「秩父雲海ライブカメラプロジェクト」、雲海ライブカメラの寄附者限定先行公開を開始!寄附はエフバイジーで10月31日まで受付。

「都心から一番近い雲海」を「どこでも見られる雲海」へ。最発生期を目前に、寄附者限定でライブカメラ映像の配信を開始しました。

クリエイター支援事業を手がける株式会社サーチフィールドが運営する、使いみちで選ぶふるさと納税エフバイジーは、埼玉県秩父市と連携して取り組んでいるガバメントクラウドファンディング「秩父雲海ライブカメラ」プロジェクトで、寄附者に対してライブカメラ映像の先行公開を行いました。寄附募集は10月31日まで受付けており、本日以降の寄附者へも順次公開を行います。


この「SNSで話題!秩父雲海の絶景をライブカメラで世界中にシェアしたい!」プロジェクトは、埼玉県秩父市とふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディングプロジェクトです。

秩父市に興味を持ってもらうため、「都心から一番近い雲海」として注目を集め、SNS好きの若者たちによりブームとなっている「秩父雲海」に着目。この絶景を世界中に届けるライブカメラを設置することで、秩父雲海の存在を知らしめまちおこしにつなげるのが目的です。

いよいよライブカメラの設置が終わり、寄附者へ先行公開を開始いたしました。

「秩父雲海」は10月中旬〜11月末が最も発生確率が高いシーズンとなっており、ライブカメラによって場所を選ばずリアルタイムで絶景を楽しむことができます。

プロジェクト詳細:https://fbyg.jp/projects/chichibuunkai
・10月31日まで寄附を受付けており、寄附者へは随時閲覧情報を送付します。
・配信URLは寄附者限定で告知されます。

 

 


<記者・ライターの皆様>
ご取材、素材提供については下記連絡先までお願いいたします。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サーチフィールド >
  3. 「秩父雲海ライブカメラプロジェクト」、雲海ライブカメラの寄附者限定先行公開を開始!寄附はエフバイジーで10月31日まで受付。