Partnerize、Accel-KKRが主導する投資ラウンドで5,000万ドルの資金を調達

Partnerize、Accel-KKRが主導する投資ラウンドで5,000万ドルの資金を調達

人工知能(AI)を利用したパートナーオートメーション分野のリーディングカンパニーへの投資を通じ、その成長を加速
Partnerize、Accel-KKRが主導する投資ラウンドで5,000万ドルの

人工知能(AI)を利用したパートナーオートメーション分野のリーディングカンパニーへの投資を通じ、その成長を加速

カリフォルニア州サンフランシスコ[2020212] グローバルブランドを対象としたパートナーオートメーションソリューションPartnerizeAccel-KKRが主導する投資ラウンドにおいて5,000万ドルの成長資金を調達することを発表しました。今回の増資には、シリコンバレー銀行とのデットファシリティの拡大も含まれています。Partnerizeは当資金を利用し、人工知能(AI)を利用した業界最先端のパートナーオートメーションプラットフォームのイノベーションを加速させるとともに、地域とグローバル両面での市場開拓に向けた取組みをサポートします。またAccel-KKRプリンシパルのJoe Porten氏が、Partnerize取締役会に参加する予定です。

Accel-KKRプリンシパルのJoe Porten氏は次のように述べています。「Fortune1000ブランドの大多数はパートナーシップを通じて利益を生み出しており、その額は総売上高の20%以上に達しています。Partnerizeのインテリジェントパートナーオートメーションプラットフォームは、そのパートナーエコシステム全体で300社以上のグローバルブランドの業績を押し上げる力となっています。Partnerizeは、米国と主要国際市場の双方において存在感を高めていることから、今後大きく成長し、業績が上振れすると考えています。Partnerizeは、パートナーオートメーション分野に変革をもたらし続けています。そのため私たちは、共同設立者でCEOのMal CowleyをはじめとするPartnerizeチームとともに事業に取り組むことを心待ちにしています」

に向け、パートナーシップへの取組みを開始するビジネスリーダーが増えつつあります。そのため、パートナーシップチャネルのセグメントの多くが堅調な成長を示しています。例えば、グローバルインフルエンサーによるマーケティング投資が急増し、2019年には推定で80億ドルに達しています。一方、従来のペイ・フォー・パフォーマンス(成果連動)型デジタルチャネルの収益も、引き続き堅調な伸びを示しています。さらに現在では、CPAパートナーシップ契約を導入するメインストリームメディア企業が増加し、他のリーディングブランドとの共同マーケティング契約を締結する大手ブランドの数も増加しています。リーディングブランドの多くでは、パートナーシッププログラムに関するROAS(広告費用対効

Partnerizeを特徴付けているのが、柔軟性と汎用性です。各顧客は弊社のプラットフォームを利用し、共同マーケティングプログラムやコンテンツパブリッシャーとのパフォーマンス取引、インフルエンサーマーケティング、ロイヤルティプログラム、アフィリエイトなど、多様なパートナーシップを育成しています。例えば、Partnerizeプラットフォームを利用することにより、専門小売業者と航空会社による共同マーケティングパートナーシップの推進や、大手ブランドとコンテンツパブリッシャーとの長期パートナーシップ契約の締結、大手ブランドとスポーツチームとの接点を広げるクロスチャネルの強化が実現しています。Partnerizeのパートナーオートメーションソリューションが世界の大手小売業者65社、国際航空会社12社、世界最大手の通信事業者8社、さらにはその他のグローバル企業200社以上から推薦されてい

パートナーシップの管理は、あらゆる企業にとっての課題となっています。またこのようなパートナーシップに対する大手ブランドの投資額が増加していることから、摩擦も大きくなっています。Partnerizeプラットフォームは、パートナーマネジメントのあらゆる要素を自動化し、弊社独自のAIを通じてパフォーマンスの改善と最適化を実現することにより、これらの課題を解決します。弊社のプラットフォームは注文額を増やし、ブランド全般の収益を高める一方で、受注1件あたりのコストを抑え、顧客生涯価値の向上に資するとともに、グローバルな事業展開を可能にします。

Ancestry®のグローバルパートナーマーケティングリーダーを務めるSean McQuaid氏は次のように述べています。「Ancestryの事業は極めてダイナミックであり、多岐にわたっています。そのため、私たちはさまざまなタイプのパートナーと協働で成長を推進しています。私たちは従来のCPAメディアから高品質コンテンツパートナー、デジタルインフルエンサーからAPI主導型パートナーシップまで、あらゆるトップ企業と協力しています。Partnerizeを利用すれば、単一のプラットフォームで主要なパートナーシップを全て管理することが可能となります。そのため効率性が向上し、より効果的に最適化を実現することができるのです」

Partnerizeの共同設立者であるCEOのMal Cowleyは、次のように述べています。「Accel-KKRとの提携は、私たちにとっての誇りです。同社は、全世界のソフトウェア分野と技術分野いて成長志向の高い企業への投資に重点を置く世界有数の投資会社です。私たちは、パートナーシップ業界には大きな成長の可能性があり、AIには状況を一変させる力があるという信念を共有しています。今後、新たなレベルの成功が実現することを心待ちにしています」

技術顧問・投資会社のGPBullhoundは、今回の最新の資金調達ラウンドにおいて、Partnerizeの財務顧問を務めました。


Partnerizeについて

Partnerizeは、パートナーシップオートメーションのリーディングカンパニーです。AIを利用したPartnerizeのパートナーオートメーションプラットフォームは、この急成長している販売チャネルから過去に類をみないROI(費用対効果)を生み出すために不可欠なデータ主導型インテンリジェンスを基盤とした業界最先端の管理ツールを提供します。大手小売業者65社、国際航空会社、最大手の通信事業者8社、その他のグローバル企業200社以上を含む世界のリーディングカンパニーにPartnerizeプラットフォームをご利用いただいています。パートナープログラムの売上高は毎年60億ドル以上、処理される支払額は5億ドル以上にのぼります。Partnerizeを利用してパートナーシップを育成し、事業を成長させる方法の詳細については、https://partnerize.com/jpを参照してください。

Accel-KKRについて

出資約束金額が90億ドルを超える投資会社であり、テクノロジー分野を中心とする事業を行っています。同社は、増収・増益の実現に向けた態勢が整っているソフトウェア企業とIT導入企業を中心に投資しています。Accel-KKRの投資戦略の核となっているのが、ポートフォリオ会社の経営陣との強固なパートナーシップを構築するという公約と、Accel-KKRネットワークを通じて豊富なリソースを利用可能とし価値を生み出す重点的な取組みです。Accel-KKRは主に中堅企業に投資し、企業買収資本やマイノリティ成長投資、クレジット・オルタナティブなど、幅広いキャピタルソリューションを提供しています。またプライベートカンパニーの資本再構成、事業部門のカーブアウト、非公開化取引など、さまざまなタイプの取引にも投資しています。Accel-KKRは米カリフォルニア州メンロパークに本社を構えており、さらにアトランタ、ロンドン、メキシコシティにも営業www.accel-kkr.comを参照してください。
 
  1. プレスリリース >
  2. PARTNERIZE >
  3. Partnerize、Accel-KKRが主導する投資ラウンドで5,000万ドルの資金を調達