「丸善ジュンク堂に住んでみる」ツアー2019募集開始

大人気の書店宿泊イベントが、秋の読書週間 まっただ中の11月2日~11月3日に京都で初開催

ジュンク堂に住みたい・・・
Twitter上のこんなつぶやきを見たことからはじまった「書店に泊まる」企画、2019年は京都で初開催!
今年は丸善の創業150年ということもあり、丸善の旗艦店のひとつ 丸善 京都本店で11月2日(土)~11月3日(日祝)の1泊2日で開催いたします。

開催概要
◇ツアー内容:
お店に1泊し、本や雑誌をお読みいただくなど自由に過ごして頂きます。
※ビニールがけしてあるコミックや写真集、雑誌はお読みいただけません。
◇開催日:2019年11月2日(土)22:00 ~ 11月3日(日祝)9:30 の1泊2日
◇募集人数:5組10名様(応募者多数の場合、抽選を行います)
◇参加資格:18歳以上の方で、読書がお好きな方ならどなたでも。
◇参加費:無料(ただし、お一人様最低3冊の書籍か雑誌の購入が必要)
◇会場:丸善 京都本店(京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL B1~B2)
※丸善 京都本店は2015年8月21日に復活オープンした、売り場面積 約1,000坪、蔵書数 約100万冊を持つ京都地区最大級の書店で、梶井基次郎の短編小説『檸檬』に登場することでも知られています。
◇応募期間:2019年9月24日(火)13:00~10月2日(水)12:00(正午)
※こちらのページから応募することができます。
https://www.maruzenjunkudo.co.jp/info/20190924-01/
※応募者多数の場合、10月上旬に抽選を行い、当選者に告知します。

ツアーの見どころ
大人気イベントが京都で初開催!
2014年から毎年、東京→大阪→東京→名古屋→高松と5回実施してまいりました本ツアーですが、2019年は、丸善の創業150年を記念して丸善の旗艦店のひとつである丸善 京都本店が会場となります。関西では2回目、京都では初の開催です。

丸善 京都本店は、2015年8月に京都BALの地下1~2階に、売り場面積 約1,000坪、蔵書数 約100万冊という規模でおよそ10年ぶりに復活オープンした大型書店で、大正時代に麩屋町にあった店舗は梶井基次郎の短編小説『檸檬』に登場することで知られています。2005年の閉店時や2015年の復活オープン時には多くの文学ファンがレモンを手にご来店下さり、店内に用意されたカゴがレモンでいっぱいになる様子が報道されました。

そんな「絵になる」書店、丸善 京都本店で、わずか5組10名の参加者が、秋の夜長に一晩、好きなだけ本を読むことができる「本好きの夢」と言えるイベントです。

参加できるのは5組10名
2014年の第1回開催時はなんと競争率 約2,800倍。2017年の名古屋では約115倍、2018年の高松でも約17倍の競争率となる大人気イベントで、今回も多くの応募が予想されます。
 


ツアースケジュール(予定)
11月2日(土)
21:45 集合
22:00~ オリエンテーション
22:45~ 自由時間(読書、飲食など自由にお過ごし下さい)
11月3日(日)
2:00~3:00 真夜中の読書会※
3:00~ 自由時間
8:30~ アンケート記入、書籍購入、片付け
9:30までに解散
※今年は「真夜中の読書会」として、参加者同士で「イチオシ本」を紹介しあうイベントをツアー中に開催します。本ツアーに参加するほどの「本好き」たちはいったいどんな本をオススメするのか楽しみです。

その他の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.maruzenjunkudo.co.jp/info/20190924-01/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社丸善ジュンク堂書店 >
  3. 「丸善ジュンク堂に住んでみる」ツアー2019募集開始