『AIを監査する』2020年2月5日(水)より電子書籍(日本語版・英語版)で販売開始

 AIの民主化を目指し、データサイエンティスト業務の代替を目的として、日本初の自動機械学習ツール「AMATERAS RAY」を開発した株式会社aiforce solutions(本社:東京都千代田区)代表取締役社長である西川智章と、AIやRPAなどの先端技術を用いたグローバル監査の体制構築と業務変革を牽引している武田薬品工業株式会社(本社:東京都中央区)グループ内部監査部門 テクノロジー&アシュアランス エンリッチメント ヘッドである五十木浩之、他有識者による共書『AIを監査する』(日本語版・英語版)を、2020年2月5日(水)より電子出版を開始いたしましたのでお知らせいたします。

 近年、AIビジネスは発展と活用の進化が止まらないほど加熱の一途をたどっており、ビジネスの現場やニュースで「AI」という言葉を聞かない日がないと言っても過言ではありません。わずか10年余りでスマートフォンが生活の一部に浸透したのと同様に、AIはビジネスにおいて不可欠なテクノロジーとなり、業務の効率化を実現しています。しかしながら、監査人が、AIが活用されているビジネスプロセスにたいして、一定の保証を提供する際に、対処しなければならない新しいリスクが生じているのが現状です。
 このような状況の中で、AIのそれぞれの特徴を示した上で、AIから派生するリスクを提示し、そのリスクに対応する内部統制活動を、どのような視点から監査すれば良いのかについて、焦点を当てた書籍は多くはありませんでした。

 本書では、監査人が対処しなければならないAIの新しいリスクがどこにあるのか、どのようなコントロールが期待されるのか、コントロール評価のためにどのような考慮事項が必要なのかを理解するのに役立つことを意図しています。AIをはじめとする先端技術により組織や働き方が劇的に変化している中で、AIから派生するリスクに対して効果的な内部統制を構築する必要があるということ、その内部統制を監査人が適切に評価する必要があることを、広く読者の皆様にメッセージとして受け止めて頂ければ幸甚です。

◆書籍概要
【著者】
:株式会社aiforce solutions 代表取締役社長 西川智章
 武田薬品工業株式会社
 グループ内部監査部門 テクノロジー&アシュアランス エンリッチメント ヘッド 五十木浩之
 武田薬品工業株式会社
 グループ内部監査部門 
 デジタル・オーディット・トランスフォーメーション&アナリティックス リード 髙橋 ジェシー
 株式会社aiforce solutions 代表取締役COO 高橋 蔵人

【目次】
1章: AIとは?
・AIとは?
・AI種類と性質
2章: AI統制の考慮事項
・AI存在箇所と影響範囲
・AI統制の主な論点
3章: AI統制と評価
・IT全社統制(AI領域) 
 ➢あるべきガバナンスのポイントを例示
・IT全般統制(AI領域)   
 ➢あるべきプロセスを例示
・IT業務処理統制(AI領域)  
 ➢AIロジックの評価観点を例示

配 信  : 2020年2月5日(水)
販売ストア: Amazon Kindle
販売価格 : 日本語版 / 199円  (海外エリア価格 1.99USD)
URL   : 日本語版/  https://www.amazon.co.jp/dp/B084GPWQ3Q
       英語版 /   https://www.amazon.co.jp/dp/B084GQD9DX

◆著者プロフィール : 西川 智章(ニシカワ トモアキ)
PwCコンサルティングやAIベンチャーにて主に日本並びに東南アジア地域の金融、製造、農業インダストリー向けにAIビジネスコンサルティングやビックデータ解析サービス、先端技術を活用したビジネスモデルの構想・計画策定などを支援。これまで、事業会社等にて中国事業の立ち上げ、ビックデータ事業部の立ち上げ、AI事業の立ち上げなどに従事。米国公認会計士(ワシントン州)、人工知能イニシアティブ会員、データサイエンティスト協会会員。日本語・中国語・英語のトリリンガル。

◆著者プロフィール : 五十木 浩之(イカルギ ヒロユキ)
総合商社、日本・米国・シンガポール各国の大手監査法人、清涼飲料メーカーの内部監査室長を経て現職。グローバル規模のM&Aから派生する経営やガバナンスの課題解決を支援する統合監査、AIやRPAなどの先端技術を用いたグローバル監査業務の体制構築や業務変革など、経営およびガバナンスの目線で、経営諸活動から派生するビジネスリスクにフォーカスしたグローバル監査を実践。米国公認会計士(ワシントン州)、公認内部監査人。 


◆株式会社aiforce solutionsについて (https://www.aiforce.solutions/)
・会社所在地 : 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエアウエストタワー2F
・代  表  者 : 代表取締役社長 西川 智章
・事 業 内 容 : AIデータ分析、AIコンサルティング、AIベンダー選定・技術デューデリジェンス、AIデータ分析自動化ツール開発、AIビジネスユーザー教育(AI女子教育等)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社aiforce solutions >
  3. 『AIを監査する』2020年2月5日(水)より電子書籍(日本語版・英語版)で販売開始