平成30年7月豪雨災害に対する支援について

先般の西日本を中心に広範囲にわたり甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

日本におけるジョンソンコントロールズ インターナショナルのグループ会社であるジョンソンコントロールズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉田 浩)ならびに日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社(本社:東京都港区、CEO:フランツ・サーウィンカ)は、このたびの豪雨により被災された方々に対する救援活動および被災地の復興に役立てていただくために、ジョンソンコントロールズ株式会社および日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社から、アメリカおよび世界約40の国と地域で活動する民間非営利組織United Way Worldwideの日本におけるパートナーである中央共同募金会を通じてそれぞれ100万円ずつ、合計200万円を義援金として寄付することを決定いたしましたのでお知らせいたします。ジョンソンコントロールズは、米国本社所在地である米国ウィスコンシン州において、United Way Worldwideに最大の貢献を行っている企業の一つとして知られています。

また、上記に加えて、両社において従業員および労働組合による募金活動を実施しております。


ジョンソンコントロールズグループでは、被災地の一日も早い復旧と復興を心よりお祈り申し上げます。

ジョンソンコントロールズ インターナショナルについて
ジョンソンコントロールズは、世界150ヵ国以上のお客様に多様なテクノロジーを提供する業界トップクラスのグローバル多角産業企業です。約12万人の従業員がシームレスに連携し、スマートシティやスマートコミュニティを実現するインテリジェントビル、エネルギー効率化ソリューション、統合インフラ、次世代輸送システムの開発に取り組んでいます。ジョンソンコントロールズのサスティナビリティへの取り組みは、創業のきっかけとなった世界初の電気式室内サーモスタットが発明された1885年にまで遡ります。詳細は、http://www.johnsoncontrols.comをご覧いただくか、またはTwitterで@johnsoncontrolsをフォローしてください。

ジョンソンコントロールズ株式会社について
ジョンソンコントロールズ株式会社は、ジョンソンコントロールズ インターナショナル(Johnson Controls International, Plc.)の日本法人(本社: 東京都渋谷区、 代表取締役社長:吉田 浩)です。建物のライフサイクルを通じた効率化を促進する中央監視、自動制御機器、空調冷熱機器、冷凍機、セキュリティシステムの製造、施工、保守、ならびに運用コンサルティングを提供しています。国内での導入業種はオフィスビル、商業施設、医療機関、教育機関、スポーツ施設、交通機関など多岐にわたり、数多くのランドマーク的存在の建物における施工実績があります。1971年6月設立。国内45事業拠点。詳細はwww.johnsoncontrols.co.jp をご覧ください。

日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社について
日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社は、米国ジョンソンコントロールズ インターナショナル(Johnson Controls International, Plc.) と日立アプライアンス株式会社によって2015年10月に設立されたグローバル空調メーカーです。約16,000名の従業員が世界約80ヶ国において高品質の家庭用、業務用製品、サービス、ソリューションを提供しています。お客様の期待を常に上回るダクトレスソリューション、チラー、家庭用空調まで、世界でもっとも多様なHVAC製品を展開しています。詳細はhttp://www.jci-hitachi.comをご覧ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社 >
  3. 平成30年7月豪雨災害に対する支援について