アリオン、世界初のWi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2認証ラボに認定

~Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2認証サービスを提供開始~

【ニュースの概要】
・WFAより、Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2認証試験機関に認定
・Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2関連認証プログラムおよびコンサルティングの提供を開始
・Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2の新機能と認証取得をする際の注意点などをまとめ

【記事URL】
https://www.allion.co.jp/news-center/approved_test_lab_allion_wifi_certified_6_release2/
第三者認証試験、品質検証、およびコンサルティングの総合的な第三者検証ソリューションを提供するアリオン株式会社(東京都 品川区、代表取締役社長:中山英明 以下「アリオン」 )のグループ本社であるAllion Labs Inc.(本社台湾・台北市、CEO:Summer Chien)が、無線LAN標準化団体であるWi-Fi Alliance(以下WFA)より、2022年1月6日、世界初のWi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2認証試験機関としての認定を受けました。本認定により、アリオンはWi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2認証プログラムおよびコンサルティングの提供を開始いたします。

Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2認証プログラムはIEEE 802.11axテクノロジーをベースに準拠しています。Wi-Fi 6がサポートするすべての帯域(2.4GHz、5GHz、6GHz)に対応可能で、複雑かつ混雑する環境においても通信パフォーマンスを確保して実施されます。

Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2は下記の機能が含まれます。
1. アップリングでのマルチユーザーMIMOUL MU-MIMOのサポート
多くのユーザーはWi-Fiを使ってインターネットに接続し、データのやり取りをしたり、動画やビデオをアップロードしたり、クラウドに接続して広範囲なデータのやり取りをしたりと、さまざまな活動を行っています。ダウンリンクのデータしか伝送できないWi-Fi CERTIFIED 6 Release 1に比べ、Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2は、アップリンクの性能を向上させ、レイテンシーを低減します。

2. 低消費電力管理機能を強化
デバイスの電力管理を改善することで、IoT機器への活用が期待されます。Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2では、消費電力を削減できるよう3つの方法を強化しました。

・スリープ時間を延長:これにより電力消費を最適化します。
・ブロードキャストTWT(Target Wake Time)をサポート:接続されたデバイスがデータを送受信するためのアクティブ化頻度を決定できるため、バッテリーの電力を節約できます。
・Spatial Multiplexing Power Save(SMPS)を追加:クライアントデバイスは冗長データの受信をオフにでき、デバイスは低電力モードでのバッテリ寿命を延ばすことが可能です。

3. 伝送距離延長
ER SU PPDUを通じて伝送距離はより延長されるほか、安定した通信速度と接続などの特徴があります。

4. WPA3に対応
Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2には最新のWi-Fiセキュリティ(WPA3)にも対応し、SAEハンドシェイクによる個人ユーザーに優れた保護機能を提供します。また、WPA3接続でPMF(保護管理フレーム)を使用することで管理フレームを保護し、Enhanced Openを通じてオープンネットワークの安全性を強化します。

Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2の認証を取得するために必須の試験項目が以下です。


2004 年から無線検証の分野で実績を重ねてきたアリオンは、Wi-Fi Alliance公認の試験機関として、Wi-Fi認証試験や無線デバイスに関する潜在リスクの検出・製品の安全性向上をお手伝いしています。

Wi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2認証についてご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。
アリオン株式会社 お問い合わせ窓口:service@allion.co.jp

※本 Web サイト上に記載されている団体名、会社名、製品またはサービスの名称などは、各社、各団体の登録商標または商標です。
 
  • アリオン株式会社 概要
アリオンは創業以来、IT/家電製品を始めとした認証・検証を事業の柱としています。Wi-FiやBluetooth、LoRa、Wi-Sun、ZETAなどの無線認証プログラムを提供するほか、USBやDisplayPort、HDR10+などといった様々な認証試験も提供しており、接続互換性の確認やベンチマーク試験なども行っており、お客様への幅広いサポート体制を取り揃えております。

会社名:アリオン株式会社
住所:本社:〒141-0022 東京都品川区東五反田 3-20-14 住友不動産高輪パークタワー 1F
   テストセンター:〒140-0012 東京都品川区勝島1-1-1 東京SRC B館4階
代表者:中山 英明(なかやま ひであき)
設立:2002年4月
URL:https://www.allion.co.jp/

事業内容:
 ● 総合的な第三者検証ソリューションの提供
 ● 企業や標準団体等の各種ロゴ認証試験(USB, HDMI, HDR10+, Wi-Fi, Bluetooth, ZETA)
 ● ハードウェア・ソフトウェア製品全般に関する品質保証テストおよび関連情報サービス
 ● 製品開発・品質保証に関する検証ツールの開発および販売

 
  • 本リリースに関するお問い合わせ
アリオン株式会社 マーケティング担当
〒141-0022 東京都品川区東五反田三丁目20-14 住友不動産高輪パークタワー 1F
TEL: 03-5488-7368 / E-mail: marketing-info@allion.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アリオン株式会社 >
  3. アリオン、世界初のWi-Fi CERTIFIED 6™ Release 2認証ラボに認定