有機農業を中心とした新ブランド「SHONAI ROOTS」立ち上げ

持続可能な農業を山形庄内から

 山形県庄内地方で事業を通じて地域の課題を解決する街づくり会社 ヤマガタデザイン株式会社は地元JAと連携し、有機農業等の新ブランド「SHONAI ROOTS(ショウナイルーツ)」を立ち上げました。
 
山形県鶴岡市は、東北で2番目の農業産出額を誇る農業王国ですが、農業者の担い手不足が深刻な課題となっています。
本ブランドは官民を挙げた人材育成・確保の取り組みの一貫として、付加価値の高い有機農産物等を販売を実現する体制を構築し、新規就農者の獲得及び、地域農業者の所得向上を目指します。

 
 山形県庄内地方で事業を通じて地域の課題を解決する街づくり会社 ヤマガタデザイン株式会社は地元JAと連携し、有機農業等の新ブランド「SHONAI ROOTS(ショウナイルーツ)」を立ち上げました。販路開拓や流通においてJAと連携し、鶴岡市がプロモーションの支援を行います。

 山形県鶴岡市は、東北で2番目の農業産出額を誇る農業王国ですが、農業者の高齢化や担い手不足が深刻な課題となっており、市をあげて農業人材の育成、確保に向けたプロジェクト(※1)を推進し、全国的にも珍しい鶴岡市立農業経営者育成学校(SEADS)(※2)が来年4月に設立されるなど、取り組みが進められています。

 

 本ブランドはそうした取り組みの一環として、付加価値の高い有機農産物等の販売を実現する体制を構築し、新たな就農者の獲得と農業者の所得向上を目指します。また、販売益の一部は鶴岡市立農業経営者育成学校(SEADS)の運営経費に還元され、地域で農業人材を育成する循環を創ります。

太陽のような日の丸と、庄内で大切にされている「花よりも根を養う」という言葉、「根」のモチーフを組み合わせ、庄内から日本を代表する有機農業ブランドを創ることを表現しています。また ROOTSを「∞」で表現し、有機資源の循環とこれからの持続可能性を表現しました太陽のような日の丸と、庄内で大切にされている「花よりも根を養う」という言葉、「根」のモチーフを組み合わせ、庄内から日本を代表する有機農業ブランドを創ることを表現しています。また ROOTSを「∞」で表現し、有機資源の循環とこれからの持続可能性を表現しました

 

解決する課題

 欧米先進国を中心とする世界の有機食品市場は既に10兆円を突破し、約10%の高い成長となっています。 一方で国内に目を向けると、有機農産物等を求める消費者は確実に増えているものの、有機農業自体の広がりは限定的になっています(※3)。その要因としては、有機農業に取り組む農家は個人で独自にブランディングや販路開拓を行う場合が多く、その手間が非常に大きいため担い手が少ないことや、まとまった生産者団体が少なく、小売店が取り扱いをする上での最低取引ロットに届かないこと等があげられます。


得意分野をいかした役割分担
 上記の課題を地域全体の仕組みづくりで解決したいと考えています。販売面ではヤマガタデザインとJAが連携し、これらの取り組みに対して共感してくれる取引先・販路を開拓、流通面ではJAが持つ物流網や代金決済機能等を利用することで、農業者のコストと労力を減らし所得の向上を目指します。鶴岡市のプロモーションに対する支援も活用しながら、販路を拡大し消費者が購入しやすい販売チャネルを広げることで、マーケット拡大を目指します 。

取り組みの概要

 

 

① 鶴岡市農業人材育成・確保プロジェクトの一環として新ブランドを立ち上げ
 より付加価値の高い有機農業等の販売を実現していくことで、
 地域の農業者(SEADS 卒業生を含む)の販路拡大と所得向上を目指す。
② 有機JAS相当もしくは特別栽培の基準以上で栽培する農業者が、
 同ブランドを通じて、共通パッケージやJAの販売流通の仕組みを利用できる。
③ 収益の一部をSEADSの運営費として還元し、農業人材を育成する循環を創る
④ ヤマガタデザインは、販路拡大やプロモーション、出荷前の調整作業等を担当
⑤ JAは、物流網や代金決済機能等及び販路拡大を担当
⑥ 鶴岡市は、本ブランドのプロモーション支援を担当
⑦ 今後、消費者との交流機会(アグリツーリズム等)を創出

 

出荷基準及び賛同農業者の募集
「SHONAI ROOTS」のブランドは、鶴岡市内で栽培した、有機JAS相当もしくは特別栽培の以上の農作物が利用対象となります。基準の詳細については、本年12月を目処に公開いたします。
その上で、2020年春以降、SEADSの入学と合わせて本ブランドを利用する農業者の募集を開始したいと考えています。問い合わせは公式サイトより随時受け付けています。


【SHONAI ROOTS公式サイト】
https://shonai-roots.com/

販売予定と取り扱い小売店の募集
 本ブランドを活用した販路としては、地元スーパーに加えて、第一段階として有機野菜などの食品宅配専門スーパーや首都圏の生協との取引が確定しています。本ブランドでの農作物の販売開始は、11月1日を予定しております。販売先によって実際の開始日は異なります。
また、本ブランドの農産物の取り扱いを希望される場合は、公式サイトからお問い合わせください。

消費者との関係構築
 今後はこの仕組みを通じて有機農業等を実践する農業者を増やし、持続可能な農業を庄内から発信すると同時に、農作物を購入する消費者が実際の生産現場に旅するアグリツーリズムの仕組みも構築し、鶴岡の農業のPRにつなげていきます。


【2019/10/30追記】
29日午後に、鶴岡市役所で開いた記者発表には、鶴岡市役所の皆川 治市長とJA庄内たがわの黒井 德夫 代表理事組合長、JA鶴岡の亀井 周作 園芸特産課長、それに弊社の代表取締役の山中 大介が参加しました。

会見では、鶴岡市長から農業人材の確保、育成のプロジェクトの取組状況について説明したあと、代表の山中から本ブランドの概要について説明しました。

 

代表の山中は、「しっかりと地域の農業者、JA、鶴岡市が幸せになる仕組みにしていきたい。また、収益の一部を鶴岡市農業経営者育成学校の運営費として還元する。このブランドの農産物を買うことで農業者が育成される循環を作っていきたい」と意気込みを語りました。

その上で、今後の展開として商品の販売だけにとどまらず、農作物の収穫体験など、農業をツーリズムにしていくことを説明しました。


このあと、JA庄内たがわの黒井組合長は、「多種多様な栽培があってしかるべき。JAとしては有機栽培可能な環境が作れるように協力していかなければいけないと思っている。山形県高畠町は、有機栽培で有名だが、全てが有機栽培というわけではない。これと同様に、有機農業をしていることをしっかりと発信することは宣伝効果も高い。新規就農者が増え、後継者が定着して営農できる環境づくりをJA庄内たがわ、JA鶴岡が連携して進めてまいりたい」と挨拶しました。

また、皆川市長からは、有機農業の推進地域としては、下記の3つの特徴があることが紹介されました。
①有機JASの認証機関が自治体に置かれているのは全国で宮崎県の綾町と鶴岡市のみ。
②農業面積で全国5位で、有機農業の取り組み面積では全国34位。
③農水省が今年8月に設立した「有機農業と地域振興を考える自治体ネットワーク」に加盟する全国19市町村のうちの一つになっている。


このほかにも、鶴岡市での有機農業の取り組みについても、情報提供がありました。
市内で有機栽培の営農面積が一番多いのは、米(水稲)で約70ヘクタール、その次が枝豆で15ヘクタール、その他は、面積が非常に小さく、チャレンジ的に行われているとのことでした。

皆川市長は、「農業経営者育成学校とSHONAI ROOTSを通じて、今後、人材の育成、定着、農産物のブランド化を推進していく計画。JA,鶴岡市が支援しながら、みんなが使えるブランドにしていきたい」と話していました。

※1 鶴岡市農業人材育成・確保プロジェクト
 将来にわたる鶴岡市農業の維持・発展を図るため、新規就農者や担い手の育成・確保を目的に、鶴岡市農業人材育成・確保プロジェクト推進会議を平成31年3月25日に設立。この会議は、鶴岡市、山形大学農学部、東北芸術工科大学、鶴岡市農業協同組合、庄内たがわ農業協同組合、ヤマガタデザイン株式会社の6者を主体に、「旧いこいの村庄内」を鶴岡市立農業経営者育成学校として改修し、産学官の連携によって、地元農業者はもとより、首都圏等や農外から若者を呼び込み、市内への定着による就農に向けた人材の育成・確保のための仕組みづくりと具体的な取組みを進めることを目的としています。
https://www.city.tsuruoka.lg.jp/sangyo/agri-ninaite/jinzaiikuseikakuho.html

※2 鶴岡市立農業経営者育成学校(SEADS)
 農業人材の育成・確保を目的に、鶴岡市が設立する学校。有機農業を中心に、経営に必要なすべてを、座学と実践を通じて学ぶ場所です。2020年4月に開校予定。
住所:〒997-1114 山形県鶴岡市千安京田龍花山1-1 (旧いこいの村 庄内)
http://tsuruoka-seads.com/

※3 データの出典: 農林水産省 令和元年8月 有機農業をめぐる事情 
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/yuuki/attach/pdf/index-120.pdf

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヤマガタデザイン >
  3. 有機農業を中心とした新ブランド「SHONAI ROOTS」立ち上げ