FC今治が「心の豊かさ」を発信する公式note proアカウントを開設

企業理念の実現に取り組むチャレンジの舞台裏を発信

明治安田生命J3リーグに所属の「FC今治」を運営する株式会社今治.夢スポーツ(代表取締役会長:岡田武史 所在地:愛媛県今治市)は、メディアプラットフォームnoteに公式note proアカウントを開設致しました。(https://imabari-yume.me/

 

 

■アカウント開設の目的

当社は「次世代のため、物の豊かさより心の豊かさを大切にする社会創りに貢献する」を企業理念に掲げ、プロサッカークラブ「FC今治」の運営を中心に、スポーツ/健康/教育の3つの事業を展開しています。

このたび開設した公式note proアカウントでは、FC今治のトップチームの様子のみならず、「しまなみ野外学校」や「Bari Challenge University」などの教育事業や、今治地域全体でひとつのサッカーピラミッドを創り上げる試みである「今治モデル」など、企業理念の実現に向けた当社のチャレンジの舞台裏のストーリーを、より深く発信することを目指しています。

日常的なお知らせや様々な活動の様子は、これまで同様、公式HPやTwitter/Facebookなどを通じて発信し、公式note proアカウントでは、その活動の舞台裏や活動に関わる人々の想いにスポットライトを当てながら、毎月約2回程度、定期発信する予定です。

■本日より特別コンテンツを配信
アカウント開設にあたり、初回企画として「#はじめてのJリーグ」をテーマにした特別コンテンツを本日より連続配信致します。

この企画は、FC今治トップチームの選手全27名の独占パーソナルショートインタビューを毎日配信するものです。普段はなかなか知る事の出来ない選手の素顔や、それぞれの人生における「#はじめてのJリーグ」のエピソードをお届けします。

#1 GK 修行 智仁​「Jクラブが街にあることの覚悟と可能性」

#2 DF チョン ハンチョル「海外で挑戦する夢をかなえる」

#3 DF 駒野 友一「Jリーグは近くで起こる夢の対象」

(以降は明日より順次更新予定)

掲載先(https://imabari-yume.me/

■株式会社ピースオブケイク 執行役員 坂本洋史さまのコメント
FC今治はJリーグクラブとして初めてのnote pro開設事例です。インターネットでの情報発信のホームグラウンドとして、note proを選んでいただいたことをとてもうれしく思います。

安心して表現ができるプラットフォームとして、noteはたくさんのクリエイターに愛されて日々おおきなインターネットの街へと成長を続けています。FC今治のような「想いを表現したいチーム」に街の一員として情報発信いただくことを、わたしも個人的に楽しみにしています。

FC今治の掲げる理念や日々のさまざまな活動の様子が、地域のファンの方々はもちろんnoteを通じてさらに多くの人々にとどき、すてきな関係がはじまることを願っています。

■最後にみなさまへ
当社の様々なチャレンジの舞台裏を公式note proで発信することを通じて、より多くの方々との絆や信頼を深めることに取組み、そしてこれからも「次世代のため、物の豊かさより心の豊かさを大切にする社会創りに貢献する」の実現を目指してまいります。ぜひ、その様子を温かく見守って頂ければ幸いです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社今治.夢スポーツ >
  3. FC今治が「心の豊かさ」を発信する公式note proアカウントを開設