長引くコロナ禍でも開催OK!!どこからでも参加できる、オンライン防災イベント「おうち防災運動会」を開催しませんか?

おうちだからこそできる楽しく学べる防災、それが「おうち防災運動会」!

オンラインチームビルディング型謎解き脱出ゲーム「リモ謎」や老若男女が楽しめる世界一平和な合戦「チャンバラ合戦」など、ユニークなあそびをリリースしてきた株式会社IKUSAが、コロナの長期化を見据え、開発したサービス、それが「おうち防災運動会」です。

 

 

​「おうち防災運動会」はこれまでNHK「おはよう日本」やTBS「Nスタ」などで取り上げられた他、2020年度【防災訓練部門】にてグッドデザイン賞を受賞した『あそび防災プロジェクト』の一つでもあります。そして直近では兵庫県西宮市初開催として満員御礼をいただきました。



【定員到達】西宮市初開催「おうち防災運動会」のご案内

 :https://www.nishi.or.jp/event/moyoshi/1063169202010.html

『あそび防災プロジェクト』は、「自分で助かる、他人を助ける人をゼロから1へ」をビジョンにしたプロジェクトです。「おうち防災運動会」の他にもワークショップ型で限りなく非接触で親子で楽しめる「防災ヒーロー入団試験」や実際に体を動かし防災知識を学ぶ団体向けイベント「防災運動会」など様々なアクティビティを開発しています。

来年で東日本大震災から10年が経ちます。人々の意識は図らずとも薄れてきてしまうもの。防災を日々の常識に変えるため、大人でも子どもでも参加しやすいイベントにすることで、防災イベントへの参加のハードルを下げ、「やらないと」から「やってみたい」と思える防災へ。多くの人へおうちだからこそ可能な防災体験を届けます。

【 グッドデザイン賞審査委員のあそび防災プロジェクトへの評価コメント 】
悲しい事に、災害はいつ起こるかその予測は難しく、そしてそれは毎年の様に起こり続けている。もちろんこれまでにも防災訓練は地域や企業内で行われてきたが、この取り組みは体験しながら学ぶ、やってみたいと思える防災へ変えた方法論のデザインが評価された。同様の取り組みがある中、ある意味正攻法のアプローチで安価に実施できそうな点も好ましい。

【 おうち防災運動会を勧める理由 】
災害が多発する日本において災害時にとっさの判断できる「自分が生かす、他人を助けられる人」を増やしていく必要があります。「新しい生活様式」の中だからこそ防災知識を学び、「自助・共助」の知識を養わなければなりません。「おうち防災運動会」は旧来型の防災イベントには参加しない、忙しくて防災を学ぶ機会を設けられないビジネスマンや社会人向けに、直接会いにくいからこそ「どこからでも参加しやすく」「楽しく」今の時代に合った新しい形の防災イベントなのです。


【プロジェクト理念】
 

 


【 おうち防災運動会のコンセプト 】


おうち防災運動会は、オンラインでみんなで防災を体験できる、新しい防災イベントです。ビデオ通話ツールを用いて行う様々な競技を通して、防災を楽しく学ぶことができます。また「家」にいるからこそ学べる防災知識や家族の参加も想定した競技があることが特徴です。
各種目はフェーズに分かれ、事前の準備から災害発生から避難時や避難所生活など災害時の各フェーズをテーマに設計されており、参加者はその順番に競技を行うことで防災の理解を深めることができます。

【 おうち防災運動会の強み 】


オンラインでみんなで参加できるチームビルディングイベント
独自のおうち防災運動会システムを開発、オンラインでも運動会の臨場感をそのまま楽しめる
「遊び」と「防災」両方のプロである株式会社IKUSAだから生み出せた楽しさと学びを両立させたコンテンツ
「おうち防災運動会」は災害が起こった時に起こりうることを競技を通じて学ぶことができます。

オンラインだからこそできるイベントを探している。
多拠点でのチームビルディングを行いたい
運動会をしたいけれど集まることができない
社員や社員の家族の防災意識を高めたい
こういった課題や悩みを解決できるオンライン防災イベント、それが「おうち防災運動会」です。

【 防災運動会の主な種目 】
1.おうち探検!非常食捜索トライアル


この競技は災害発生前の事前準備を学ぶことができる競技です。
災害発生時に外部から食料が届くまで最低3日かかると言われております。
3日分の食料と水の量を「ローリングストック」の考え方を基に学ぶことができます。
オフィスの備蓄管理を再確認したり、家族で備蓄について話し合うきっかけになる競技です。

2.防災間違い探しオンライン


この競技は災害発生時に自分たちの安全確保の仕方を学ぶことができる競技です。 
VTRを見ながら防災上の間違いを探せ!?キッチンや寝室、リビングなどおうちの中で防災おじさんの言動にある間違いを探そう!みんなで考えみんなで探し、みんなで話し合う新感覚間違い探し!防災間違い探しオンライン!

3.おうち防災借り物競争


この競技は災害発生直後~避難生活について学ぶことができる競技です。
災害が発生した際何が起こるかわかりません。
生活必需品が確保できないこともあります。
その際には目の前にあるものを使って生活しなければなりません。
競技を通して災害に起こりうる災害シチュエーション(お題)への対応力を
学んでいただく競技です。

4.防災謎解き 崩れゆく会議室からの脱出


この競技では、大人気の謎解きゲームを通して防災知識を学べます。
舞台は、巨大地震により耐震システムが破損してしまった会議室。
耐震システムを復旧させるためには、仲間と協力して謎を解き明かす必要があります。
防災知識やひらめきをメンバー同士で共有しながらゲームを進めることで、チームビルディング効果も実感できます。 


【サービスサイト】
おうち防災運動会:https://ikusa.jp/service/ochi-bosai-undokai/
あそび防災プロジェクト:https://asobi-bosai.com/


【会社概要】
ミッション:世界のあらゆる人が遊ぶ 機会 場所 仲間を生み出す
ビジョン :遊びの価値を高める
会社名  :株式会社IKUSA(英語表記 IKUSA Inc.)
設立   : 2012年5月29日
本社所在地: 東京都豊島区東池袋2-39-2 大住ビル1001
大阪事務所:大阪府大阪市淀川区十三東1-20-3 ザ・グランドビューオオサカ804
役員   :代表取締役 赤坂大樹
事業内容 :イベント企画運営、WEBコンサルティング支援
   
【その他サービスサイト一覧】
IKUSA.jp       :https://ikusa.jp/
リモ謎       :https://ikusa.jp/service/remote-work-mystery/
チャンバラ合戦   :https://tyanbara.org/
謎解きコンシュルジュ:https://nazotoki-concierge.com/ 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. IKUSA >
  3. 長引くコロナ禍でも開催OK!!どこからでも参加できる、オンライン防災イベント「おうち防災運動会」を開催しませんか?