プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社アルガルバイオ
会社概要

微細藻類によるCO2固定化プロジェクトがNEDO委託事業に採択

株式会社アルガルバイオ

株式会社アルガルバイオ(本社:千葉県柏市、以下、「当社」)と関西電力株式会社(本店:大阪府大阪市)は、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公募した「カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/CO2有効利用拠点における技術開発/研究拠点におけるCO2有効利用技術開発・実証事業(基礎研究エリア)」に共同で取組むプロジェクトが採択されました。

研究開発プロジェクト名:「微細藻類によるCO2固定化と有用化学品生産に関する研究開発」

CO2濃度の上昇による地球規模の気候変動は世界的な課題との認識であり、CO2削減への取組みが加速されています。本事業は、カーボンニュートラル社会を実現するためのカーボンリサイクル技術の確立、普及を目指し、NEDOが広島県大崎上島の研究拠点において、CO2有効利用に係る要素技術開発および実証試験を実施する事業です。

生物を活用したCO2固定技術として、光合成を行う微細藻類への期待が近年高まっています。しかし、従来の培養技術では工場等から排出されるCO2を固定するために、広大な土地を必要するといった課題を抱えていました。本プロジェクトでは微細藻類のCO2の固定効率を向上させる先端育種と、生産性の高い大量培養法の確立を組合わせにより、コンパクトで効率のよい培養システムの開発を目指します。

更に、CO2が固定されたバイオマスを活用し、これまで天然資源に依存していた機能性化学品(エイコサペンタエン酸(EPA)注1)やフコキサンチン注2)等)を生産すると共に、有用物質抽出後の残渣は、石油化学プラスチック製品を代替する、環境負荷が低い「バイオプラスチック」等の化成品原料として利用することで、サステイナブルなカーボンリサイクル技術を確立し、社会実装を目指します。

本プロジェクト(2022~2024年度の3年間)では、2030年代には工場等が排出するCO2を回収・固定化する藻類培養システムの実用化し、将来的には火力発電所など大規模CO2排出への展開を目指して技術開発を進めます。 

株式会社アルガルバイオは、当社が保有する微細藻類の開発プラットフォームを活用することで、微細藻類を活用したカーボンニュートラル社会の実現に向けた取り組みを推進していきます。

(本プロジェクトの開発項目)
1 微細藻類の育種と大量培養法の研究開発
2 微細藻類によるCO2固定と有用化学品生産の技術評価、事業化システム検討
3 ゲノム編集を用いた微細藻類のCO2固定能向上に関する研究開発
4 微細藻類抽出残渣を用いたバイオプラスチックの開発 

注1)   エイコサペンタエン酸(EPA)は主に魚油に含まれ、動脈硬化や高脂血症の治療薬として使われる付加価値の高い不飽和脂肪酸です。
注2)   フコキサンチンは主に昆布やワカメに含まれ、強力な抗酸化力があることから、健康食品や化粧品等に活用されているカロテノイド(天然色素)です。


■NEDO公募事業の詳細につきましては、NEDOホームページをご参照ください。
NEDOホームページ: https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101530.html

■参考資料

藻類を利用したカーボンリサイクル技術のイメージ図藻類を利用したカーボンリサイクル技術のイメージ図


■共同委託者
関西電力株式会社 プレスリリース https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2022/pdf/20220407_1j.pdf

■アルガルバイオについて
株式会社アルガルバイオは、「藻類の研究開発で、人々と地球の未来に貢献する」をミッションとして、東京大学の20年以上の研究資産である藻類株ライブラリーをベースに、先端育種・培養技術を組み合わせた微細藻類の開発プラットフォーム事業を通じて、様々なパートナー企業へ、人々の健康や食糧・エネルギー問題に対する解決策を提案し、「循環・共生型」社会の実現を目指しております。

チューブ式フォトバイオリアクターチューブ式フォトバイオリアクター

<沿革>
2018年3月  株式会社アルガルバイオ設立(本社:東葛テクノプラザ)
2018年4月  シード資金調達(0.4億円)
2018年10月 東大柏ベンチャープラザに研究所を開設
2019年4月  培養技術センター開所(柏市船戸)
2019年7月  公益財団法人ひまわりベンチャー育成基金「2019年度助成事業」交付
2019年11月 シリーズA資金調達(4億円)
2019年11月 Forbes Japan”200 SUPERSTAR ENTREPRENEURS”選定
2020年5月  NEDO「シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援助成金」採択
2020年11月 Forbes Japan”200 SUPERSTAR ENTREPRENEURS”に2年連続選定
2021年8月  Forbes Asia 100 to Watchに選出
2021年9月  週刊東洋経済「すごいベンチャー100」に選出
2021年9月  Falling Walls2021の最終25社のWinnerに選出
2022年2月  「第38回ビジネスプラン発表会 あすのちばを支えるビジネスチャレンジコンテスト」大賞受賞
2022年2月  J-TECH STARTUP 2021に認定

<会社概要>

 

企業名 株式会社アルガルバイオ (Algal Bio Co., Ltd.)
代表者名 代表取締役社長 木村 周
本社所在地 〒277-0882 千葉県柏市柏の葉5-4-6
設立 2018年3月
事業内容 藻類及びその成分の研究開発、生産及び販売
URL https://algalbio.co.jp/

 


<本件に関するお問い合わせは下記までご連絡ください>
株式会社アルガルバイオ  担当:八巻(やまき)
Tel:04-7138-6207
E-mail:info@algalbio.co.jp

すべての画像


種類
その他
関連リンク
https://algalbio.co.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社アルガルバイオ

10フォロワー

RSS
URL
https://algalbio.co.jp/
業種
製造業
本社所在地
千葉県柏市柏の葉5-4-6 東葛テクノプラザ301
電話番号
04-7138-6207
代表者名
木村 周
上場
未上場
資本金
-
設立
2018年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード