お茶の水女子大学附属高等学校家庭科 × CLOUDY高校生とガーナのワーカーが協働した商品を販売

10月16日よりRAYARD MIYASHITA PARK店にて販売スタート


アパレルブランド「CLOUDY(クラウディ)」(運営:株式会社DOYA / 東京都渋谷区 / 代表取締役 銅冶勇人)は、国立大学法人お茶の水女子大学附属高等学校(東京都文京区)の生徒が企画し、ガーナの自社工場で生産した商品を販売開始致します。

学校とアパレルブランドによるエシカル教育
お茶の水女子大学附属高等学校の教諭は、2011年から家庭科の授業で「エシカルファッション」も取り入れながら、「エシカル教育」に取り組まれています。
生徒の実践的な学びを大切にされているこちらの授業プログラムの一つとして、CLOUDYとのコラボレーションが実現しました。
本取り組みでは、CLOUDY代表銅冶による特別授業でガーナ現地の情報や活動について高校生が学ぶだけでなく、CLOUDYの商品企画を授業の中で行っています。

まず、1年生全員が、授業でアフリカンファブリックを使用した商品を企画し、仕様書とサンプル品を製作。120作品の中からCLOUDY代表銅冶が選定した2作品をCLOUDYのガーナ自社工場で実際に商品化し、一般のお客様へ販売します。売り上げの10%は、代表銅冶と高校生で用途を話し合い、今までに、CLOUDYが連携する認定特定非営利活動法人Dooooooooがガーナに設立した学校の給食や教科書代となりました。
3年目となる今回の代表作品は、鍋敷きとしても使用出来る2way鍋つかみ、2サイズ展開の便利な巾着ショルダーバッグの2つ。CLOUDY RAYARD MIYASHITA PARK店にて10月16日(土)より限定販売致します。

商品の付属品にもこだわりがあります。
一つは、チョコレートの製造時に生じ、従来破棄されてしまうカカオ豆の皮を原料としたカカオペーパーをアフリカンファブリックの残布で取り付けたオリジナルタグ。高校生が製作したこのタグに記載されているQRコードを読み込むと、本プロジェクトの特集ページをご覧いただくことができます。
https://ochakou-cloudy.github.io/.github.io/sakuhinnsyoukai.html

さらに、ご購入頂いた方には生徒手作りのリーフレットをお渡ししています。
ここではプロジェクトの内容や生徒の声などを紹介。紙の素材は国産茶葉100%の茶殻を原料に配合した消臭効果のあるティーリミックス紙。お財布などに入れて二次利用していただけます。

高校生の学ぶ機会が現地の雇用へ還元される仕組み
生徒が企画した商品は全て、CLOUDYのガーナ自社工場で生産しています。
生徒たちは、単に作りたい物を作るのではなく、アフリカ・ガーナについて学んだ上で、アフリカという生産背景を意識しながら、何が出来るのか、どのように現地の活動に還元されているのか、を考えて取り組みます。
本プロジェクトは、ガーナ現地工場で働く、障がい者や貧困層の女性等45名の雇用を生み出しています。

 高校生に”きっかけ”を
企画・生産・販売とアパレルブランドの一連の流れを体験しながら、社会や未来について考える本プロジェクト。この活動が生徒にとって、エシカルな生活やアフリカを身近に感じ、自分も何かアクションしてみようと思えるきっかけになるよう願っています。
高校生とガーナのワーカーによって生まれたアイテム。ぜひCLOUDY RAYARD MIYASHITA PARK店にてご覧ください。

【商品概要】
商品名:2way なべつかみ
価格:2,750円(税込)

商品名:巾着バック
価格:Sサイズ 3,520円(税込) Lサイズ 4,070円(税込)

販売:CLOUDY RAYARD MIYASHITA PARK店
           にて10月16日(土)より販売

CLOUDY RAYARD MIYASHITA PARK店
東京都渋谷区神宮前6-20-10
RAYARD MIYASHITA PARK South 2F
03-6450-5110 11:00~21:00

【国立大学法人お茶の水女子大学附属高等学校 概要】
明治15年(1882年)に東京女子師範学校附属高等女学校として創立された、日本で最初の高等女学校であり、現在国立大学附属唯一の女子高等学校。
「基礎・基本を重視し、広い視野と確かな見方・考え方を持つ生徒」「自主・自律の精神を備え、他者と協働していくことのできる生徒」「社会において有為な教養高い女性を目指し、真摯に努力する生徒 」の育成が教育方針であり、「お茶高」の伝統となっている自由な校風は、これらの教育方針を背景に、生徒たちが主役となって醸しだされている。 大学の附属校として、先進的な授業の理論及び実践についての研究を行ない、現在は、文部科学省SSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定され、科学的視点を持つ女子の育成を目指している。

【CLOUDY概要】
“曇りの日をきちんと楽しんで生きる“。
世の中に溢れる問題をリデザインして、お客様とともに新しいファッションの可能性をつくり出す。
CLOUDYは雇用創出を目的とした自社工場をアフリカ(ガーナ・ケニア)にて運営し500名の雇用創出。アフリカの伝統の生地や素材を使用しながらクオリティと生産背景を重要視した商品を展開し、自身で運営するNPO、NGOを通じて、アフリカの雇用・教育・健康、そして環境問題のための活動に直接還元し、持続可能な循環型ビジネスを実現する。

設立:2015年1月
代表 : 代表取締役 銅冶勇人
常設店:東京都渋谷区神宮前6-20-10
RAYARD MIYASHITA PARK South2階
HP: https://cloudy-tokyo.com/
Instagram : @cloudy.tokyo
Twitter : @cloudy_tokyo

【認定特定非営利活動法人Doooooooo 概要】
2010年に設立された認定特定非営利活動法人。ケニアのスラムに住む子どもたちの支援から始まり、現在ではガーナに学校を建設し教育機会の創出を、工場を建設し雇用機会の創出を、給食提供や性教育を通した健康支援等の活動を実施。「まずは動く」をスローガンに、雇用・教育・健康を軸にアフリカへのアクションを続けている。

設立:2010年12月
代表 : 代表理事 銅冶勇人
所在地:東京都東京都渋谷区恵比寿1-16-26 協和ビル2F
HP: https://npo-doooooooo.org/
Instagram : npo_doooooooo
Twitter : @NpoDoooooooo

本件に関するお問合せ先:
認定特定非営利活動法人Doooooooo
03-6459-3946  info@doooooooo.org
 
  1. プレスリリース >
  2. 認定特定非営利活動法人DO >
  3. お茶の水女子大学附属高等学校家庭科 × CLOUDY高校生とガーナのワーカーが協働した商品を販売