【アイスバックス】第86回全日本IH選手権大会 準決勝 勝利!

2年ぶりの決勝戦へ進出!

H.C.栃木日光アイスバックスは、本日12月15日(土)、東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナにて、第86回全日本アイスホッケー選手権大会 準決勝、東北フリーブレイズ戦を行い、3 − 1で勝利し、2年ぶりに決勝戦へ進出を決めました。決勝戦は明日12月16日(日)16時よりダイドードリンコアイスアリーナにて行われます。
(結果詳細:https://goo.gl/cW5TTS

 

第86回全日本アイスホッケー選手権大会(東京都西東京市 ダイドーリンコアイスアリーナ)は本日準決勝が行われ、アイスバックスは東北フリーブレイズと対戦し、明日の決勝戦進出を決めました。
第1ピリオド無得点で終え迎えた第2ピリオド立ち上がり、寺尾 勇利選手がキープして持ち込んだパックに田中 健太郎選手がリバウンドを押し込み先制します。直後に失点し同点とれるなど一進一退の展開が続くも、後半に入りヨーナス・アランネ選手のゴールでリードしてピリオドを終えます。

第3ピリオドは終盤まで両チームぶつかり合いますが1点差で残り2分を切り、最後はフリーブレイズの6人攻撃を何とか守り切り、残り5秒で佐藤 大翔選手のエンプティゴールが決まり勝利となりました。

相手の6人攻撃をセーブする福藤選手相手の6人攻撃をセーブする福藤選手

アイスバックスの決勝戦進出は2年ぶりとなります。明日の決勝戦は王子イーグルスとの対戦になります。







 

決勝進出を喜ぶ選手達決勝進出を喜ぶ選手達

試合後アリペッカ・シッキネンヘッドコーチは「選手達がよく頑張って決勝戦の舞台へ連れていってくれた。明日は日本一を掴むためにも全員で向かっていく。」と決勝戦へ意気込みを話しました。

4年ぶりの日本一を掴むためにもチーム一丸となってハードワークします。
是非熱いご声援をお願いします。
(写真提供/A.K.art-works)



【試合結果】
アイスバックス 3–1 フリーブレイズ
(1P 0:0、 2P 2:1、 3P 1:0)

得点者(アシスト)
①26’54 #49 田中(#88)
②33’05 #25 アランネ(#13#86)
③59’55 #13 岩本(#86#25)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社栃木ユナイテッド >
  3. 【アイスバックス】第86回全日本IH選手権大会 準決勝 勝利!