だれでも、どこからでも、リモートでイベントに参加できる「Robot Viewing」システムを開発!7/23(木・祝)より開催の特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」にて運用開始

クリエイティブ・スタジオ Whatever Inc. (ワットエバー/CEO 富永勇亮/東京・港区)は、だれでも、どこからでもリモートで展覧会などのイベントに参加できる「Robot Viewing 」システムを開発し、7/23(木・祝)より東京藝術大学 大学美術館で開催される特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」にてサービス運用を開始しました。本展示では、"ロボ鑑賞会"として「Robot Viewing 」を使用した新しいアート鑑賞体験を提供します。

 


【Robot Viewing について】
  • イベントに遠隔操作ロボットで参加
距離や時間、障害や持病、感染症予防対策により、イベントに直接訪れることが難しい方々へ、ご自宅からオンラインで現地のロボットを操作して自由にイベントに参加することができます。
 
  • みんなでビデオチャットしながら会場側とコミュニケーション
ロボットへはご家族やお知り合いと一緒に多人数(※現状最大5人)でログイン可能。ビデオチャットをしながらイベントを楽しむことができます。また、ロボットのスピーカーを通じて現地の人ともコミュニケーションができます。
 
  • オンライン予約スケジューリング機能
Robot Viewing はオンラインから事前予約が可能です。
イベントのタイムスケジュール、導入台数に合わせて柔軟にロボットの稼働をスケジューリングするシステムを提供いたします。
 
  • オリジナル外装
イベントに合わせてロボットの外装をカスタマイズすることができます。

 



【 Robot Viewing の体験フロー】


1) オンラインで予約
webサイトやアプリの予約ページカレンダーから、空き時間を選択して予約。
予約すると視聴URLがメールで発行されます。

2) 視聴URLから鑑賞
予約日時にPCから視聴URLにログインするとwebブラウザから現地にいるロボットを操作できます。
視聴URLをご家族やお知り合いに送ることで、ビデオチャットへの同時ログインが可能となり、現地の映像を参加者全員で鑑賞することができます。
※最大ログイン人数5名
 

 

【 Robot Viewing の操作画面】

 

 


【特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」】
特定の文化や美術動向に影響されることなく、自身の芸術的な衝動に忠実に、ダイレクトに、表現活動を行っているアーティストの作品を紹介します。世界的に注目を集める「あるがままのアート」の世界を、近年、国内外で注目を集めるアーティストたち総勢 25 名、約 200 点の作品を通して幅広い“人間観”を探っていき、“人間の豊かさ”とは何かについて考えていきます。
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/event/art2020/

開催概要
名称    特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」
主催    東京藝術大学、NHK、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
共催    障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会
協力    アール・ブリュットネットワーク
助成    公益財団法人 一ツ橋綜合財団
会期    2020年7月23日(木・祝)~9月6日(日)
※休館日:月曜日(ただし、8月10日(月祝)は開館、8月11日(火)休館)
開館時間 10:00~17:00(最終入場は16:30)
※7月30日(木)は12時からご観覧いただけます。
会場    東京藝術大学大学美術館(〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8)

【ロボ鑑賞会】
特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」では、あらゆる理由により会場に直接訪れることが難しい方々を中心に、この展覧会に興味を持つすべての人を対象としたリモート鑑賞会 powered by Robot Viewing を実施します。

ロボ鑑賞会は、テレプレゼンスロボット“Double 3”を活用した、新しい形の展示鑑賞です。個人でもグループでも無料で参加可能となっており、オンライン上で会話を楽しみながら、会場にいるロボを自由に操作することで、好きなように会場内の作品を鑑賞いただけます。

ロボ鑑賞会予約サイト→https://reserve.art-as-it-is.jp/


【株式会社ワットエバー / Whatever Inc.について】
東京、ニューヨーク、台北、ベルリンを拠点として活動しているクリエイティブ・スタジオ。広告、イベント、テレビ番組の企画・制作、サービス・商品開発など、旧来の枠にとらわれないジャンルレスなクリエイティブ課題に対して、世界的に評価されている企画力・クラフト力を持つメンバーと、最新の技術を駆使した開発を実行できるメンバーが共同で携わることで、「世界の誰も見たことがないけれど、世界の誰もが共感できる」ようなアイデアを作り続けています。

所在地(東京オフィス):東京都港区六本木7-2-8 WHEREVER 7F
代表者:富永勇亮
ホームページ:https://whatever.co
Instagram:https://www.instagram.com/whtevr_co/  @whtevr_co
Twitter:https://twitter.com/whtevr_co  @whtevr_co
Facebook:https://www.facebook.com/whtevr.co/

【本件に関するお問い合わせ】
▼Robot Viewingシステムについてのご質問、サービスについてのご相談、資料請求等のお問い合わせはこちらにご連絡ください。
Whatever Inc.
担当:小野 hello@whatever.co /   03-6427-6022
  1. プレスリリース >
  2. Whatever Inc. >
  3. だれでも、どこからでも、リモートでイベントに参加できる「Robot Viewing」システムを開発!7/23(木・祝)より開催の特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」にて運用開始