第一回新世代YouTube漫画大賞結果発表!入選を『アンチヒーロージェネレーションズ』が受賞。読み切りアニメ化が決定。

2021年内に第二回新世代YouTube漫画大賞の開催を予定していることを発表

YouTubeアニメの制作・配信を行う株式会社Plott(本社 東京都渋谷区、代表取締役CEO 奥野翔太 以下 Plott)https://plott.tokyo が開催した「第一回新世代YouTube漫画大賞」の結果を発表いたしましたのでお知らせいたします。

「第一回新世代YouTube漫画大賞」結果発表 公式サイト:https://award.plott.tokyo/result
 




Plottが企画した新世代YouTube漫画大賞は、「漫画賞」でありながらも「漫画」「ネーム」のみならず「脚本」「動画」での応募も可能なコンテストで、ジャンルやフォーマット、プロ・アマチュア関係なく挑戦できる次世代漫画賞です。
このコンテストは、YouTubeアニメ化を目指した新たな才能の発掘を目的として開催され、2020年8月26日から2020年11月15日まで応募を募集していました。
漫画大賞公式サイト:https://award.plott.tokyo/

そしてこの度、「入選」を受賞された作品は『うえはらけいた』氏の『アンチヒーロージェネレーションズ』です。
うえはらけいた氏には賞金100万円とPlottグッズを贈られます。また、Plottアニメチャンネルにて紹介とYouTubeで読み切りアニメ化をさせていただきます。

そのほか「準入選」「佳作」、将来期待される作家の方に送られる「期待賞」といった合計4つの賞を選出、9作品が受賞となりました。受賞作品は以下の通りです。


受賞作品・作者一覧
以下の作品のあらすじ・作者コメントは漫画大賞公式サイトでご覧いただけます。
https://award.plott.tokyo/result

【入選】
『アンチヒーロージェネレーションズ』

作者
うえはら けいた

作品のあらすじ
巨大怪獣が出没し、生活を脅かすことが常態化した日本。
その平和を守るのはヒーローを運用する企業「ミカゲ製作所」である。
ヒーローマニアの主人公カネコは晴れてミカゲに就職するが、
そこが裏で怪獣を製造し、八百長の戦闘を仕組んでいる事を知る。
…もし自分の仕事が嘘で成り立っているとしたら、あなたはどうしますか?

作者コメント
受賞作は2年ほど前からずっと、描いては消してを繰り返し、いつまでも完成させることが出来なかった作品でした。
しかし2年間寝かし続けたからこそ今回の賞に応募することが出来たので、奇妙なご縁を感じています。
僕の大切な思い出を詰め込んだ作品なので、ぜひ発表された際には読んでいただけたら嬉しいです。

審査員代表コメント 株式会社Plott 代表取締役CEO 奥野翔太
群を抜いてワクワクさせてくれる作品でした!
うえはらさんが長い時間をかけて練った作品なだけあって、メッセージと作品としての面白さが両立していたのがすごく魅力的でした。また、現実とフィクションがうまく混ざり合った大きな世界観を作られており、賞のテーマでもある「新世代」にふさわしいと判断しました。
読み切りアニメ化するのが今から楽しみです!


【準入選】
『Gペン』佐藤ひろき


【佳作】
『XGプログラム』ワカタケ

『ひとりプリマ』城山 優

『イマジナリーフレンド』塚原 悠史


【期待賞】
『アンロックミー』

『神遣いカラスの卒業試験』祥 天音

『高校生たちはいつも妄想中』ニノマエ カイト

『古武術道場 砂島館』槻月 沙江



今後について
入選作品『アンチヒーロージェネレーションズ』は、YouTubeにて読み切りアニメ化いたします。
入賞作品がアニメ化した際には、Plottが運営するYouTubeアニメ「テイコウペンギン」などで告知予定です。
また、2021年内に第二回YouTube漫画大賞の開催を予定しております。


「次世代のクリエイター集団」Plott とは?
Plottは、YouTubeを中心に漫画やアニメの制作・配信を行う「次世代のクリエイター集団」です。現在チャンネル登録をしている総ファン数は約235万人。
2019年より盛り上がり始めたYouTubeアニメ市場で、最も勢いのある企業です。
URL:https://plott.tokyo/


会社概要
株式会社Plott(Plott Inc.)
代表取締役CEO 奥野翔太
連絡先:info@plott.tokyo
URL:https://plott.tokyo
設立:2017年8月2日
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Plott >
  3. 第一回新世代YouTube漫画大賞結果発表!入選を『アンチヒーロージェネレーションズ』が受賞。読み切りアニメ化が決定。