『幹事・忘年会に関するアンケート調査』 ー11月21日は“いいつどい”で「幹事の日」ー

忘年会幹事の3大注意ポイントは“参加者は楽しんでいるか?”“会計は正確か?”“全員で時間通りにスタートできるか?”/幹事になってほしい有名人1位は明石家さんまさん、2位は1票差でムロツヨシさんが肉薄

38万団体、670万人※が利用するグループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」を運営する株式会社イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 直人)は、11月21日の「幹事の日」にちなみ、らくらく連絡網会員678名に対し、『幹事・忘年会に関するアンケート調査』を実施いたしました。
※2018年9月30日現在。1万人以下を四捨五入して表示しています。
1.幹事就任の経緯
調査対象のうち、幹事の経験がある方・517名に「幹事を務めることになった経緯」を尋ねたところ、『持ち回り制』が1位となり、続いて、『積極的な立候補』、『上司または目上の人からの命令』、『幹事以外からの推薦』という結果になりました(【グラフ1】)。
自ら名乗りを上げるよりも、持ち回りや命令、推薦など、幹事を務めるきっかけとしては外的な要因の方が大きいことがわかりました。


2.幹事を務めることになった時の心境と幹事再就任の意欲
「幹事を務めることになった時の心境」について質問したところ、『頑張って、参加者に楽しんでもらおう』が1位となり、“務めるからには楽しませたい”という思いの強い方が多いことがわかりました。しかし、2位は『面倒くさい』で、必ずしも幹事の任務を前向きにとらえる方ばかりではないことがうかがえます(【グラフ2】)。

「また幹事をやりたいですか?」とお聞きしたところ、『やりたい』と『やってもいい』を合わせて73.1%となり、多くの方が再就任に意欲的であることがわかりました(【グラフ3】)。また、幹事を務める時に『面倒くさい』と回答した方々は、『やりたい』と『やってもいい』を合わせて42.6%、『やりたくない』は57.4%となりました。面倒くさいと感じていた幹事の仕事ですが、その職を全うした後に何らかのポジティブな要素を感じた方も一定数いるようです(【グラフ4】)。


3.幹事によって身に付けた能力・知識と幹事を務める上で今後学びたいこと
幹事の任務は多岐に渡るため、一度経験することで、様々な能力や知識を会得できます。幹事経験者にどのような能力や知識を身に付けたかを伺ったところ、『気配り力』、『計画力』、『お店の知識』、『日程調整力』が上位となりました(【グラフ5】)。

また、「今後さらに学びたいこと」については、「身に付けた能力・知識」では7位だった『盛り上げ力』が1位となりました(【グラフ6】)。運営に関する事務的な能力は、幹事業務の実践で身に付くものの、『盛り上げ力』を身に付けるには一筋縄ではいかない様子が見て取れます。


4.幹事と手伝い
「幹事の仕事を手伝ってもらいたいと思ったことはあるか」を幹事経験者に質問したところ、80.9%が「ある」と回答しました(【グラフ7】)。その理由は、『みんなで取り組んだ方が楽しいから』が1位、次いで「自分の苦手な分野の仕事があるから」、「通常の業務や家事との両立が大変だから」の順となりました(【グラフ8】) 。
“みんなで楽しみたい”と思う方がいる一方、不足している能力や時間を補う目的で手伝いを希望している方もいることがわかりました。

続いて、幹事以外の方も含めて「幹事の手伝いをしたことがあるか」を尋ねたところ、73.0%が『ある』と回答しました(【グラフ9】) 。理由の1位は、「幹事が大変そうだったので、積極的に自分から手伝った」、2位は「幹事に頼まれたから」となりました(【グラフ10】) 。一方、手伝わなかった理由として、半数以上の方が「幹事に依頼されなかったから」と回答しました(【グラフ11】) 。
多くの方々は、幹事から依頼された場合、作業を手伝ってくれる可能性は高いようです。幹事を務める機会があった場合は、周囲に「手伝ってくれませんか?」と依頼してみることをおすすめします。

 


5.忘年会当日に気を付けていること
忘年会の幹事を務めた経験のある方・353名に、「忘年会当日に気を付けていることは何か?」を聞いたところ、1位は『みんなが楽しんでいるかどうかを確認する』、2位は『会計時のお金の過不足』、3位は『開始時間通りに始める』 、4位は『開始時間に全員が揃うようにする』となりました(【グラフ12】)。「参加者は楽しんでいるか?」、「会計は正確か?」、「時間通り全員で始められるか?」が、“幹事の3大注意ポイント”であることがわかりました。
これらは幹事によって比較的コントロールしやすいですが、5位の『酔った参加者による公共の場でのマナー違反』は、参加者一人ひとりの法令やマナーの順守意識が重要です。自分だけでなく、幹事や家族、所属している組織・団体の仲間にも迷惑をかけかねません。節度を守って、忘年会を楽しみましょう。


6.忘年会でハラスメントの現場を目撃した時の対応
全員を対象に、「忘年会でアルコールハラスメント、セクシャルハラスメント、パワーハラスメントを目撃した時、どのような行動をとるか」についてお尋ねしました。いずれも自分で直接注意する方(「はっきり注意する」「やんわり注意する」)が多いですが、パワーハラスメントは、アルコールハラスメントとセクシャルハラスメントよりも、約10ポイント低い結果となりました。また、パワーハラスメントは『気になるが、注意はできないと思う』のポイントが他よりも高く、対処の難しいハラスメントであることがわかりました(【グラフ13】) 。
それでも、いずれも80%以上の方々が、直接、間接問わず、ハラスメントの当事者に注意を伝えようという意欲をお持ちです。これらのハラスメントの現場に遭遇した場合、状況に合わせて、できることをする姿勢が求められます。


7.幹事直伝!忘年会を成功に導くコツ
これまでに忘年会の幹事を務めた経験のある皆様が、「これはうまくいった」と感じた忘年会を成功に導くコツをお聞きしました。実践的なアドバイスが揃っていますので、ぜひ参考になさってください。


8.忘年会で幹事になってほしい有名人「幹事・オブ・ザ・イヤー2018」
「忘年会で幹事になってほしい有名人」を調査したところ、 1位は、2年連続で『明石家さんま』さんでした。“全員が楽しめそうだから”“場が盛り上がる”など、忘年会を楽しいイベントにしてくれるという期待の大きさが最多得票につながりました。
2位は、俳優のムロツヨシさん。昨年の3位から2位に浮上し、1位に肉薄する得票数となりました。理由は“てきぱきと必要な物事を手配し、なおかつ会を盛り上げてくれそう”という意見や、“ムロさんが幹事を務めるなら、ぜひ手伝いたい”という声もいただきました。
3位はお笑いコンビ・アンジャッシュの『渡部建』さんがランクイン。幹事が身に付けたい“美味しいお店の知識”や“司会で培った高い仕切り力”を備えている点が、得票の理由でした。
また、4位は出川哲朗さんが登場。一見、幹事としては頼りなさそうな印象ですが、“上手くいってもいかなくても、おもしろそうだから”、“場が和みそう”という、これまでとは異なるスタイルの忘年会の幹事として支持が集まりました。


<調査概要>
■調査対象:全国の「らくらく連絡網」会員 678名(男性 260名、女性418名)
■調査方法:インターネットリサーチ
■調査時期:2018年10月22日(月)~11月4日(日)
※本リリースの調査結果をご利用いただく際は、「らくらく連絡網調べ」とご記載いただきますようお願い申し上げます。

<会社概要>
■社名:株式会社イオレ
■本社所在地:〒108-0074 東京都港区高輪3-5-23 KDX高輪台ビル9F
■代表者:代表取締役社長  吉田 直人(よしだ なおひと)
■設立:2001年4月25日
■資本金:7億3,411万円  ※2018年9月30日現在
■従業員数:82名  ※2018年9月30日現在
■上場市場:東京証券取引所マザーズ市場(証券コード:2334)
■事業内容:
•PC・スマートフォン向け各種サービスの運営
(「らくらく連絡網」「ガクバアルバイト」「らくらくアルバイト」)
•インターネット広告事業
•アドテクノロジー商品「pinpoint」の開発・提供
•セールスプロモーション事業
■WEBサイト:http://www.eole.co.jp/
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イオレ >
  3. 『幹事・忘年会に関するアンケート調査』 ー11月21日は“いいつどい”で「幹事の日」ー