粗悪品CO2センサー撲滅キャンペーン開催!粗悪品を下取り&IoT対応CO2センサー(二酸化炭素濃度計)のhazaview(ハザビュー)を期間限定の特別価格で提供(法人限定)

粗悪なCO2センサーを下取、さらに特別価格で経済産業省の基準に適合した世界最高峰の高精度IoT対応CO2センサーを特別価格で提供

IoT対応のCo2モニタリング/換気アラートシステム“hazaview(ハザビュー)”を展開するcynaps(シナプス)株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩屋 雄介、以下「cynaps」)とセンサー開発販売事業を展開する株式会社ミオ・コーポレーション(本社神奈川県横浜市、代表取締役:井出 智祥、以下「ミオ・コーポレーション」)は互いの所在地東京都、神奈川県限定で、粗悪CO2センサー(偽物)を下取し、CO2センサー&hazaviewを法人企業向けに(個人事業主含む)、年内2022年3月最終営業日までの受付、300台限定で特別価格で提供致します。(台数上限達し次第終了)

今回のタイアップ企画は少しでも感染リスクを減らすために正しい換気基準の見える化を多くの方に利用していただき、感染拡大防止策としてCO2センサーが広く普及し感染者数増加の抑止に貢献するべく、本キャンペーンを実施することと致しました。

なぜこの時期にタイアップ企画を行ったのか?
2つの理由についてご説明いたします。

1つ目は、ワクチン普及も進み緊急事態宣言が解除されコロナ前の人流が戻りつつあります。ワクチンを接種すれば感染しないという事ではなく、徹底した感染症対策を行いながら日常を送る事になりますが、世界保健機関(WHO)などの見解も変わってきており、空気感染(Airborne transmission)を、「飛沫(ひまつ)核(エアロゾル)によって感染が起こること」とするとし、とくに人が密集しやすいところでの換気はとても重要であることを示唆しています。今後また人流が増え感染者が急増する前にCO2センサーを活用して感染症を防止し、継続的な事業継続・発展ができる環境を早く実現してほしいという思いがあります。

2つ目は、電気通信大学が発表(写真)した粗悪なCO2センサーの普及があります。cynaps、ミオ・コーポレーション共にECサイトで販売されている安価なCO2センサー(5000円未満)の精度検証を1年以上前から行っており、表示数値が正しくない事を確認し注意喚起をしてきました。しかしながら購入する側が見分けることは難しく、多くの人が粗悪なCO2センサーを購入している様子を目にしてきました。

調査に使用した実験装置(上)、アルコール噴霧実験の様子(下)
出典:国立大学法人 電気通信大学「安価で粗悪なCO2センサの見分け方 ~5千円以下の機種、大半が消毒用アルコールに強く反応~」


こういった粗悪品が市場で広まると、利用者がセンサの表示を無視したり、関心を示さなくなる「オオカミ少年効果」によって、かえって感染者の増加を助長してしまうことになりかねません。このような問題のある製品の普及を少しでも防ぎたいという思いがあります。

<粗悪品センサーの見分けかた>

  1. 屋外の新鮮な空気のなかで、400 ppm前後(目安として340~460ppmの範囲程度)を表示するか確認します。数値が大きくズレているセンサは、換気モニタには使用しないことを推奨します。
  2. 消毒用アルコールを吹きかけた手をセンサに近づけ、CO2濃度が上昇しないことを確認します。もし大幅に上昇すれば、CO2ではなく他のガスに反応する疑似センサが使われている可能性が高いので、感染症対策としての換気モニタリングには使用しないことを推奨します。
引用:国立大学法人 電気通信大学「安価で粗悪なCO2センサの見分け方 ~5千円以下の機種、大半が消毒用アルコールに強く反応~」

二酸化炭素濃度を見える化し厚労省が推奨する1,000ppmを基準に換気をする事は感染拡大防止対策として政府、医師会でも推奨し、先日、WHOでもついに新型コロナウィルスの感染拡大が空気感染によって引き起こされていることが示唆されました。

これから締め切った部屋でエアコンを使うことが多くなる季節に入り、第6波の懸念も高まる中、換気と快適空間とのバランスが重要になってきます。CO2濃度計はその実現のための重宝するアイテムとなるでしょう。

また夏場、冬場にエアコンをずっとかけながら換気をしすぎるとエアコンが効かないばかりか電気代も高額になってきており、環境や経済面での影響を気にする声も上がってきています。正しい基準により適切な換気を行うことで、感染拡大防止だけでなく脱炭素化および省エネにもぜひお役立ていただきたいと考えています。

粗悪品センサーの下取り&キャンペーン価格についてのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

※下取りしたい粗悪品センサーのメーカー名・品名などを添えてお問い合わせください。
※粗悪品センサーは、本文内の<粗悪品センサーの見分けかた>をご参考にしてください。

※ただし、法人に限定させていただきます。
 

■換気アラートシステム 「hazaview(ハザビュー)」概要
hazaviewはcynaps株式会社が展開する、空間のCO2・温度・湿度を可視化するサービスです。厚生労働省の定める空気環境の基準範囲外になると、アラートを出して換気や空調のタイミングを定量的に可視化し、インターネットを通じて、様々なデバイスでリアルタイムに確認、集中監視が可能。CSV出力や過去の膨大なデータを集計分析ができるアナリティクス機能なども備えている業務用サービスです。
URL:https://hazaview.com/site/


・ミオ・コーポレーション製CO2センサーについて
コロナウイルス感染拡大前の2019年から製品企画開発を手掛け主に介護施設向けの見守り用として製品販売を開始。2020年3月からコロナウイルス感染拡大が日本でも広がり感染拡大防止として、「換気をすること」が政府より推奨され換気基準を見える化するためのCO2センサーとして需要が多くなる。cynaps含むCO2モニタリングサービスを提供する企業にCO2センサーを提供。

問合せ先
電話:045-624-9928
メール:info@mio-corp.co.jp

■株式会社ミオ・コーポレーションについて 
本社〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央2-5-9
代表取締役社長:井出 智
設立:1993年
資本金:1,000万円
事業内容:電子部品、機器販売・センサー開発販売
URL:https://www.mio-corp.co.jp/

■cynapsについて 
本社:〒155-0031 東京都世田谷区北沢5-21-5
代表取締役:岩屋 雄介
設立:2020年
資本金:1500万円
事業内容:IoT機器ならびにIoT開発運用プラットフォームの企画、開発および販売
URL:https://www.cynaps.jp/
https://hazaview.com/site/(換気アラートシステム 「hazaview(ハザビュー)」)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. cynaps株式会社 >
  3. 粗悪品CO2センサー撲滅キャンペーン開催!粗悪品を下取り&IoT対応CO2センサー(二酸化炭素濃度計)のhazaview(ハザビュー)を期間限定の特別価格で提供(法人限定)