クリエイターを科学する、ミライの左手デバイス「Orbital2」が中国で販売開始

クリエイターの作業を効率化!ミライの左手デバイス「Orbital2(オービタルツー)」がWeChat越境ECミニプログラムにて正式に販売を開始し、中国進出。

株式会社BRAIN MAGIC(本社:東京都千代田区、代表取締役:神成 大樹)が開発した、クリエイターを科学する、ミライの左手デバイス「Orbital2(オービタルツー)」が、中国にて取り扱い開始されることが決定し、2020年6月2日(月)より、現在10億人以上のアクティブユーザーを抱えるWeChatの越境ECミニプログラム「魔脑创BRAIN MAGIC」(下図1)にて販売開始されます。


「Orbital2(オービタルツー)」は、クリエイターのクリエイティブシーンにおけるキーボード操作を無くす事を目的に開発された、クリエイターのための入力デバイスです。特許を取得した独自の機構により、小型なフォルムかつ直感的な操作性と、ハイスペックかつ自由度の高いカスタマイズ性の両方を実現することに成功しました。
 


BRAIN MAGICはクリエイターの世界のあたらしい当たり前(ニューノーマル)を作る上で中国こそ要の国と考え、ファーストプロダクトであるOrbital2という製品の販売をスタートさせていただきます。

中国市場へのOrbital2の参入がきっかけとなり、より多くの中国クリエイターに新しいクリエイティブ体験をもたらすことが出来ることを期待しています。また今回の中国市場への参入を皮切りに、今後世界各国へと日本のクリエイティブを広げていければと考えています。

■ 購入について


・2020年6月1日(月)より、WeChat越境ECミニプログラム「魔脑创BRAIN MAGIC」(下図1)にて正式販売開始

図1
※WeChat内にて読み込みが可能です。


・TaoBaoにおいても順次販売開始予定

現在WeChatにて、Orbital2に関するコンテンツ配信を行っております。コンテンツ内容は順次拡充予定となっており、日本のクリエイティブを世界に発信するきっかけとなればと考えています。


■Orbital2について


▼ 製品紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=XESPCjtFlrI

▼ 製品特徴
特徴1:独自機構の採用により、直感的かつスピーディーな操作が可能
特徴2:割り当てられるキーの数は他プロダクトの中でもトップクラス
特徴3:柔軟なUIや豊富な機能の組み合わせにより、カスタマイズの可能性は無限大

▼ 製品について
製品名:Orbital2(オービタルツー)
サイズ:全高約68mm / 底面~フラットリングの高さ約33mm / フラットリング直径約60mm / ダイアル直径約28mm
重さ:約130g(最軽量化時)
接続方法:着脱式USBによる有線接続

▼製品名の中国表記について
製品名:「奥笔控 2」
「クリエーターの未来を科学し続けるコントローラー」というメッセージを込めて名付けました。

簡体字については、音がオービタルに近い字を選びました。
「奥」…奥深く懐深い、機能が豊富(rich)、計算され尽くした(科学された)
「笔」…筆という意味から、クリエイターにとってのペンタブを想起し、クリエイティブの道具(ツール)として、従来型の筆を代替していきたいという思いも込めています。
「控」…制御する(コントローラー)という意味を持っています。


■株式会社BRAIN MAGICについて
本社所在地 : 東京都千代田区神田須田町1-26 高野ビル 7F
会社設立 : 2016年2月16日
代表取締役 : 神成 大樹
URL : https://brainmagic.tokyo/

「Creating Re-Creation ~テクノロジーの力で世界のクリエイティブを加速させること~」をミッションに据え、クリエイターが今ある複雑なインターフェースから解放され、誰もが自然とクリエイティビティーを発揮できる未来を実現するためのプロダクトを世界へ発信しています。

・Twitter :@Brain_magi
・Facebook: @Brainmagi
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BRAIN MAGIC >
  3. クリエイターを科学する、ミライの左手デバイス「Orbital2」が中国で販売開始