ひろゆき氏が取得をおすすめする資格は?YouTubeでの発言内容を詳しく調査!【資格Times】

ひろゆき氏の生配信での発言を抜粋し、取得をおすすめする資格を紹介していきます。

株式会社ベンド(本社:東京都千代田区、CEO:近藤潔)の運営する資格Times(https://shikakutimes.jp)は、「ひろゆき」こと西村博之氏の資格に関する発言について、YouTubeでの生配信を中心に徹底調査し、WEBサイト内で特設記事を作成しました。以下ではその中でも、ひろゆき氏が取得をおすすめする資格・おすすめしない資格に絞ってご紹介します。
より詳しい内容やひろゆき氏が語る「資格取得のメリット」「現在取得している資格」については、こちらの記事( https://shikakutimes.jp/topics/2561 )でご紹介しております。

ひろゆき氏のYouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/channel/UC0yQ2h4gQXmVUFWZSqlMVOA )

◆ひろゆき氏が取得をおすすめする資格

それぞれについて、ひろゆき氏の発言を一部抜粋しつつご紹介します。
 
  • 簿記
ひろゆき氏
「簿記取っとくと良いんじゃない?経理はどこの会社も必要としています。普通に簿記持ってまーすって応募すると、どっかで採用されたりするので。」

「簿記2級あるなら全然大丈夫じゃない?普通に簿記2級だけで事務職受かる気がしますけど。大学生の段階で簿記2級取っとくと(就活で)受かる確率が高いので、多分大丈夫だと思うんですよね。」


ひろゆき氏は、簿記を「コスパに優れた資格」として紹介しており特に簿記2級の取得を薦めていらっしゃいました。

資格Timesでも何度か簿記2級をコスパに優れた資格として取り上げており、本当にその通りだと感じております。
 
  • 公務員
ひろゆき氏
「日本の法律上公務員が食いっぱぐれることはありません。公務員って毎月毎月必ずお金貰えるんですよ。下手な投資をしなければお金に困ることはありません。」

「クビになることもないので、公務員になると幸せだと思います。日本はそういう国なので。こういう楽できるポジションがあるのであれば、そこのポジションをうまく利用できる方が良いのではないでしょうか。」


公務員は「リスクが小さい」「安定して稼ぎが得られる」などの理由でおすすめをしていらっしゃいました。

また「実は公務員は、民間企業に転職をする際にも有利に働くスキルが身に付く」という点でも、新卒で公務員になることを推奨していらっしゃいます。
 
  • USCPA(米国公認会計士)
ひろゆき氏(士業の中でどれがおすすめ?と質問された際)
「僕だったら、USCPAかな。公認会計士と税理士は食いっぱぐれる可能性があるのと、社労士は本当に仕事が大変なんですよね。USCPAを取得した人の話を聞くと、楽そうなんですよ。」

「日本がダメになった時に、他の国で働けるようになるので、早めに取っておくと良いと思います。」


士業の中でという限定的な条件ではありますが、USCPAを「日本人は他国の人より勤勉なので、海外で普通にやっているだけで高い評価を得られる」「海外で仕事をする機会が得られる」などの理由でおすすめしていました。

また、ひろゆき氏は士業全般の将来性はあまりない、とお考えのようです。

◆ひろゆき氏が取得をおすすめしない資格

これらは、ひろゆき氏が生放送内で「取っても意味がない」「将来性がない」とおっしゃっていた資格です。

それぞれについての我々の見解を、ひろゆき氏のお言葉と共にご紹介します。
  • インテリアコーディネーター・カラーコーディネーター
ひろゆき氏
「すごくどうでもいい、プラスにもならない資格」


これについて、我々は「必ずしもそうとは言えないのではないか」と考えています。

どちらの資格も就職・転職で活かすことのできる業界・職種が少なからず存在し、有利に働く場面が多いからです。

それぞれ毎年約9,000人、毎年約6,300人の受験者がいることから、一定の需要のある資格だと言えるでしょう。
 
  • 司法書士・行政書士
ひろゆき氏
「(将来性は)かなり厳しいんじゃないですかね。資格があれば食えるよーってことで取得をしている人が増えているんですけど、司法書士と行政書士って士業の中だと比較的取りやすいんですよね。」

「その資格単体で食っていくのは難しいのではないかな、と思います。」


「行政書士はともかく、司法書士は取りやすい資格ではないのでは?」「行政書士・司法書士として稼いでいる人も多くいるのでは?」というのが我々の見解です。

司法書士は近年合格率が4%程度と、士業の資格試験の中でもかなり低めです。試験範囲が膨大で、行政書士の試験範囲は行政書士の半分にも満たないレベルです。

また、行政書士・司法書士共に、しっかりと努力をして稼いでいる人が多数いることも事実です。営業や人脈作りなど、資格取得後も努力をできる人であれば、取得を検討して問題ないでしょう。
 
  • 公認会計士
ひろゆき氏
「公認会計士の将来性はあまり無いと思います。元々上場企業の監査ぐらいしか仕事がないのと、人間がやらなくて良いよねーって部分がだんだん増えていくので、難しいのではないでしょうか。」

「公認会計士って資格取っても食えないんすよ。今。公認会計士って会計事務所に入らないと、仕事がないんすよ。で、会計事務所って今採用絞ってるんすよね。」


「会計事務所も監査法人も人材を求めているのでは?」「公認会計士の仕事って監査以外にも多様に存在するのでは?」と我々は考えています。

税理士志望者の減少や会計事務所自体の増加、確定申告提出者の増加などの要因で会計事務所は人材不足ですし、監査法人も売り手市場です。コロナウイルスによる求人減少率も、他業界と比較して高いわけではありません。

また公認会計士は監査以外にも、パートナーとしての顧客企業の経営サポートや会計・財務コンサルタントなど、資格の活かし方が多様に存在します。そのため、公認会計士の需要が無くなることは、これから数十年の間ないでしょう。

このように、おすすめでない資格については妥当な部分も多い一方で、「これは少し違うのではないか?」「実際はこうなのではないか?」と感じる部分が少なからず存在するのも事実です。

資格Times編集部の見解やその根拠についても、こちら(https://shikakutimes.jp/topics/2561)の記事でより詳しくご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

◆信頼度No.1の資格総合サイト「資格Times」

今回はYouTube Liveでの発言を参考に、ひろゆき氏が取得をおすすめする資格・おすすめしない資格についてご紹介しました。

資格Timesでは、様々な資格・検定についての正確な情報発信を通じ、みなさまの「新たな学びへの一歩」を踏み出す一助になりたいとの思いから運営しております。

信頼度No.1の資格総合サイトとして有意義な情報提供を心がけて参りますので、今後ともよろしくお願いします。
資格Times:https://shikakutimes.jp

【お問い合わせはこちら】
株式会社ベンド
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-6-14 THE GATE 水道橋 4F
E-MAIL:info@thebend.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベンド >
  3. ひろゆき氏が取得をおすすめする資格は?YouTubeでの発言内容を詳しく調査!【資格Times】