AirX、西武ホールディングスとの実証実験、第2弾!「東京―軽井沢」間のヘリ直行便を秋季限定で提供 宿泊場所の制限なし、日帰り利用も可能

https://skyview.airos.jp/karuizawa/

エアモビリティの交通プラットフォームを開発する株式会社AirX(本社:東京都新宿区、代表取締役:手塚 究、以下「AirX」)は、株式会社西武ホールディングス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 高志、以下「西武ホールディングス」)との実証実験の第2弾として、「東京―軽井沢」間のヘリ直行便を期間限定で提供します。今回の実証実験では宿泊場所の制限がなく、日帰り利用も可能なため、より多くのお客様にご利用頂けます。

■ヘリ直行便の航路/所用時間/料金(詳細は以下「ヘリ直行便の詳細」ご参照)​​

※1 一般車両利用時時間 出所: 「NAVI TIME」検索より
※2 ヘリコプターチャーター市場価格 AirX調べ

 

 

■本施策の背景
AirXはテクノロジーを駆使して小型航空機の運賃を現実的な価格にすることで、中距離移動に最適な選択肢を提供していきたいと考えています。昨年10月に西武ホールディングスのオープンイノベーションプログラム「Biz Lab Accelerator 2017」に採択されたことをきっかけに、AirXは西武グループと共に航空機イノベーションを見据えた次世代交通ビジネスに挑戦しています。
 


今夏実証実験第1弾として下田、箱根への直行便、遊覧飛行を実施した結果、合計36日間の運航、93名にご利用いただきました。第2弾として5人用機体を運用しての軽井沢便の運航を実施いたします。

AirXは次世代交通イノベーションを見据え、「空を身近に活用できる世界」を構築していきます。

■西武ホールディングス コメント
夏の箱根・下田に続き、当社グループが有するリゾートエリアを代表する軽井沢で、新たなモビリティサービスの実現を見据えて実証実験に取り組みます。『観光大国ニッポン』の中心を担う企業グループを目指し、国内外のお客さまに快適かつ、移動自体に価値を感じていただけるよう、AirXとのオープンイノベーションにより新たなサービスを探求してまいります。

■ヘリ直行便の詳細
【軽井沢エリア】(https://skyview.airos.jp/karuizawa/
1.東京―軽井沢プリンスホテル・浅間プリンスホテル直行便
(1)日時:10月26日~11月4日(最少催行人員2名。天候不順等で欠航あり。)
(2)場所:①往路 東京ヘリポート(東京都江東区新木場4丁目7)
      ⇒軽井沢プリンスホテル(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1016-75)
                または浅間プリンスホテル(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢発地1399)
      ②復路 軽井沢プリンスホテルまたは浅間プリンスホテル⇒東京ヘリポート
(3)料金:片道1人あたり43,900円(税別)~(1機定員5名・3歳未満無料(ひざ上搭乗可)
      ※予約人数によっては1機定員3名の機体を運用します。
(4)時間:①往路 午前9時30分出発⇒軽井沢プリンスホテル 午前10時25分到着予定
      ②復路 午後3時30分出発⇒東京ヘリポート 午後4時25分到着予定

2.遊覧飛行 ~軽井沢プリンスホテル停留中に遊覧飛行体験を提供~
(1)日時:直行便実施日と同日 午前11時~午後3時
(2)料金:体験フライト(乗合・定員5名・5分程度)・・・1人あたり7,000円(税別)
      貸切フライト(定員5名)・・・8分 48,000円 /14分 84,000円(各税別)


【株式会社AirX 会社概要】
会社名      :株式会社AirX
住所       :東京都新宿区西新宿1-1-6 ミヤコ新宿ビル 12SHINJUKU 403
設立       :2015年2月23日
代表取締役    :手塚 究
事業内容     :旅行手配事業、航空運送代理事業
会社URL     :https://airx.co.jp
サービスURL :[AIROS] https://airos.jp [AIROS Skyview] https://skyview.airos.jp
         [Code Share] https://codeshare.flights

株式会社AirXは、スマートモビリティ社会の実現に向けて、空の交通デジタルプラットフォームを開発するテクノロジー企業です。遊休ヘリと着陸地の独自データベースに基づく国内唯一のヘリ手配オンデマンドシステムを構築し、ヘリの即時予約と運賃の低価格化を実現しました。現在ヘリのチャーターサービス「AIROS(エアロス)」「AIROS Skyview(エアロススカイビュー)」、ライドシェアサービス「CodeShare(コードシェア)」を運営。次世代航空機の登場によるエアーモビリティ市場の急拡大を視野に、空の交通を最適化していきます。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AirX >
  3. AirX、西武ホールディングスとの実証実験、第2弾!「東京―軽井沢」間のヘリ直行便を秋季限定で提供 宿泊場所の制限なし、日帰り利用も可能