【国内初の世界でも稀なブルワリー】12月12日(月)那覇空港に「空港内クラフトブルワリー併設レストラン」がオープン

コンセプトは「非日常~旅の余韻と旅気分~」

ヘリオス酒造株式会社(沖縄県名護市字許田405番地 代表取締役 松田亮)は、12月12日(月)に国内初となる空港内クラフトブルワリー併設レストラン「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」を那覇空港にオープンいたします。

 

ヘリオス那覇エアポートブルワリーヘリオス那覇エアポートブルワリー

ヘリオス那覇エアポートブルワリーは、沖縄の空の玄関口「那覇空港」の開放的な吹き抜けを望む国際線エリア4階にオープン。ガラス越しに熟成タンクや仕込窯を眺めながら目の前で造られるできたてのクラフトビールを楽しんでいただける、国内初の世界でも稀な「空港内クラフトブルワリー併設レストラン」です。


メニューには、空港で造られるビールのほかヘリオス酒造本社名護ブルワリーで造られるビール、そしてビールをより美味しく楽しめるこだわりの料理を取り揃えております。また店内は、大きなスーツケースをお持ちのお客様、ベビーカーや車いすをご利用のお客様にもお越しいただきやすい広々とした造りとなっています。​
 
  • コンセプトは「非日常~旅の余韻と旅気分~」
沖縄にご旅行中のお客様には旅の余韻に浸っていただきながら。県内の皆様には旅気分に浸っていただきながら。非日常の空間で心ゆくまでクラフトビールを味わっていただけるお店を目指しています。
 
  • 最初の一杯は、日本では珍しいインペリアルラガー

ヘリオス那覇エアポートブルワリー最初の一杯は、とびきりの苦さが特徴、3種類のホップを贅沢に使った「インペリアルラガー」。ホップ由来のぶどうの香りと、ラガーらしいすっきりとしたのどごしの後に来るガツンとした苦味を楽しんでいただける特別な一杯です。
 

  • 現役26年、年季の入ったビアタップ

皆様に空港できたてのビールを注ぐのは、ヘリオスブルワリーが沖縄初のクラフトビール造りをスタートした1996年から26年間、現役で活躍してきた年季の入ったビアタップ。カウンター席には、ビアタップ越しに飛行機を眺めながらビールを味わっていただけるお席もご用意しております。

「現役26年」年季の入ったビアタップ「現役26年」年季の入ったビアタップ

 

  • ビールをより美味しく楽しめるこだわりの料理

イタリア産の小麦を独自に配合しビールに合うように薄いパリパリに仕上げたピザは、注文を受けてからその生地から作り始め、本格的なピザ釜で焼き上げます。素材にこだわり県産野菜を使った「オリジナル島風ピザ」や、ヘリオス自社ファームで収穫された島とうがらしを使ったとびきり辛い「ピリピリスパイシーピザ」を提供いたします。また、噛むほどに豊かな味わいをご堪能いただける18ヶ月熟成させたスペイン産の特別な生ハム「ハモンセラーノ」はお客様の目の前で切り分けサーブいたします。できたてクラフトビールとご一緒に、贅沢な気分を味わっていただければ幸いです。
 

  • 店舗情報

■店舗名「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」
■所在地 沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港国際線エリア4階(4W-02)
■電話 090-8746-1996

■営業時間:11:00~20:00(ラストオーダー19:00)
■定休日 無休(施設に準ずる)
 

  • ヘリオス酒造公式SNS
​Facebook :https://www.facebook.com/HeliosSyuzo
Instagram:https://www.instagram.com/helios_syuzo
Twitter   :https://twitter.com/HeliosSyuzo
ヘリオス酒造コーポレートサイト
https://helios-syuzo.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヘリオス酒造株式会社 >
  3. 【国内初の世界でも稀なブルワリー】12月12日(月)那覇空港に「空港内クラフトブルワリー併設レストラン」がオープン