【東大発AIベンチャー】ラベルの自動認識AIアルゴリズムを提供開始

〜工場における作業コストの軽減・ヒューマンエラーの防止に貢献〜

SMITH & FACTORY株式会社(本社:東京都文京区、代表:大澤 琢真、以下「SMITH & FACTRY」)は、ラベルの自動認識AIアルゴリズムを提供開始した。本技術は、カメラでアイテムを撮影することによって、荷姿、ラベルの位置・種類にとらわれることなく、ラベル内の情報を自動で読みとる。ラベルを取り扱うあらゆる工場において、労働力不足の解消・作業コストの軽減・ヒューマンエラーの防止に貢献する。
  • ラベルの自動認識AIアルゴリズム 概要

本アルゴリズムは、アイテムをカメラで撮影することで、ラベル内の情報を自動で読み取ることができるものである。OCR(文字認識)技術や画像認識技術を利用することで、荷姿、ラベルの位置・種類にとらわれないラベル認識が可能になった。

本技術は特に以下のようなケースを対象としている。
・ダンボール・ドラム缶・紙袋などの荷姿が異なる
・アイテムごとにラベルの位置が異なる
・ラベルの種類が様々である
・作業コストを削減したい
・管理ミスを防ぎたい

 
  • 開発の背景

現在、あらゆる工場においてロット番号・品質保証期限・賞味期限などを記載した「ラベル」が、頻繁に利用されている。

工場内で取り扱うアイテムは、荷姿やラベルの位置・種類が多岐に渡るため、ラベルを自動で読み取ることが難しく、視認せざるを得なかった。しかし、属人的な作業にはミスがつきものであり、人為的な過誤による損失、作業効率の低下等の課題があった。

そこで、SMITH & FACTORYはラベルの自動認識システムの提供を開始した。
本技術により、食品・医療・化学をはじめとする商品を取り扱う会社や、ラベルを取り扱うあらゆる工場における労働力不足の解消・作業コストの軽減・ヒューマンエラーの防止を目指す。

 
  • 今後の展望

SMITH & FACTORY株式会社は、最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下の企業として、製造業・運送業の企業様へ、工場・倉庫の完全自動化への支援を行う。製造業・物流業の企業様、その先のエンドユーザー様への価値提供を通じて、より良い世界を創出する。

本技術は今後、食品・医療品・化学品を取り取り扱うメーカー様を始め、ラベルを利用するあらゆる現場において必要不可欠な技術になることが期待できる。さらに今後、国内だけでなく海外での需要も見込んでいる。


■関連プレスリリース
・【TRUST SMITH×ADEKA】ラベル自動認識システムの実証実験スタート
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000066955.html

・【東大発AIベンチャー】物流で用いる仕分けシステム用の荷札ラベル自動認識AIアルゴリズムの提供を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000049040.html

・【東大発AIベンチャー】物流倉庫内における、棚卸し・検品の自動化システムを提供開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000049040.html


■SMITH & FACTORY (スミスアンドファクトリー)株式会社

最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下の企業として、製造業・運送業の企業様へ、工場・倉庫の完全自動化へのご支援をしています。スマートファクトリーの実現により、企業様の抱える労働力不足の解消と人件費削減に貢献致します。

社名:SMITH & FACTORY株式会社
所在地:東京都文京区本郷4丁目1-1 菊花ビル7F
代表:渡辺 琢真
事業内容:無人工場設立コンサルティング
設立日:2020年8月3日
会社HP:https://www.smithfactory.net/
連絡先メールアドレス:office@smithfactory.net 




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SMITH & FACTORY株式会社 >
  3. 【東大発AIベンチャー】ラベルの自動認識AIアルゴリズムを提供開始