日本ディープラーニング協会の正会員に選定

​株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役Co-CEO:山崎文敬、狩野高志)は、2020年6月2日付で、一般社団法人日本ディープラーニング協会(以下、「JDLA」)の正会員に選定されましたことをお知らせします。


JDLAは、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目的として2017年6月に設立され、ディープラーニングを事業の核とする企業および有識者が中心となって、産業活用促進、人材育成、公的機関や産業への提言など、ディープラーニング技術による日本の産業競争力向上の先導的な活動を行っています。
当社の選定は、JDLA正会員として29社目となります。
また、「ロボット×AI」・「インフラ特化型企業」としては初の選定となります。

 当社は今後も、ロボット及びディープラーニング技術を活用した取得データのAI解析・ビッグデータ解析等を通じて、「ロボット×テクノロジーで社会を守る」のミッションのもと、インフラ老朽化・異常気象・熟練技能者減といったインフラの抱える社会的課題解決に貢献すべく活動してまいります。

■株式会社イクシスの概要
設 立  :1998年6月
本 社  :神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 AIRBIC内
代表者  :山崎文敬、狩野高志
ミッション:「ロボット×テクノロジーで社会を守る」
ビジョン :インフラの抱える社会的課題の解決に貢献する
事業内容 :点検・業務用ロボット及び特殊環境対応型ロボット等の開発・販売、取得データのAI解析サービス、3D-Data Solutionサービス

HP URL   :https://www.ixs.co.jp/

 以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イクシス >
  3. 日本ディープラーニング協会の正会員に選定