射画像に青成分に設定することで、複数の画像種別の情報をもった統合画像を生成できます。学習・検査ではこの統合画像を使用します。


Roxy AIは、画像統合機能により、より効率的なAI学習と高速、高精度な検査を提供します。
①画像種別毎にアノテーションする必要はなく、アノテーションは1回で済む
②画像種別毎に学習する必要はなく、1つのAIを学習するだけで良い
③1つのAIだけで検査すればよいので検査時間が高速。検査タクトが厳しい場合は特に有利
④複数の画像種別の情報を合わせて学習・検査できるため、高精度・安定なAIとなることが期待できる


【その他の主なバージョンアップ機能】
画像統合機能の他、次のような機能向上にも対応
・新しいAIモデルタイプの追加:情報量の多い画像や不良検出のためのAIモデルタイプを追加
・未知不良の検出能力向上:未学習の不良も検出する違和感検知能力の大幅な向上
・AI検査時間の短縮:NVIDIA Ampere GPU使用時の検査時間の短縮

「Roxy AI」は、評価版も用意しています。画像統合をはじめ、最新バージョンの全機能をご評価いただけます。ぜひ弊社WEBサイトの問い合わせフォームよりお問い合わせください。


【Roxy AIについて】
工業製品の外観検査、食品等の異物混入検査など、従来の画像検査処理では検出できなかった不良を、独自の画像処理AIの技術を使い、高速・高精度に検出できるパッケージソフトウェアです。今後の人手不足への対応や、検査品質の向上を図ることができます。
 

 

 

 

・製品特徴ページ:https://roxy-ai.jp/product/
・動画紹介ページ:https://roxy-ai.jp/movie/

【株式会社Roxyについて】
社名:株式会社Roxy(ロクシー)
所在地:愛知県名古屋市
設立:2020年4月
代表者:石黒貴之
主な事業:AI検査製品の開発、および、ライセンス販売・OEM提供
URL:https://roxy-ai.jp/


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Roxy >
  3. AI検査製品「Roxy AI」がver1.11にバージョンアップしました。