教育版マインクラフトで廃校活用を実践するワークショップを全国13地域で開催〜Minecraftカップ2022全国大会〜

プロマインクラフターのタツナミシュウイチ氏が講師をつとめ、全国13地域でキャラバンイベントを実施

教育版マインクラフトをつかったデジタルものづくりコンテスト「Minecraftカップ2022全国大会」(主催:Minecraftカップ全国大会運営委員会)の応援企画として、2022年7月17日(日)より全国13地域にて開催いたします。

Minecraftカップ全国⼤会運営委員会は、2022年5⽉31⽇(火)よりエントリーが開始された「Minecraftカップ2022全国大会(以下、本大会)」の応援企画として「Minecraftカップ ワークショップキャラバン」を、全国13地域で開催いたします。
 

タツナミ先生による指導タツナミ先生による指導

 
  • 全国ワークショップキャラバンとは
タツナミシュウイチさんが全国13地区ブロックに赴き、Minecraftカップオリジナルのワールドを使ったワークショップを開催します。大会の認知拡大を目的に、Minecraftの教育効果を体験してもらえるような教材開発を行いました。全国ワークショップキャラバンにお申込みいただいた子どもたちが各会場にあつまり、社会課題について理解を深め、アイデアを出し合い、Minecraftの中で表現するプログラムとなっております。


【イベント詳細ページ】
https://minecraftcup.com/event/

 
  • 廃校を活用したワークショップ
全国各地でおこっている廃校利活用をテーマに、参加者のアイデアをMinecraft制作で表現するワークショップを行います。ワークショップを実施するにあたり、Minecraftのワールド上にリアルな小学校をご用意しました。

参加者には、廃校についての社会課題についての理解を深め、利活用についてアイデアをふくらませるグループワークをしていただいた上で、ワールドのなかの学校のリノベーションに取り組んでいただきます。教材については株式会社COLEYOの協力の下、制作いたしました。

2022年7月3日(日)に立命館大学で実施したトライアルワークショップでは、約25名の参加者が5つのグループになり、Minecraftでの実践に挑戦しました。

 

廃校の実情などについて学びます廃校の実情などについて学びます


Minecraft上の小学校には、教室やプール、体育館が再現されています。このワールドの建物を自由に壊したり、組み替えたり、並べ直したりしてリノベーションをしていきます。
 

Minecraftで再現された学校Minecraftで再現された学校

教室をリノベーションしていきます教室をリノベーションしていきます

小学校に併設されたプール小学校に併設されたプール


参加するこどもたちは、リノベーションアイデアをグループで出し合い、プランを作り、時間内にMinecraftでリノベーションを実践し発表します。
 

リノベーションのアイデアをつくりますリノベーションのアイデアをつくります

先生からヒントを得たり先生からヒントを得たり

考えたリノベーションプランをMinecraftで作っていきます考えたリノベーションプランをMinecraftで作っていきます

全員がいっしょになって作りあげます全員がいっしょになって作りあげます

最後はリノベーションプランを発表します最後はリノベーションプランを発表します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 講師「タツナミシュウイチ」
 

タツナミシュウイチ氏タツナミシュウイチ氏


タツナミ シュウイチ Tatsunami Shyuichi
Minecraftカップ全国大会 審査委員長
プロマインクラフター
Microsoft Innovative Educator FELLOW




2018年、マインクラフトマーケットプレイスにてアジア初、日本初の作品をリリースしプロのマインクラフターとなる。2021年9月、Microsoft Innovative Educator FELLOWの称号を米マイクロソフト社から授与。「情熱大陸(毎日放送)」「マツコの知らない世界(TBS)」「有吉ぃぃeeeee!(テレビ東京)」「TOKYO EYE(NHK)」など数々の地上波番組にプロマインクラフターとして出演、マインクラフトの教育的効果や面白さなどについて広く世間に発信を行い、現在もマインクラフトをプラットフォームとして活用した教育教材の制作や特別支援教育での活用を研究中。

 
  • Minecraftカップについて
学校教育の現場でも使われている「教育版マインクラフト」を使い、テーマに沿って作られたワールドを全国・世界から募集、内容を競い合う大会です。
プログラミング体験、およびデジタルなものづくりを通した問題発見・解決を目指すツールとして、世界的に人気のある「Minecraft」を活用し、全ての子どもたちがプログラミング教育や、デジタルなものづくりに触れることのできる機会の創出を目的に開催しています。今回で4回目となる本大会は、過去のべ7,742名の子どもたちからのエントリーがありました。

 

 

 
  • 詳細

【沖縄ブロック】
日程:2022年7月17日(日)13:00~16:00(入場受付開始/12:30~)
会場:沖縄県立図書館ホール
​(沖縄県那覇市泉崎1)

【中国ブロック】
日程:2022年7月23日(土)13:00~16:00(入場受付開始/12:30~)
会場:中国新聞社 本社会議室
(広島県広島市中区土橋町7-1)

【近畿ブロック】
日程:2022年7月24日(日)10:30~15:30(入場受付開始/10:00~)
会場:東大阪市立総合体育館 東大阪アリーナ研修室
(大阪府東大阪市中小阪4-7-60)

【四国ブロック】
日程:2022年7月25日(月)13:00~16:00(入場受付開始/12:30~)
会場:ちより街テラス ちよテラホール
(高知県高知市知寄町2-1-37)

【北海道海外ブロック】
日程:2022年7月31日(日)10:30~15:30(入場受付開始/10:00~)
会場:北海道新聞社 本社会議室
(北海道札幌市中央区大通西3-6)

【東北ブロック】
日程:2022年8月7日(日)10:30~15:30(入場受付開始/10:00~)
会場:仙台トラストシティ ラウンジ
(宮城県仙台市青葉区一番町1丁目)

【北関東信州ブロック】
日程:2022年8月10日(水)13:00~16:00(入場受付開始/12:30~)
会場:信濃毎日新聞社 長野本社講堂
(長野県長野市南県町657)

【北陸ブロック】
日程:2022年8月11日(祝木)13:00~16:00(入場受付開始/12:30~)
会場:新潟日報メディアシップ 20階そらの広場
(新潟県新潟市中央区万代 3-1-1)

【北九州ブロック】
日程:2022年8月14日(日)10:30~15:30(入場受付開始/10:00~)
会場:シーメイト 研修室
(福岡県糟屋郡志免町大字志免451番地1)

【南九州ブロック】
日程:2022年8月15日(月)13:00~16:00(入場受付開始/12:30~)
会場:びぷれす熊日会館
(熊本県熊本市中央区上通町2)

【南関東ブロック】
日程:2022年8月20日(土)13:00~16:00(入場受付開始/12:30~)
会場:藤沢商工会議所 502会議室
(神奈川県藤沢市藤沢607-1)

【東京ブロック】
日程:2022年8月21日(日)10:30~15:30(入場受付開始/10:00~)
会場:グリーンパレス
(江戸川区松島1丁目38番1号)

【東海ブロック】
日程:2022年8月28日(日)10:30~15:30(入場受付開始/10:00~)
会場:セントレアホール
(愛知県常滑市セントレア1丁目)

 
  • 主催
Minecraftカップ全国⼤会運営委員会
構成団体  :公益社団法人ユニバーサル志縁センター
        一般社団法人 ICT CONNECT 21 
運営委員長 :鈴木 寛 
副運営委員長:赤堀 侃司 
事務局長  :池本 修悟 
監事    :岡本 正 
ディレクター:土井 隆 

【公式サイト】
https://minecraftcup.com/

【お問い合わせ】
 Minecraftカップ全国大会運営委員会事務局 
(ユニバーサル志縁センター内) 

Mail      :info@minecraftcup.com 
受付時間:10:00~16:00(土・日・祝は除く) 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Minecraftカップ全国大会運営委員会 >
  3. 教育版マインクラフトで廃校活用を実践するワークショップを全国13地域で開催〜Minecraftカップ2022全国大会〜