ラグビーの迫力を科学的に表現した「美術館」が登場⁉プレーの裏側にある緻密な戦略や戦術がアート作品に 「RUGBY ART EXHIBITION」開催

【丸の内15丁目PROJECT 第1弾】「ラグビー」×「アート」

 三菱地所株式会社は、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開幕1年前に向けてさらに機運を高めるために、「丸の内15丁目PROJECT」の一環として、ラグビーのプレーの裏側に込められた緻密な戦略や戦術をアートを通じて体感いただける「RUGBY ART EXHIBITION」を9月13日(木)から9月20日(木)まで、丸ビル1階マルキューブで開催します。

<「RUGBY ART EXHIBITION」の特徴>
●あの伝説の2015年「ラグビーワールドカップ™」日本対南アフリカ戦で大逆転劇を演じた
 ラスト4分間の攻防を科学的に分析し、1秒単位であの迫力を可視化したアート作品を展示
●東京藝術大学の学生・OBがラグビーの魅力をテーマにしたライブパフォーマンスを披露
「RUGBY ART EXHIBITION」イメージ「RUGBY ART EXHIBITION」イメージ

 会場では、「ジャイアントキリング」と称され歴史的な大金星となった「ラグビーワールドカップ2015」の日本対南アフリカのラスト4分間の攻防にフォーカスし、選手たちの走行データやパスの軌跡、選手の密度などを科学的に分析して、1秒単位で連続的に可視化し合計240枚のポスターで表現したアート作品を展示するほか、東京藝術大学の学生やOBがライブペインティングやコンサートを行い、ラグビーをアートや音楽で表現します。


■「RUGBY ART EXHIBITION」(ラグビーアート展)開催概要
イベント名】「RUGBY ART EXHIBITION」(ラグビーアート展)
【日   時】2018年9月13日(木)~9月20日(木)11:00~22:00
【場   所】丸ビル1階マルキューブ(東京都千代田区丸の内2-4-1)
【入 場 料】無料

【プログラム】
<ポスター展示>
日 時:9月13日(木)~9月20日(木)
内 容:日本が歴史的な大金星をあげた「ラグビーワールドカップ2015」の日本対南アフリカで、
    日本が劇的な逆転劇を演じたラスト4分間、すなわち歴史を変えた240秒の攻防を、
    走行データやパスの  軌跡、選手の密度などを基に科学的に分析し、1秒1枚、合計240枚の
    ポスターを連ねて表現したアート作品です。
    1枚のポスターには、1秒ごとのピッチ上の両チームの選手の動きが記号と矢印などで
    表現された戦略図と、そのときの過程や心情を補足する言葉が添えられており、
    1秒ごとのプレーの裏側にある戦略や心情を読み解いていただけます。
    また、ポスターがすべて透明になっているため、本来、平面的にしか見られない
    選手の位置・軌跡・密度が、重ねて見ることによって三次元的に繋がって見えるという
    仕掛けが施されています。
    このアートを通じて、新しい形でラグビーの魅力を体感いただけます。

ポスター展示イメージポスター展示イメージ

<東京藝術大学学生及びOBによるライブパフォーマンス>
・スペシャルコンサート
 日 時:9月16日(日)13:00~13:30/14:30~15:00
     9月17日(月・祝)15:00~15:30/16:30~17:00 ※時間帯は予定
 内 容:東京藝術大学大学生とOBのスペシャルユニットによるラグビーの魅力をテーマにした
     クラシックコンサートを行います。
 演奏者:井上祐吾(ヴィオラ)、大倉礼加(ヴァイオリン)、正田温子(篠笛・能管)、
     田中李々(ヴァイオリン)、成田七海(チェロ)

・ライブペインティング
 日 時:9月13日(木)~9月15日(土)ライブペインティング
     9月16日(日)~9月20日(木)作品展示
 内 容:ラグビーの魅力をテーマにしたライブペインティングを9月13日(木)から9月15日(土)まで
     3日間かけて行い、迫力のある作品をライブで完成させます。
 アーティスト:好川翔太郎、長谷川彰宏
 アート&ミュージックコーディネーション:伊東順二事務所


■ポスター展示イメージ(一部抜粋)

ポスター展示イメージ(一部抜粋)ポスター展示イメージ(一部抜粋)

 

 

「RUGBY ART EXHIBITION」ロゴ「RUGBY ART EXHIBITION」ロゴ

■「RUGBY ART EXHIBITION」ロゴ

 RUGBY ART EXHIBITIONのメイン展示である、
 240枚のポスターが並んでいる様を
 シンプルに図案化したもの。


 

「丸の内15丁目プロジェクト」ロゴ「丸の内15丁目プロジェクト」ロゴ

■丸の内15丁目プロジェクトとは
 ラグビーの選手数である“15”人にちなんで名づけられた架空の街“丸の内15丁目”を中心に繰り広げられる「丸の内15丁目PROJECT」は、 「ラグビーワールドカップ2019」 のオフィシャルスポンサーを務める三菱地所が、「ラグビーワールドカップ2019」開幕に向けてさらに機運を高めるため、今までにない新たなラグビーの魅力を体験できるイベントを丸の内エリアを中心に展開するプロジェクトです。

 大会1年前を迎える9月13日(木)~20日(木)の期間には、ラグビーのインテリジェンスな魅力に着目し、ラグビーをテーマにした「美術館」、「ビジネススクール」、「映画館」を展開し、イベントを開催します。

「丸の内15丁目」 サイト:https://marunouchi15.com/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱地所株式会社 >
  3. ラグビーの迫力を科学的に表現した「美術館」が登場⁉プレーの裏側にある緻密な戦略や戦術がアート作品に 「RUGBY ART EXHIBITION」開催