「Ryan’s World」のライアン・カジが米誌Forbesにて「世界で最も稼ぐユーチューバー」として3年連続世界一へ

YouTuberなどインフルエンサーのエージェント事業を行う株式会社アナライズログ(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:三浦謙介、URL:https://analyzelog.jp/)がエージェントをするYouTubeチャンネル「ライアンズ・ワールド」のライアン・カジが、米誌Forbesにおいて「世界で最も稼ぐユーチューバー」として3年連続世界一として取り上げられました。
「ライアンズ・ワールド」とは
日本人の父と、ベトナム系アメリカ人の母を両親に持ち、米国テキサス州に住むライアン・カジは、現在、世界で最も稼ぐ YouTuber(米誌Forbes発表)として世界から注目を集めています。YouTubeを始めた当初は、日本、ベトナムなどに点在する家族にライアンの成長を見せることが目的でした。ライアンがおもちゃのレビューをするというシンプルな構成の『ライアンズ・トイ・レビュー』は、スタートしてからわずか4 ヵ月で、世界のトップキッズチャンネル20にランクインする超人気番組になりました。現在では、『ライアンズ・ワールド』は日本語版やスペイン語版を含む、9つのYouTubeチャンネルを運営しており、ライアンの家族全員が登場するキッズ&ファミリー向けの動画コンテンツを提供しています。科学実験や家族での挑戦、アニメーションなどの楽しくて教育にもつながる「ライアンズ・ワールド」のコンテンツは、視聴者にポジティブな影響を与え、子供の学習をサポートしています。
ライアンの両親であるシオンとロアンはライアンの教育を何よりも優先しており、ライアンは現在も公立の学校に通い、水泳、音楽、コンピューターコーディング、体操、サッカー、テコンドーなど、様々な課外活動やクラスに出席しています。ライアンがコンテンツ制作のための撮影に参加する時間を最小限にするために、シオンとロアンはライアンズ・ワールドのコンテンツ制作、YouTube チャンネルの運営を行うための会社、Sunlight Entertainment(サンライト・エンターテインメント)を設立しました。現在、Sunlight Entertainment では9つのYouTubeチャンネルを運営しており、累計登録者数は 4,100万人以上、累計再生回数は570億回を超えています。
その、「ライアンズ・ワールド」のライアンがこの度、米誌Forbes「世界で最も稼ぐユーチューバー(2020)」にて今年も世界一の座を守り、これで3年連続世界一の称号を得ました。

「ライアン・カジ」とは
ライアンは世界で最も人気のある YouTube クリエイターです。Sunlight Entertainment(サンライト・エンターテインメ ント)のクリエイティブディレクターとしても活躍し、デジタルコンテンツ、テレビ番組、コンシューマー製品など、複数のカテゴリーで世界的な人気を持つ「ライアンズ・ワールド」ブランドのスターでもあります。ライアンの人気はYouTubeの世界にとどまらず、TargetやWalmartなどの大手小売企業のキッズ&ファミリー向け製品、HuluやRokuなどのキッズ&ファミリー向け番組でも頻繁にライアンが登場しています。ライアンは自分と同年代の子供たちが学んだり、楽しんだり、新しい冒険や活動を始めるのに役立つ動画を撮影することが大好きです。現在、世界中で 5,000 を超えるライアンズ・ワールドの関連製品が展開されていますが、キッズ&ファミリ ー向けの YouTube クリエイターがオリジナルのおもちゃやアパレルのシリーズを作ったのは初めてのことでした。動画の撮影以外では、母親のロアンの手伝いをしたり、双子の妹、エマとケイトと一緒に読書をしたり、家族全員で慈善活動をしたりすることが大好きです。
 


■『Ryan’s World』(米国本サイト) URL
https://www.youtube.com/channel/UChGJGhZ9SOOHvBB0Y4DOO_w

■『ライアンズ・ワールド』(日本国内サイト)URL
https://www.youtube.com/channel/UCFFiIQeXxJRg-7bKRNYbB8w


【関連書籍紹介】
『マンガでわかる YouTuber養成講座 世界一のRyan‘s Worldのノウハウ公開!』(講談社)
「ライアンズ・ワールド」を世界一のチャンネルに仕立て上げたのが、ライアンの父、シオン・カジ。
15歳まで福島・会津若松で育ち、その後、家族の仕事の都合で渡米。大学でサイエンスエンジニアリングを学んでいたシオン・カジはハイスクールで理科教師をしていた女性と、24歳の頃に結婚する。すぐにライアンが生まれ、大学卒業後、建築家としてキャリアを積んでいたシオンのキャリアは、ライアンが3歳の頃に大きな変化が起こる。そのきっかけとなったのがライアンがおもちゃをレビューするYouTubeチャンネル『ライアンズ・トイ・レビュー』のスタートだった。その後、「ライアンズ・ワールド」は、チャンネル登録者数2700万人以上、累計再生回数は430億回を超えるチャンネルへと成長する。本書はライアンたちのサクセスストーリーを描きながら、シオンがいかにして世界一のユーチューバーを育て上げていったのか、また、成功するチャンネルをどのように作っていくのかを指南する世界で注目される「YouTuber」を養成する指南書です。
 


「アナライズログ」概要
【株式会社アナライズログについて】
弊社は、YouTuberなどの『クリエイター・ファースト』のエコシステムの構築、ならびに、アニメや漫画など日本コンテンツ企業のYouTubeをはじめとしたデジタル戦略作成&運用サポートを目的として、2018年5月に設立。現在はインフルエンサーのエージェントから、デジタル系広告代理店へと事業拡大を行なっています。
創業者チームはGoogle/YouTube、avex、みずほ銀行、人気YouTuberでの様々なバックグラウンドを持っており、YouTubeに関するノウハウだけでなく、テック&エンタテインメント&ビジネスにも強みを有しています。
従来の事務所型専属モデルではなく、エージェントという新しい形でオンラインクリエイターの新たなエコシステムの構築を目指しており、世界No.1YouTuberと言われる『Ryan’s World』(*)や『SUSHI RAMEN【Riku】』、『せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii』、『なーちゃんねる(Naaachannel)』、『がっちゃんねる★TheGacchannel』などの人気YouTuberを中心にエージェント契約を締結。

2018年12月には、YouTubeでGlobal DirectorをしていたBenjamin Grubbs氏が立ち上げた米国ベンチャーキャピタル『Next10Ventures』からのシード資金を調達。2019年12月には大手アニメスタジオの「東映アニメーション株式会社」との資本業務締結契約、2020年4月には大手出版社である「株式会社小学館」との資本業務提携を締結。2020年7月には「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」など数々の名作アニメを制作してきたアニメスタジオ「シンエイ動画」とも資本業務提携を締結。アニメや漫画などのコンテンツ企業と一緒に、グローバルでの日本の優良なコンテンツの配信事業を積極的に推進して参ります。
(*)米国Forbes誌にて2018年と2019年の2年連続で「世界一稼いだYouTuber」として取り上げられております。
 



【アナライズログ会社概要】
会社名:株式会社アナライズログ
経営陣:
代表取締役CEO:三浦謙介
ファウンダー代表取締役COO:萩原穣
取締役:高木政臣
社外取締役:Benjamin Grubbs(Next10Ventures CEO)
社外取締役:池田竜介(YouTubeチャンネル『がっちゃんねる』運営)
設立:2018年5月22日
本社:東京都港区南青山 3-8-13 FS南青山4階
資本金:4億2493万円(資本準備金含む)
事業内容:YouTuberなどインフルエンサーのエージェント事業
URL:https://analyzelog.jp
メールアドレス:info@analyzelog.co.jp
電話番号:03-4500-2212
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アナライズログ >
  3. 「Ryan’s World」のライアン・カジが米誌Forbesにて「世界で最も稼ぐユーチューバー」として3年連続世界一へ