Dropbox Japan 、「Dropbox Replay」のベータ版を公開

「Dropbox Replay」の新しい連携で、動画を使った共同作業をもっと簡単に、スピーディーに

2021 年 10 月 21 日 – Dropbox(NASDAQ:DBX)の日本法人である Dropbox Japan 株式会社(本社: 東京都中央区)は、代表取締役社長: 梅田成二)は、本日、フィードバックの収集、管理、対応がすべて 1 か所で簡単にできる動画コラボレーション ツール「Dropbox Replay」のベータ版を公開したことを発表します。
Dropbox、テレワークにより分散型となったチームやクリエイターに最適な3つの新製品を発表メディア制作に携わる方はご存じのとおり、この 1 年間で動画の利用が急増しました。その一因は、コロナ禍で在宅時間が増えて動画の視聴ニーズが高まったことにあります。Dropbox にも、毎年数十億に及ぶ動画ファイルが新たにアップロードされています。 2019 年から 2020 年にかけて、Dropbox に追加される動画編集ファイルの数は 50 % 近く増加しました。
 
それと同時にテレワークが普及し、チームメンバーが分散して仕事をするようになったことで、大容量のファイルや多様なファイル形式を扱う場合、またはネットワークの帯域幅が限られている場合に、プロジェクトをスムーズに進めることが難しくなっています。 

Dropbox Replay は、すでに Dropbox で行っている動画の保存や共有のワークフローに簡単に組み込める動画コラボレーション ツールです。Dropbox Replay を使うと、動画に対するフィードバックの収集、管理、対応の作業を 1 か所に集約できます。Dropbox では、9 月にこの新製品の概要をご紹介しましたが、今回、この新製品を正式にオープン ベータ版として公開する運びとなりました。さらに、動画を使った共同作業を効率化し、Replay を日々のワークフローの中でより有効に活用できるようにする新たな連携も発表します。

ピンポイントのフィードバックを 1 か所で
フィードバックがチーム メンバーごとに違う方法で送られてくると、質問やリクエストへの対応が難しくなります。しかし Replay なら、チーム メンバーからのフィードバックをすべて 1 か所にまとめることができます。
  • 動画を簡単に追加:Dropbox やパソコン上の動画を簡単に追加して、高画質な再生機能を備えたプロ仕様のプレイヤーで視聴できます。
  • レビュー対象の動画を手早く共有:チーム メンバーやクライアントと簡単に動画を共有できます。共有相手は Dropbox アカウントを持っていなくても構いません。ワンクリックでリンクを作成し、人数制限なしで共有できます。
  • ピンポイントのフィードバックをやり取り:Replay では、フレーム単位でコメントや注釈を簡単に残すことができるので、レビュー担当者の指摘対象を正確に把握できます。
  • 試写室をバーチャルに再現:ライブ レビュー機能を使って試写室をバーチャルに再現できるので、ビデオ通話の不安定な再生に悩まされることがありません。参加者の間で同期しながら高画質の動画を再生できるので、全員が同じ場面を同じタイミングで視聴できます。

 




使い慣れた編集ツールで作業をスムーズに
Replay でのコメントは動画の各バージョンとともに保存されます。そのため、フィードバックを後から確認するのも簡単です。またフィードバックの内容が相反している場合はコメント スレッドの中で解決でき、解決済みのフィードバックにマークを付けることで対処漏れをなくすことができます。
 
Dropbox では、アプリ開発元との直接的なパートナーシップやインテグレーションを通じてエコシステムを構築し、ユーザーの間で特に広く使われているツールに対応するよう努めています。Dropbox Replay では、動画のアップロードやフィードバックの確認を幅広い編集ツールから直接実施できます。そのため、作業によってアプリを何度も切り替える必要がありません。
  • Adobe Premiere Pro 向け Dropbox Replay 拡張機能:レビューとフィードバックのサイクルをスピードアップする拡張機能です。Replay でのフィードバックを Premiere Pro から直接確認し、その内容を動画に反映することができます。Premiere Pro の画面のまま、Replay でのコメントを Premiere Pro のタイムラインにワンクリックでインポートし、新しいバージョンの動画ファイルを Replay にエクスポートできます。 
  • Blackmagic Design DaVinci Resolve との Replay インテグレーション(近日提供予定):動画のレビューと承認のサイクルをさらにスムーズにするインテグレーションです。Dropbox Replay のフレーム単位のフィードバック、コメント、マーカー、注釈を DaVinci Resolve のタイムラインに自動で同期できます。Dropbox Replay 専用のプリセットを使って、レンダリングの設定をすばやく簡単に行えます。 
  • LumaFusion との Replay インテグレーション:LumaFusion で直接、他のクリエイターと共同作業できるようにするインテグレーションです。Dropbox Replay で追加されたコメントと注釈を表示しながらメディアを再生し、直接それらに返信できます。また、LumaFusion のタイムラインに追加されたコメントを Replay で参照できるので、共同編集者はリアルタイムでフィードバックを返すことができます。 
  • WeVideo との Replay インテグレーション:動画を使った共同作業の簡素化、効率化が可能です。WeVideo で作成、編集した動画を Dropbox Replay に直接エクスポートできます。また Dropbox 上にある動画を WeVideo にアップロードし、フレーム単位のフィードバックを参照して、リアルタイムで編集することができます。

 



プロジェクトの進捗を確実に管理
すべてのフィードバックを確認して反映した後には、バージョンを管理して承認を得るという作業が残っています。Replay は、動画プロジェクトの進捗管理にも効果を発揮します。
  • 制作物を整理:プロジェクト フォルダを使えば、目的のファイルをすぐに見つけ出すことができます。
  • 承認を効率よく管理:Replay のリンクを関係者に共有して、承認を求めることができます。そのため、メール添付ファイルのサイズ制限に合わせて圧縮版をエクスポートする手間がありません。ステータスを設定すれば、レビューが必要なのか、作業が進行中なのか、承認が済んだのかが一目でわかります。「承認済み」の一言を伝えるためだけのメールはもう不要です。
  • バージョンを管理:過去のバージョンを管理しながら、新しいバージョンをアップロードできます。

 



動画を使った共同作業を加速する本製品は、本日よりベータ版を無料でお試しいただけます。詳しくは、https://www.dropbox.com/replay をご覧ください。

以上
 

■関連リンク

Dropbox、テレワークにより分散型となったチームやクリエイターに最適な3つの新製品を発表

https://navi.dropbox.jp/news-3-new-product-release-ideal-for-distributed-teams-and-creators

■Dropbox Japan について
Dropbox はプライベートと仕事、それぞれのコンテンツをわかりやすく整理し、生産性を維持できる場所を提供します。Dropbox の製品は、よりスマートな働き方を実現するために開発され、現在 180 か国以上で 7 億人を超える方々に愛用されています。米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、世界各地 12 か所にオフィスを構えています。Dropbox の使命と製品については、dropbox.com をご覧ください。
Dropbox Japan は、 Dropbox の日本法人です。詳細は、 https://www.dropbox.com/ja/business または https://navi.dropbox.jp/ をご覧ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Dropbox Japan株式会社 >
  3. Dropbox Japan 、「Dropbox Replay」のベータ版を公開