【国内初!】スルガ銀行株式会社様 無担保ローンへの『SMBCクラウドサイン』導入について

スルガ銀行株式会社(代表取締役社長:嵯峨 行介、以下「スルガ銀行」)は、本日2022年6月17日(金)より、無担保ローン商品『クラウドローン専用目的別ローン』の契約に、SMBCクラウドサイン株式会社(代表取締役社長:三嶋 英城、以下「SMBCCS」)が提供する電子契約サービス『SMBCクラウドサイン』を導入したことを以下の通りお知らせいたします。
無担保ローンの契約において『SMBC クラウドサイン』を導入することは、国内初の事例となります。

 1. 導入の背景
スルガ銀行では、お客さまの利便性向上に向けた取り組みとして、無担保ローンビジネスのデジタライゼーションを図ってまいりました。その上で、この度デジタル化をより一層加速させるべく『SMBCクラウドサイン』を活用し証書貸付契約のデジタル完結を実現いたします。

2. 電子契約サービス『SMBCクラウドサイン』導入の意義
(1) お客さまの利便性向上
SMBCCSが提供するクラウド型電子契約サービス『SMBCクラウドサイン』は、従来 「紙とハンコ」で行っていた証書貸付の契約業務をオンラインで完結させるサービスです。これまで無担保ローン契約時に必要となっていた来店や郵送での、契約書への手書き記入・押印などの対応を不要とし、デジタル完結が可能となります。
スルガ銀行は、デジタル完結が可能なサービスを開始することで、コロナ禍以降における新たなCX体験をお客さまにご提供いたします。
 
【サービスイメージ】

ローン条件が確定した完成済みの無担保ローン契約書をスルガ銀行が送信者としてクラウド上にアップロードし、借主であるお客さまが受信者として承認するだけで契約を締結することができます。

(2) スルガ銀行にとってのデジタライゼーション
スルガ銀行は、『SMBCクラウドサイン』の導入により、無担保ローンビジネスにおけるコスト削減のみならず、紙で行っていた事務作業の大幅な削減、保管する契約書類の電子化を通して、生産性向上を実現いたします。
電子契約を無担保ローンへ導入し、個人のお客さまへご提供することは先駆的な事例となり、これを契機にスルガ銀行では様々な用途の契約手続きの電子化を検討してまいります。

SMBCCSでは、今後も金融機関様をはじめとする国内のデジタル化推進のパートナーとして、より一層サポートを加速して参ります。

【スルガ銀行コメント】
スルガ銀行株式会社 ダイレクト事業部 本多寛行 様
この度、SMBCクラウドサイン株式会社さまのサポートにより、無担保ローン「クラウドローン専用目的別ローン」の電子契約化を実現できました。
『SMBCクラウドサイン』は、使用方法がシンプルでわかりやすく、様々な手続きへの展開が期待できると思います。
今後スルガ銀行では、他の融資商品の契約手続きや、様々な諸手続きにも電子契約サービスの導入を進めてまいります。

【SMBCCSコメント】
SMBCクラウドサイン株式会社 事業企画部長 柳澤隆大
この度、スルガ銀行さまと共に無担保ローンへの『SMBCクラウドサイン』導入という新規プロジェクトをご一緒出来たこと大変嬉しく存じます。スルガ銀行さまは今日に至るまで社内外のあらゆる業務のデジタル化を進めてこられました。
今回の無担保ローンへの導入に関しても、検討を重ね実現をすることが出来ました。本取組は、スルガ銀行さまとお取引をされるお客さまの利便性を大きく向上させるものとして国内金融機関における先駆的な事例だと考えております。今後もスルガ銀行さまのデジタル化推進のパートナーとして、弊社も引き続き最大限のサポートをさせて頂きます。

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SMBCクラウドサイン株式会社 >
  3. 【国内初!】スルガ銀行株式会社様 無担保ローンへの『SMBCクラウドサイン』導入について