100カ国以上、2500社以上に導入の「OneTrust クッキー同意管理バナー」のWEBサイトローンチ

2020年の個人情報保護法改正に向けて、クッキー規制対応ガイドブックを無料で公開中。

スパイスファクトリー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:高木 広之介)は、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)が提供する「OneTrust クッキー同意管理バナー」のWebサイト(https://cookie.bizrisk.iij.jp/)の制作、公開をいたしました。
今後も本サイトのコンテンツを拡充していくなかで、世界をまたにかけてビジネスを展開する日本企業のプライバシー保護とセキュリティの両面から支援を続けていきます。
 OneTrust クッキー同意管理バナーでは、各国プライバシー保護法で必要なクッキー規制への対応を、それぞれの法律に準拠するようクッキー同意管理ツールで容易に設定することが可能です。その他、GDPR(※1), CCPA(※2)に対応した各種テンプレートの多言語対応(50言語)、Webサイト訪問者の同意管理、各種取得情報のエクスポートなど、各国プライバシー保護法を準拠し、かつワンストップで管理・運用が可能になります。

米国OneTrust社は世界最大規模のプライバシー管理ソフトウェアベンダーで、同社のプライバシー管理ソフトウェアは世界で100カ国以上、2,500社以上に導入、約1,800万個の世界最大のクッキーデータベースの保有・運営を展開しています。

現在、世界各国でプライバシー保護に関する法案改正が一斉に進んでおり、違反企業には制裁金が課される等、取り締まりも大幅に強化されています。日本でも今年の改正個人情報保護法で一定の条件のもと規制対象となる可能性があります。

IIJは米国OneTrust社認定販売パートナーとして、グローバルに展開する日本企業を支援するとともに、本Webサイトではプライバシーや個人情報保護について日本語で分かりやすいコンテン ツ等を発信して参ります。

スパイスファクトリーは、企業のセキュリティ・コンプライアンス・プライバシー保護に関する取り組みをサポートすべく、今後もIIJと共にプロジェクトを推進して参ります。

※1 General Data Protection Regulation:一般データ保護規則、 1995年から現在に至るまで適用されている「EUデータ保護指令(Data Protection Directive 95)」に代わり、2016年4月に制定。EU域内の事業者だけでなくEU域外の事業者にも適用される。
※2 California Consumer Privacy Act:カリフォルニア消費者プライバシー法、 2020年1月より施行。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スパイスファクトリー株式会社 >
  3. 100カ国以上、2500社以上に導入の「OneTrust クッキー同意管理バナー」のWEBサイトローンチ