大同生命保険が実施する「DAIDO Sustainability INITIATIVE」 に森未来が採択されました

 木材コーディネート事業を展開する株式会社森未来(本社:東京都港区 代表取締役:浅野純平 以下、森未来)は、T&D保険グループの大同生命保険株式会社(本以下、大同生命)が実施する、サステナビリティ経営(※)支援プログラム「DAIDO Sustainability INITIATIVE」 において、社会課題の解決に資する技術・アイデアを有する企業として採択されたことをお知らせいたします。

(※) 「サステナビリティ経営」とは、環境・社会の持続可能性に配慮し、SDGsを経営に組み込むことで、事業の持続的成長を図ること。

 







 
  • 森未来について
 森未来は、自立可能な森林経営の実現に貢献し、持続可能な森林を次の世代へ繋ぐ「Sustainable Forest」をミッションに掲げています。

 現在は、国産材の需要創出のため、設計士・内装デザイナー等の方々に対し、主に国産材のコーディネートサービスを提供しています。本サービスでは、当社が保有する日本全国の林業者・製材所・材木店等とのネットワークを駆使し、設計士・内装デザイナー等の方々のコンセプトを体現する木材の検索・見積提案・調達・加工・施工および納品後のケアまで、トータルにサポートするサービスです。流通経路が透明化されたサステナブルな材やエシカルな材など、SDGs観点でのコーディネートも行っています。
 また、木材に関するあらゆる情報を集約した、木材プラットフォーム「eTREE(イーツリー)」(https://www.etree.jp/)も運営しています。

 この度の採択は、森未来が掲げるミッションのもとに展開する事業およびプロダクトが、社会課題の解決に資するものとして評価されたことによります。

・社名:株式会社森未来(https://shin-mirai.co.jp/
・設立:2016年4月
・代表:代表取締役 浅野 純平
・住所:東京都港区芝5-27-6 泉田町ビル6F
 
  • 「DAIDO Sustainability INITIATIVE」について
 「DAIDO Sustainability INITIATIVE」は、中小企業におけるサステナビリティ経営を支援するプログラムで、大同生命が2021年11月より取り組みを開始しました。

 本プログラムは、地域や業種を超えて、様々な中小企業経営者がサステナビリティ経営の意義を共有し、技術やアイデアを持ち寄ることで、温暖化や気候変動等の社会課題に関するソリューションの活用や、新たな企業間連携の創出を目指すものです。
 
  • 採択企業発表会への登壇について
 森未来は、大同生命が2022年6月23日(木)に開催する「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」に採択企業として登壇し、当社の事業概要を紹介いたします。

(※)イベントの詳細は以下のリンクからご覧いただけます。
https://www.daido-life.co.jp/knowledge/sustainability_initiative/event.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 森未来 >
  3. 大同生命保険が実施する「DAIDO Sustainability INITIATIVE」 に森未来が採択されました