期間限定の割引運賃の設定で二酸化炭素排出減少に貢献「グリーンフライデー」キャンペーンを実施

キャンペーンの認知向上を目的としたロンドン行き往復ビジネスクラス航空券のプレゼントも同時に実施

国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が今月英国スコットランドで開催され、世界的に地球温暖化および温室効果ガスの削減についての関心が高まるなか、キャセイパシフィック航空(本社:香港、最高経営責任者、オーガスタス・タン)は今月19日から29日まで、期間限定の割引運賃航空券の販売という独自の方法でサステイナブルな航空産業の発展への貢献を目指す「グリーンフライデー」キャンペーンを実施します。毎年11月の第4木曜日の翌日に北米を中心に開催される、大規模な小売店セールスシーズン「ブラックフライデー」をもじった形でキャンペーン名を設定し、同キャンペーンの認知向上を目的とした、ロンドン行き往復ビジネスクラスの航空券プレゼントも同時に実施します。


「グリーンフライデー」キャンペーンの期間中は、キャンペーン該当都市への航空券を割引コードにて公式ウェブサイトでご購入いただくと10%割引となります。また、割引航空券のみならず、期間中に購入された航空券※1は、当社が以前から実施している独自のカーボンオフセットプログラム「Fly Greener」に自動的かつ無料で適用となります。「Fly Greener」とは、搭乗フライトの飛行距離や使用機材などに基づき計算される二酸化炭素排出量に対してそれに見あう相当額を現金やマイレージで支払うことで、航空業界由来のCO2オフセットを推奨する第三者機関認証プロジェクトへ寄付ができるチャリティプログラムです。今回のキャンペーン期間内にご購入いただいた航空券については、その相当額の寄付をキャセイパシフィックが引き受ける形となります。

さらに、「グリーンフライデー」キャンペーンの認知向上を目的に、ロンドン行きビジネスクラス往復航空券プレゼント(1名様)をLINEの公式アカウントにて同時に実施します。「グリーンフライデー」キャンペーンの概要は以下の通りです。

カーボンオフセット付き10%割引航空券
特典航空券販売期間2021年11月19日(金)~29日(月)
対象旅行期間2022年4月1日(金)~9月30日(金)
出発空港東京(成田)、大阪
対象目的地
アムステルダム/パリ/フランクフルト/ミラノ/マドリード/ロンドン(ヒースロー)/マンチェスター/オークランド/ブリスベン/メルボルン/パース/シドニー
内容
カーボンオフセットプログラム「Fly Greener」への無料参加 
10%割引(対象クラス:エコノミークラス、プレミアムエコノミー、ビジネスクラス)
【購入方法】
キャセイパシフィックの公式ウェブサイトにて期間限定の割引コード※2を入力して航空券を購入

ロンドン行きビジネスクラス往復航空券プレゼント
応募期間2021年11月19日(金)~29日(月)
応募方法
①キャセイパシフィック航空公式LINEアカウントにお友だち登録
https://page.line.me/161mmyuk
②トーク画面上にあるメニューから「応募フォーム」をタップし、必要事項を入力

期間限定特別割引航空券の詳細や予約については下記URLよりご確認ください。
https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/offers/collection/green-friday-deals-2021.html

当社のカーボンオフセットプログラム「Fly Greener」の詳細については下記URLよりご確認ください。
https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/about-us/environment/fly-carbon-neutral-fly-greener/about-fly-greener.html

キャセイパシフィックのサステナビリティへの取り組みについて

当社は、サステナビリティという言葉が一般に認知される以前から、環境維持のための施策に積極的に取り組んできました。1996年には環境報告書を発行しており、2007年にはカーボンオフセット制度をアジアで初めて導入しました。また、2014年には持続可能な航空燃料メーカーであるフルクラム・バイオエナジー社に航空会社として初の出資をおこないました。直近では2019年から2021年にかけ、下記の3つの進取果敢な目標を発表しています。
 
  • 2030年までに、全燃料使用量の10%を持続可能な航空燃料で代替
  • 2050年までに、温室効果ガスの排出量を実質ゼロに
  • 2022年末までに、1億8900万個の使い捨てプラスチックの使用を終了(これは2018年の年間使用量の50%を削減することを意味します)

このような先進的な取り組みが評価され、先日開催されたCOP26の「ゼロ・エミッション輸送」というテーマにおけるセッションにおいて、当社会長のパトリック・ヒーリーは2030年までに燃料消費量全体の10%を持続可能な航空燃料(SAF)で賄うという目標と、アジアにおけるSAFの開発をいかにして加速させるかについてなど当社のサステナビリティへの意欲を他の名だたる業界のリーダーとともに語りました。
当社のサステナビリティへの取り組みの詳細は下記URLよりご確認ください。
https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/about-us/environment/overview/introduction.html 

※1:「グリーンフライデー」キャンペーン期間中にキャセイパシフィック公式ウェブサイトを通じて購入する全ての航空券が対象です。
※2:割引コードはhttps://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/offers/collection/green-friday-deals-2021.html にてご確認いただけます。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キャセイパシフィック航空日本支社 >
  3. 期間限定の割引運賃の設定で二酸化炭素排出減少に貢献「グリーンフライデー」キャンペーンを実施