銀座・和光の時計塔が告げる 新しい時代「令和」の幕開け

セイコーホールディグス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO:服部真二、本社:東京都中央区、以下「セイコー」)は、令和元年5月1日、銀座・和光の時計塔から新しい時代の始まりを告げるとともに、午前零時の鐘の音に合わせ、和光のショーウインドウを特別にオープンし、令和の時代の幕開けを祝います。
 

▲和光のショーウインドウ 平成31年4月1日の新元号発表特別ディスプレイ                    令和元年5月1日午前零時に、新しいディスプレイをお披露目します▲和光のショーウインドウ 平成31年4月1日の新元号発表特別ディスプレイ                    令和元年5月1日午前零時に、新しいディスプレイをお披露目します

  

■時代の流れを刻み続ける
新しい時代の幕開け。
セイコーは、明治・大正・昭和・平成と、4つの時代にわたり、時を刻んできました。
 

大きな時代の流れ。
そして時代を成す一秒に込められた、人々の思い。
セイコーは、令和の時代も時を刻み、みなさんの新しいスタートと挑戦を応援します。


■銀座・和光の時計塔が告げる 新しい時代の幕開け
時代が移り変わる、平成31年4月30日深夜。
新しい時代の幕開けを祝おうと、銀座・和光の時計塔がライトアップされ、午前零時を迎える45秒前からウエストミンスター式チャイムが令和のプロローグを奏で始めます。
そしてチャイムが鳴り終わると、12打の鐘の音が、午前零時を告げます。その第1打の瞬間が、令和の時代の幕開けです。

■銀座・和光 「令和」新元号ディスプレイ シャッターオープン
新しい時代の幕開けを告げる時計塔の鐘の音に合わせ、和光のショーウインドウのシャッターを特別にオープンし、令和の訪れと天皇陛下のご即位を奉祝します。

ショーウインドウのディスプレイには、4月1日の新元号発表時に、書道家・石飛博光さんに揮毫いただいた「令和の書」の原書を掲出。ディスプレイ全体は、「季」をテーマにデザインします。四季のある国に生まれた喜び。私たち日本人は、季節の移り変わりに多くの美を見出してきました。新しい時代への期待感とともに、日本文化への愛着を、二十四節気の花で表現します。

日時 : 令和元年5月1日(水)0:00~
場所 : 銀座・和光 ショーウインドウ(四丁目交差点 中央ウインドウ)

*新元号ディスプレイは、5月1日(水・祝)~6日(月・祝)の6日間、限定展示します。
*当日は歩道側からご自由に撮影いただけます。



■銀座・和光の時計塔
新しい風を取り入れ、大きな変革を遂げた明治時代、時計塔は文明開化のシンボルでした。
明治の世に創業した服部時計店(現・セイコーホールディングス株式会社)は、銀座四丁目に大きな時計塔を備えた店舗を構え、時代を見守ってきました。
セイコーホールディングスグループの小売事業会社である和光となった現在も、銀座の街で時を刻み続けています。
 

 

 

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セイコーホールディングス株式会社 >
  3. 銀座・和光の時計塔が告げる 新しい時代「令和」の幕開け