地域包括ケアシステムを支える、介護サービスが見える!

リビングラボとともに、ミルモブック横浜市戸塚区版を発行

株式会社ウェルモ(代表取締役CEO:鹿野佑介、以下ウェルモ)は、2019年2月とつかリビングラボとともに『ミルモブック戸塚区版』を発行しました。これは、専門職向けのWebシステム「ミルモネット」に横浜市戸塚区内にある介護サービスの情報を集め、その情報の一部を冊子としてまとめたものです。


■「ミルモネット」とは

地域でご高齢者の暮らしを支えるための情報をまとめたプラットフォーム。ケアマネジャーなどの専門職を対象に公開し、介護事業所などの情報を検索、比較、分析できるWebシステムです。現在ウェルモは、戸塚区はじめ横浜市一部地域でミルモネットを展開し、専門職の方々がご利用者により幅広い選択肢をご提示できるよう情報のデータベース化を進めています。

 

■「とつかリビングラボ」とは

地域での多様な主体の対話と共創によって、新たな取り組みやビジネスを創発するプラットフォーム。住民、企業、NPO法人、医療機関、社会福祉法人、大学、行政など、それぞれの得意なこと・知見をリビングラボに持ち寄り、地域を実験の場としてトライアルを試みることで、社会課題の新たな解決策を模索しています。ウェルモは、とつかリビングラボのこの取り組みに参画しています。



■本件に関する問合せ先
株式会社ウェルモ 東京オフィス 担当者:池田
Tel:03-6205-7308 Mail:ikeda_c@welmo.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウェルモ >
  3. 地域包括ケアシステムを支える、介護サービスが見える!