スケッター、川崎市社会福祉協議会と提携

介護福祉特化のお手伝いプラットフォーム「スケッター」と社会福祉法人川崎市社会福祉協議が提携。介護福祉領域に関わる人(関係人口)を増やす取り組みを始めた。
介護福祉特化のお手伝いプラットフォーム「スケッター」を運営する株式会社プラスロボは6月7日、社会福祉法人川崎市社会福祉協議と提携し、関心層との接点をつくることで介護福祉領域に関わる人(関係人口)を増やす取り組みを始めた。

●提携について

「スケッター」は、介護福祉領域に関わる人(関係人口)を増やすことを目的に、2019年にリリースされたお手伝いプラットフォーム。未経験者や資格のない方でも自分のできること(身体介助以外)で福祉に関われるのが特徴の体験型シェアリングエコノミーです。登録者2500人のうち7割近くがこれまで介護福祉領域に関わったことのない異業種で、あらゆる業界からの参加者を増やし続けています。学生や20〜30代の登録者が多く、「関心はあるけど、関わるきっかけや手段がなかった」関心層を惹きつけており、異業種からの転職も数多く誕生しています。定額でシステムを利用でき、紹介手数料が一切発生しない点も事業所メリットの1つです。

「スケッター」▼
https://www.sketter.jp/about/

 


今回の提携では、川崎市社会福祉協議会の福祉人材バンクと連携し、市内の介護福祉事業所にスケッターの受け入れを試験的に呼びかけていきます。市内の学校などにも周知し、これまで福祉と関わりのなかった潜在的関心層を共に掘り起こしてまいります。
 


参考資料▼
NHKスケッター特集

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プラスロボ >
  3. スケッター、川崎市社会福祉協議会と提携