コーヒー1杯の料金で1日利用できるシェア&コワーキング「アイビーカフェ ネイバー&ワーク」 賃貸マンションを「コミュニティハウス」として運営する事業の提供開始

シェアハウスのコミュニティ性と個室のプライベート性を両立した、+αの賃料設定を実現する新しい賃貸マンション「コミュニティハウス」の運営事業を提供

株式会社アイビーリンクス(本社:東京都千代田区、代表取締役:水野功)は、「働き方改革」や「テレワーク」、「地域コミュニティの活性化」に対応した、新しいコンセプトのシェアスペース事業「ivyCafe NEIGHBOR&WORK」の運営スキームを、賃貸マンションなどに設営されている共用部の運営に活用し、「コミュニティハウス」として運営する事業の提供を開始します。

ivyCafe NEIGHBOR&WORK町屋ivyCafe NEIGHBOR&WORK町屋

■事業開始の背景

分譲マンションの価格高騰持ち家志向の低下
昨今の不動産価格の高騰により、分譲マンションの販売価格は上昇を続けており、分譲マンション向きの広い土地の取得が難しくなるなか、消費者の持ち家志向は低下しています。販売事業者は賃貸マンションの開発に注力し始めています。
リアルなつながりや体験、コミュニティへのニーズの高まり
ソーシャルメディア全盛の時代であっても、シェアハウスやシェアオフィスが人気の集まりを見せており、また、音楽ストリーミングサービスの浸透により、CD販売数は低下している反面、ライブやフェスの動員数は増加している等、ネットによるつながりのみならず、「リアルなつながり」や「体験」、「コミュニティ」へのニーズが高まっています。

「テレワークを制度化する企業や副業を認める企業の急増
働き方改革への社会的要求の高まりにより、在宅勤務(テレワーク・リモートワーク)を制度化する企業や副業を認める企業が急速に増加しており、その流れは分譲マンションの購入層が勤務する大企業にも広がりを見せています。

シェアハウスのコミュニティ性と個室のプライベート性を両立した、新しい賃貸マンション
本事業では、賃貸マンションの共用部をラウンジ兼コワーキングスペースとすることにより、「働き方改革」や「テレワーク」、「地域コミュニティーの活性化」を実現する、新しい賃貸マンションの形態を創造します。これにより、+αの賃料設定を実現しすることを目指します。また、従来はマンションでのコミュニティサービスを導入するには、入居者から徴収する管理費から運営費を充当する必要がありましたが、本事業では、入居者、オーナーのいずれにも大きな費用負担を必要としないスキームを実現しています。

1.+αの賃料設定の実現を目指します。
2.オーナーは、通常のラウンジ設営費+αで設営できます。
3.ほどよい、ゆるやかなツナガリが、入居者の退出抑止効果につなげます

自立するコミュニティ
「ivyCafe NEIGHBOR&WORK」では、会員専用SNSの活用やイベントの開催等により、会員による手作りのコミュニティの形成と善意の連鎖が広がる運営を実現しています。これを賃貸マンションの入居者に向けたサービスに応用し、入居者同士の世代を超えた交流により、健全なコミュニティ形成への貢献につなげていきます。

広がる善意の連鎖
・会員が無償で講師として他の会員に知識を共有する勉強会
・会員からの差し入れを施設利用者で分け合う「おすそわけ」制度
・不要になった会員所有の雑誌や書籍を施設に寄付

「地域への貢献
・地域に居住するさまざまな会員にとって、有益な「場」を提供
・1回利用ごとに1円を地域の社会福祉協議会に寄付
・食事会では地域のお店の食事やお菓子を提供し、地域を知る機会を創出

「賑わいの創出
・駐車スペースに出店しているキッチンカーでは、会員に加え、地域住民も弁当・コーヒー・スイーツ等を購入
・屋外イベントでは、近隣居住者にも参加の機会を提供

ivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 町屋)」
会員制シェアスペース事業として運営している、コーヒー1杯の料金で1日使えるシェアスペース「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 町屋)」では、2018年1月の運営開始以後、会員獲得数を順調に伸ばしており、2019年5月時点で会員数は330名に拡大しています。また、毎月開催される様々なイベントで会員同士が交流し、緩やかなコミュニティを形成しています。駐車場スペースでは多様なキッチンカーが出店し、施設の利用者に加え、地域の方々も利用されています。

ivyCafe NEIGHBOR&WORK町屋ivyCafe NEIGHBOR&WORK町屋

ivyCafe NEIGHBOR&WORK 府中(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 府中)」
町屋での順調かつ安定した運営実績を踏まえ、2019年6月より東京都府中市で、「懐かしくもあたたかい、昭和レトロな場所」をコンセプトとした「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 府中(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 府中)」の運営を開始します。

ivyCafe NEIGHBOR&WORK府中ivyCafe NEIGHBOR&WORK府中

ivyCafe NEIGHBOR&WORKアイビーカフェ ネイバー&ワーク)サービス概要
WEBサイト:https://www.ivycafe.jp
Facebook: https://www.facebook.com/ivyCafe.NW
Instagram(@ivycafe.jp):https://www.instagram.com/ivycafe.jp

運営会社について
「もったいないを価値に変えれば、人生はもっと豊かになるはず。」という理念のもと、2017年7月に設立。2018年1月より、コーヒー1杯の料金で1日使えるコワーキングスペース「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 町屋)」を東京都荒川区に開設し、シェアスペース事業の運営を開始し、2019年6月に東京都府中市に2号店を開設。また、2018年4月より職人と一般家庭をつなげるマッチングサイト「ivyCraft(アイビークラフト)」のβ版をリリースし、クラフトマン登録の受付を開始している。他に、不動産会社やIT企業等を対象としたコンサルティング事業「ivyHub」も行う。

ivyCraft」(アイビークラフト)サービス概要
URL:https://ivycraft.jp
Magazine:https://ivyrincs.jp/park/
Facebook:https://www.facebook.com/ivyCraft.jp
Instagram(@ivycraft.jp):https://www.instagram.com/ivycraft.jp
Twitter(@ivyCraftjp): https://twitter.com/ivyCraftjp
LINE@:@cfr7650o

コンサルティング事業 「ivyHub」(アイビーハブ)サービス概要
URL:https://select-type.com/s/ivyhub

■運営会社概要 
会社名:株式会社アイビーリンクス
英文社名:ivyRINCS Inc.
所在地:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
URL:http://www.ivyrincs.co.jp
TEL:03-6803-6496
代表者:水野 功
設立日:2017年7月7日
資本金:9,000千円
事業内容:Webサービスの企画・開発・運営
シェアスペースの企画・開発・運営
コミュニティサービスの企画・運営
IT・経営・不動産に関するコンサルティング

■本リリースに関する報道関係者からの問合せ先
担当 :株式会社アイビーリンクス 水野、柴岡
TEL :03-6803-6496
MAIL:info@ivyrincs.co.jp
以上
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイビーリンクス >
  3. コーヒー1杯の料金で1日利用できるシェア&コワーキング「アイビーカフェ ネイバー&ワーク」 賃貸マンションを「コミュニティハウス」として運営する事業の提供開始