FeiyuTech、新型スマートフォン用ジンバル「Vimble3」(ビンブル3)の日本発売を開始

伸縮ロッド内蔵、オプションのマグネット設置など、スマートフォンで撮影する際に必要な多数の機能を搭載したフラッグシップモデル

アクションカムから一眼レフ、スマートフォン、カメラ付きなど様々なジンバルを展開するカメラメーカー「FeiyuTech(フェイユーテック)」の日本正規代理店株式会社INTERAK(本社:東京都千代田区)は、スマートフォン用ジンバル「Vimble3」を発売いたします。発売日は6/28(火)。
■内蔵型198mm延長ロッド搭載

 

ジンバル本体に延長ロッドを内蔵。また、延長ロッドの先端は手動で角度をつけることができ、セルフィー、ワイドアングル撮影、ローアングル撮影などより撮影がしやすい設計になりました。

■折りたたみ式でポータブル
旧機種Vimble2Sの際にはなかった折りたたみ機構を搭載。バッグにも簡単に入れられるサイズ感で、持ち運びが非常に簡単になりました。本体重量は387gでペットボトルよりも軽く負担になりません。

■使いたい機能にアクセスできるインターフェース

ハンドル部分のインターフェースを強化、ジョイスティックやダイヤルボタン、ABボタンなど様々な機能がハンドルから簡単にアクセスできます。スマートフォン本体を調整することなくジンバルから操作可能です。

■新しいデザインと人間工学に基づいたグリップ

エレガントなグレーを基調としたデザインかつ、人間工学に基づいたグリップを搭載。長時間持っていても負担になりづらくなりました。

■発売情報
メーカー希望小売価格:15,620円(税込)
発売日:2022年6月28日
メーカー公式サイト:https://feiyu-tech.shop/products/vimble3

■販売店舗
・FeiyuTech公式オンラインサイト
・Amazon/楽天などのオンラインストア
・銀一
・カメラのキタムラ
・ビックカメラ
・ヨドバシカメラ
など
※展開店舗詳細についてご質問がございましたら下記連絡先までご連絡ください。

■FeiyuTech(フェイユーテック)について
 “ジンバルの可能性を拡げ、ムービー撮影の楽しさを世界へ、日本へ”
FEIYU(フェイユー)は、2007年8月に中国の風光明媚な都市、桂林に誕生しました。ドローンやファクトリーオートメーション分野で頭角をあらわし、今や中国を代表する精密機器ブランドのひとつに成長しました。フェイユーのめざすもの。それは優秀な人材が集う活気ある企業であり、つねに新たな挑戦をし続けること、そして革新的であることです。こうした理念に基づき、私たちが独自に開発した航空計器システムや、UAV オートパイロット、ジャイロスコープ搭載ジンバルは市場で高い評価をいただき、幅広く採用されるようになりました。2013年には、業界初の3軸手持ちジンバルの開発に成功。それはシンバルの新たな可能性の発見であり、ムービー撮影をより楽しむための提案でした。現在フェイユーのジンバルは機種も多種多様に広がり、中国国内はもとより、ヨーロッパやアメリカ、アジアで広く愛されています。2021年にはクラウドファンディングサイトMakuakeにてFeiyu Pocket 2/2Sの予約販売を開始、8,000万円以上の応援購入をいただきました。

フェイユーテック公式サイト:https://feiyu-tech.shop/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社INTERAK >
  3. FeiyuTech、新型スマートフォン用ジンバル「Vimble3」(ビンブル3)の日本発売を開始